2018年6月10日 (日)

路面電車の日荒川車庫公開

1806108388毎年恒例路面電車の日車庫公開、あいにくの天気で一部イベントは中止でした。
車両展示も検修庫内で、7701と9001が、擬人化キャラクター「三ノ輪橋ひな」さんと「飛鳥山さくら」さんのヘッドマーク、等身大パネルとともに並んで展示。









1806108394 部品販売コーナーでひゃ、さくらトラムへの愛称変更で交換した電停表示などが並んでいました。(販売開始前に撮影)
1806108393 こんなところにもようこそ!のポスター、職員さんの歓迎の気持ちが伝わってきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

走るなー!

真岡鉄道は栃木DC、開業30周年で蒸気機関車のイベントを行っています。
先週はC12不調でSL教室が中止となってしまいましたが、無事に復帰、9日は全線での両頭運転となりました。
1806099283 まずは下館への回送を折本の跨線橋から。
ホームのベンチに汽車見物の親子連れがいて良い雰囲気、と思っていたら発車の汽笛に合わせるように跨線橋がゆらゆらゆれ始めました。
地震か?と思ったくらいでしたが、ちらりと目線を横にやるとばたばたと走ってきた人が、それもかなりの質量の持ち主。
ビデオ撮っていた人は散々な出来になってしまったのではないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月29日 (火)

牧場の蒸気機関車

1805269104成田ゆめ牧場はその名のとおり園内に牛、山羊、羊などがいてふれあいコーナー、乳搾り体験などもできます。
蒸気機関車が走るエンドレスの傍らにも山羊、羊の牧舎があります。
なかなかうまい場所にいてくれないことも多いのですが、先日は運転本数も多かったため、こんなカットが撮れました。














1805269101 柵の下から顔だして草を食べるがっつき君も。











031010042 羊と蒸気機関車ではこんなのも撮っていました。画面中央の白い粒みたいなものが羊の集団です。
2003年10月10日中国集通鉄路経棚峠。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

真岡、成田ゆめ牧場の蒸気機関車

成田ゆめ牧場の羅須地人鉄道で新造蒸機がデビューする、というので行ってきました。
GWにお披露目された上野鉄道亀の子ポーターをモデルにさらにショーティーにした7号機、世界最新の蒸気機関車が、この土日から一般運用開始。
電車でゆくつもりでしたが、行くなら割り勘要員で乗って行かない?というお誘いがあってありがたく便乗させていただきました。
直で成田に向かうのではなく、真岡の30周年イベントで前引き後押しがあるというのでそれをさらっと撮ってからということになりました、近年高速道路が開通して、真岡~成田の車での移動が劇的に早くなりこんなかけもちができるようになりました。
1805268851 真岡に着くとちょうとC11ガターンテーブルに乗るところ、前後に機関車が付いて茂木まで入るのはたぶん初めて?頭の向きは一緒かと思ったら下館側C11、茂木側C12の両頭編成でした。
出庫前、C11には30周年、C12には栃木DCのヘッドマークを掲げて顔を突き合せました。





1805268962 いつもの真岡~寺内で回送と茂木行きを撮りましたが気温も高いので煙はぽやぽや。
西田井の発車はなんとか前後で煙が上がる様子が撮れました。
真岡はここまでで成田へ移動。
K0050150m 途中立ち寄った最近できた益子の道の駅には、なんと益子焼のガシャポンが!


















1805268992 成田ゆめ牧場に着くと、新造7号機はウォーミングアップ中、亀の子ポーターの模型と並べて親亀小亀の記念撮影。(許可を得ています。)



















1805269095 7号機の燃料はなんと灯油、なので当然黒煙は出ません。
気温が下がったので白煙が見えるようになりました。
それでもブラスト、汽笛は紛うことなき蒸気機関車のものです。

7号機は27日も運転しましたが次の運転予定は夏になるとのことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

京急ファミリー鉄道フェスタ

1805208696 久しぶりに行ってきました、首都圏の鉄道基地公開でも2万人を超えるという屈指の集客力の人気イベント、今年は天気も上々で混んでいるだろうなと思っていたのですが・・・
行きの快特が久里浜工場脇を通過するときに会場を見たら、なんですかこの人出は・・・
色違い編成など並べた撮影コーナーは人がぎっしり、久里浜に着いてシャトルバス乗り場に向かうとここも長蛇の列、と思ったらまだ先に行列は続いていて、歩けば15分ほどなのでそのほうが早い、と案内されていたので皆さん歩く方向へついてゆきました。











1805208706 まずは保存車コーナーへ、車内公開はここ数年やっていないようです。












1805208749 今回の目的はこれ、都心乗り入れ50周年を記念して1968年相互乗り入れ開始時の花電車をデハ1000保管車で再現。
乗り入れに対する京急の力の入れようが伝わってくるではありませんか。
地下鉄乗り入れでは安全上ヘッドマークなどの装飾も貫通扉に干渉しないものという御触れがあったかと思いますが、当時は規制がまだゆるかったのかもしれません。
その後の新線開業でもここまで派手な装飾は無かったと思います。

1805208752 車両展示コーナーはこんな有様。
展示車両の幕などの変更はないので、撮ったら後ろの人と交代というのはこのような場のルールなのでしょうが・・・
ヒトコマ撮るごとにモニター確認を繰り返したり、カメラで撮り終わったらスマホで撮りなおしたり、やたら時間かけている人多かったです。
前も書いたけれど気に入ったのがなかなか撮れないのはヘタクソってことなんじゃないかな。


1805208787 もうひとつ見たかったもの、修復中のデハ230台車、川口に保存されていましたが、最後のころは手入れがされずいつ撤去されてもおかしくなかったのですが、無事里帰りしました。
案内パンフと違う場所で、看板も無かったので立ち止まる人は少なかったです。
座席も展示されていたのすが、こちらは撮影し忘れました。
物販コーナーも人だかりがすごく、結局会場内では何も買わず終いでした。
京成のブースで、鉄道コレクション200形とあって、こんなの出たの??と職員さんに聞いたら速攻で売り切れですとのお返事。200の原型をイベント限定で出したのかよ、聞いてないぞ~と思ったのですが、良く考えてみれば25弾の更新車でしょうね。
1805208820
久里浜駅に戻ってきたらコンコースでこんなもの売っていたので購入、海老太巻き780円也。
かつ巻きやカツサンドもありましたが、掛け紙はみな同じでした。京急フェスタ記念の文字がほしいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

読鉄大全

Img_7809m 嫁さんが図書館にこんなのがあったよと借りてきてくれた。
鉄道が出てくる小説、エッセイ、紀行、詩歌などのアンソロジーですが、鉄板の百閒先生が「特別阿房列車」ではなく「房総鼻眼鏡」だったり宮脇先生も「夢の山岳鉄道」からだったり、おや?と思わせるチョイスは編者が目指したところでしょうか。
収録作品でこれは!と思ったものが上田廣の「指導物語」戦時中に作られた鉄道を舞台にした傑作映画の原作です。
読んでみると映画がほぼ原作とおりに作られていたのがわかります。
映画は陸軍省推奨のいわば国策映画でもあるのですが、一人息子を戦地に送る母親の眼差しなど反戦(非戦)映画か?とも思えるような描写がありますが、原作にも徴兵の利不順さ、軍隊という組織への批判とも読み取れる箇所がありますが、これは後世の目でみているからかもしれません。
Img_7813m 上田廣氏は現代では忘れられている作家ですが、鉄道省勤務から応召され、鉄道省復帰後に専業作家となった方で、鉄道を舞台とした小説も多く書かれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月10日 (木)

都電バラ号

ちょいと買い物に都電沿線に、沿線はバラが盛り、9001が都電バラ号として車内装飾をしているというので、運行状況をチェック、副都心線から乗り換えて鬼子母神で待ち構えました。
1805107739 車内つり手周りにバラの造花が飾られ、天井にはイラストのラッピング、広告枠には沿線の花の見所などを掲示、つり手にはバラの品種の解説、運転台後ろのディスプレイにも沿線の見所、イベントの案内などが表示されていました。








1805107744 荒川遊園地前で下車、両側をバラに囲まれて走り去ってゆきました。












1805107745 近くの公園ではノラネコさんがひなたぼっこ。
手前の三毛さんは前足を怪我しているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

上野動物園無料入園日

1805047567 5月4日みどりの日は上野動物園など都営の公園などの無料入園日、パンダ目当てではなく、先日の都電20系統比較写真で動物園内からの分を撮影するためです。
さすがにこれだけのために600円はちと惜しい。









1805047603 天気も良かったので園内は大変な人出、モンレール乗り場は大行列でした。


















1805047638 帰りは上野広小路から銀座線、丸の内線で、と思ったら銀座線は工事で溜池山王折り返しでした。
赤坂見付まで行かないので銀座で乗り換え、案内表記は渋谷の文字が隠してあります。









1805047640 ちょうどやってきた1000形レトロ仕様車の東京地下鉄マークと溜池山王表示。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

写真展ハシゴ

Img_7566m 品川と六本木の写真展を見てきました。品川キヤノンギャラリーでは飛行機写真の第一人者るーく・オザワさんのJET LINER ZERO 今月26日までの開催、畑違いではありますが行った方から良いよ、すごいよ、見るべき、とお勧めされており、知人のFさんからもお誘いされたので行って来ましたが・・・

すごい、の一言です。虹、飛行機雲や霧などの自然現象、カッチリと描写されたメカニズム、どうやって撮ったんだ??というアングル、ヒコーキをカッコ良く、美しいものとして捉えようという気持ちが伝わってきました。
撮影データ見たら400mmまでのズームが多くて、意外と500mm以上の長いタマは使っていないのも驚きでした。
会場では写真集の予約販売も行われていましたが、2冊組4.5万では買えないよ・・・
バスで六本木に移動、富士フォトサロンで10日まで開催の吉永陽一さんのいきづかいーいつもの鉄路を拝見。
こちらは飛行機、ヘリからの空撮を中心とした作品で、まるで模型のような世界が広がります。石狩月形駅の空撮など、ストラクチャーや植栽などTOMIX製品並べたような世界で、列車から降りた人もまるで人形のよう、箱根登山の急カーブも模型のエンドレスにしか見えません。
空撮作品の合間に展示されている6×6作品は、ブルーがかったノスタルジックな鉄道情景を捉えた作品で、こちらも見飽きません。
写真集は1000円とお手ごろなので購入、サインもいただけました。
鉄道模型、車両でなくレイアウト、ジオラマをやっている方にもお勧めの写真展です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

都電20系統新旧比較

昨日は都電ファンのお仲間と今月中旬に開催するイベント用の写真撮影で駒込から上野まで歩いてきました。
不忍通りを走っていた20系統を当時撮影されたTさん、Sさんの写真と現状を並べた様子を撮影、このコースには途中2箇所の都電保存車があり、ちょうど良い休憩スポットになりました。
1804307402 Hさんのご紹介で歩き始める前に立ち寄った駒込駅の北側の写真屋さんには電停看板が。

















1804307406 道路を挟んで向かい側には都電の敷石らしきもの。


















1804307436 神明町車庫の名を今に伝える都電神明車庫跡公園には6063と乙2が保存されています。











1804307442 久しぶりの訪問でしたが、乙2はこの有様・・・
戸の下部に水がたまって腐食、崩壊してしまったのでしょうか、このまま朽ちて消えてしまわないか心配です。









1804307483 根津のあたりにはこんなものを並べたお店も。












1804307470l ねこが日向ぼっこしていそうな路地の奥に気になる看板、「埴輪と土偶」専門店??


















1804307496 池之端二丁目電停跡に保存された7506の横で一休みの参加者の皆さん。

1804307510 こんなふうにプリントした写真と現在の様子を一緒に収めていったのですが、往々にして人や車が入ってしまって、けっこう大変でした。画像は失敗例。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«いすみ鉄道30周年記念イベント