2019年6月16日 (日)

大田区萩中公園、市川市大和田公園の都電保存車再訪

都電保存車のレポを作成することになり、最近の様子をつかんでいなかったところに行ってきました。

1日乗車券都営まるごとパスを最寄のバス営業所で購入、都バスと地下鉄を乗り継いで京急線へ。
 

 

京急大鳥居駅から数分の萩中公園の7008号、2013年に設置された直後に訪問しましたが6年経って露天と言うこともあり塗装に疲れがでています。
1906148725_1フェンスで囲まれた解放時間限定エリアで監視員さんも常駐していますが、車内公開されているためか運転台機器などだいぶ欠損がありました。

 

1日乗車券の気楽さで寄り道して時間をつぶして日が落ちるころ本八幡に到着、15分ほど歩いて大和田公園に着きました。

7011号は以前は車内灯を点けていたのですが、車内は真っ暗でした。
車内点灯は防犯効果もあったかと思われますが残念です。

行きがけの駄賃で都庁前の電停看板も見てきました、案内所は移転して都電大型模型は無くなっており、電停看板も目立たないところに移動していました。
都庁前でもこんなものもありました、ホーム壁面の都電写真。

| | コメント (1)

2019年5月 5日 (日)

大阪メトロ車両公開

民営化1周年記念で大阪メトロの保存車が公開されました。緑木検車場の市電保存館は年1回程度で公開されており、以前訪問していますが、森之宮検車場の保存車は数年おきにしか公開されません。
事前応募の抽選で、以前落選していたので今回も期待していなかったのですが連休前に当選ハガキが来ました。
行きは夜行バスで、帰りはぷらっとこだまで安上がりにと考えたのですが、さすがに空席はほとんどなく新大阪発14:50がなんとか取れました。

 夜行バスで着いて開場10時までの時間をどうしようか考えて、阪堺にでも行くかと思ったのですが近鉄南大阪線はきちんと撮っていないなと気がつき、衛星写真で阿部野橋から3つ目の今川が待避線があって撮り易そうなので行ってみました。
19050379621時間ほど撮影するつもりでいたら運よくラビットカー復刻色がやってきました。

 この日公開されたのは中百舌鳥、緑木、森之宮、時間指定されていて中百舌と緑木が10~16時、森之宮が13~15:30、帰りの新幹線に乗るためには遅くとも森之宮を14時には出ないとならないので、かなりあわただしい訪問となりました。
中百舌駅に着いたのは9:30すぎ、この手の公開イベントでは駅に案内の職員さんがいたり、会場に向かう家族連れなどがいるものですが、それらしき人は見当たりません。少々不安を感じて地図を見ながら歩いてゆくと幟旗が出ていました。会場に着くと10分前で並んでいるのは10人程度、参加者数を絞っているのか、皆さん緑木を先にしているのか、拍子抜けでした。
1905038035中百舌の公開エリアはさほど広くなく10分ほどで退出、緑木の最寄り駅住之江公園に向かいました。
住之江公園でも駅に案内はなく、10分ほど競艇場の横を歩いて会場入口へ。
1905038058 市電保存館では30号が顔出していました。
保存館は前回訪問時は人いっぱいで撮影も苦労したのですが、今回は見学者は数人で、職員さんから興味深い説明もゆっくり聞けました。
1905038125 保管庫裏の留置線に並んでいる車両のナンバーを見ると、20・19・05・03と日付になっていました、さらに20編成の横には08編成が、レイワを引っ掛けていました。
1905038152 基地公開の人気イベント洗車線体験も余裕で乗れました。
折り返し点で、職員さんが横に見える撮影用に並べた編成の窓をご覧くださいとのアナウンス、見事に5編成がぴったり位置を合わせて向こうまで見通せました。
1905038162

1905038364 時間を気にしつつ森之宮へ、見るべき車両が多く気がつけば14時、そそくさと会場を後にして地下鉄で新大阪へ。
1905032809 遅い昼食に駅弁を購入、肉系の弁当が並ぶ中から関西ならではと思い「ビフカツ弁当」980円を選んだのですがこれは失敗。
肉の味がしなくて、やはりカツにするなら豚か鶏なのでしょうね。
こだまなので一駅おきくらいで退避で5~6分ほど停車します。買い物も余裕でできるので、この機会に在来線では買う機会のない新富士駅の「竹取物語」を食べてやろうと売店に向かいましたが、目の前で最後の1コが売れてしまいました。

| | コメント (0)

2019年4月27日 (土)

駅前の工マーク

1904272790 長年使っている地元駅前にこんなものが残っていたのを今日気がつきました。
1904272791
1904272793 215系もいつのまにかここでは古参になっていました。
1904272795 都区内パスを購入したら「ありがとう平成」の文字が、何にありがとうなんでしょうかね。
1904272796 久良岐公園の横浜市電1156公開日でした。
1904272799 お昼は崎陽軒で購入、崎陽軒はありがとう平成シウマイ弁当限定販売するというニュースがありましたが、購入した店では14時入荷とのことで初夏のかながわ味わい弁当を購入しました。

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

おさむ君は今回も不在

大洗駅からタクシーで那珂湊駅に着いたものの、2分前に列車が出て行ってしまいました。
次の列車まで30分ほどあるので車庫を一回り。
1903317128
ひたちなか海浜鉄道といえば少し前まで北海道の炭鉱鉄道から来た国鉄形気動車が活躍していましたが、JR東海のキハ11が譲渡され引退し側線には唯一残った国鉄キハ205がいました。
1903317145
駅に戻ると湊線PRビデオの撮影中、高校生が沿線名所を紹介していました、駅ねこのおさむ君、ミニさむさんは巡回にでているのか今回も会えませんでした。
1903317165
阿字ヶ浦行きに乗車、車内ディスプレイには準急色キハ2004が現役でした。
1903317166 阿字ヶ浦の側線には旧標準色キハ222と急行色キハ2005が留置されています。
茨城交通時代からこの側線には廃車となった車両が留置され、海水浴シーズンは更衣室、休憩室に使われていました。
潮風のあたる場所なので塗装に傷みが出ていました。
この車両をご神体として鉄道神社を建立するという報道がありましたが、その後の進展を見ませんがどうなったのでしょう。
1903317202 住民の通路だったホーム端の勝手口、閉鎖のお知らせが掲示されていました。

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

ほっとパーク鉾田の保存車

1903317032旧小川高校下から鉾田行きバスに乗車。この区間は線路跡を通過することなく、撮影地だったオーバークロスから廃線跡が良く見えました。
1903317037 バスをかつての鉾田駅の一駅手前の坂戸で降りて少し歩くと日帰り入浴施設をメインにしたほっとパーク鉾田に、入口にはこんな看板。
1903317045 鹿島鉄道廃線後、鉾田駅保存会さんの手で大切に維持されてきたキハ601とKR505が現役時代のような姿で展示されています。この日は年数回の車内公開日。
展示コーナー入口は特徴ある鉾田駅入口が再現されています。
1903317080 車内ではKR505はプラレール、キハ601はNゲージが運転していました。
小型レイアウトの鉾田駅、入口飾りがここでも目立ちます。
1903317106 昼食をとって茨城空港~新鉾田のバスで新鉾田駅へ、大洗まで乗った車両は大洗を舞台にしたアニメ、ガールズ&パンサーラッピング車でした。
鉾田では日が差す天気でしたが、大洗に着いたときは雨、次の目的地那珂湊までは駅からすこし歩いてバスに乗ろうかとも考えていたのですが、傘を持たず時間節約もできるのでタクシーで移動しました。

続きます。

 

| | コメント (0)

2019年4月 9日 (火)

鹿島鉄道廃線跡

1903316995 小川駅跡のバスターミナルから鉾田方へ少し行くと道路は終わって線路跡の低い築堤が伸びていました。
1903316997 鉄橋はそのまま残っていました。
1903316999 廃線跡に平行する国道をしばらく行くと、キハ432が見えてきました、代替バス車窓からも良く見えます。
1903317013 小川南病院の付属介護施設に設置されており、リハビリにも活用されているとのことです。
露天ですが状態は良好で、院長さんが時折エンジンを掛けているそうです。
1903317028 国道の案内看板にもキハのイラスト。
1903317017 国道の反対側には小川高校下駅跡が当時のままの姿を残しています。
1903317021 ホーム上のミラーよりも道床から伸びた木が高くなっているのに、廃線後の時間経過を思いました。
小川高校の生徒さんたちは鹿島鉄道存続運動を行いましたが、高校も2013年3月で統合・閉校となり、代替バス停も旧小川高校下になっていました。

続きます。

 

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

鹿島鉄道代替バス

1903316973
3月31日は鉾田ほっとパークに保存されている鹿島鉄道の車両の車内公開に行って来ました。
石岡から鹿島鉄道代替バスで鉾田に向かいますが、その前に途中の小川の病院に保存されているキハ432を訪問しました。
石岡駅はJRも橋上駅になり、鹿島鉄道の車庫跡はバスターミナルになっていました。
1903316972 一角には代替バスの案内板、こういうものの設置は珍しいのではないでしょうか。
石岡駅からしばらくは線路跡のバス専用道を走ります。
1903316976 ところどころすれ違い用の場所が設けられています。
1903316977 1989年に開業した石岡南台駅はホーム、跨線橋も当時のまま残っており、停留所名も石岡南台駅でした。
1903316980 一般道との交差点には専用道に遮断機が設置してあります。
1903316983 かつての駅には駅名そのものの停留所がありますが、遺構が見当たらない場所もありました。
1903316984
1903316986

1903316987 専用道は小川のひとつ手前の四箇村まで、ここから国道を走ります。
1903316993 小川駅はがらんとしたバスターミナル、左側の道が線路跡です。
続きます。

 

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

長崎名物尾曲がり猫

昔飼っていたねこは曲がった尻尾、お団子のような尻尾が多く、まっすぐな尻尾のほうが多数派だとは思いませんでした。
長崎県は曲がり尻尾のねこが多いということが近年話題になり、ついに名物にまでなっていました。
知人から長崎にもお菓子の入った電車缶があるよと教えてもらいましたが、その電車缶にも尾曲がりねこさんのイラストが描かれています。
クルスというお菓子の小浜食糧さんの製品で、さらに同じメーカーからうちのはちさんそっくりな黒白ねこのパッケージもあるのを見つけ、これは買いだ!
おりしも長崎電軌で東京、仙台、箱根登山からの譲渡車のさよなら運転が行われるというので、この機会にオミヤゲで購入してきました。
1903302763西浜町のお店に行ったら電車缶のほかにも電車菓子がありました。
左から広告電車376号パッケージのお菓子詰め合わせ、電車缶、絵葉書サイズの電車夜景パッケージ。
1903302758 こんこ手のお菓子のイラストは簡略化したものも多いのですが、台車、屋根上まで精密に描かれた素晴らしいスケールイラストです。
1903306620 残念ながら367号は浦上車庫で寝ていました。
1903302761 お菓子を広げて撮影していたら、はちさんが邪魔しに来ました。
1903302765 尾曲がりハチワレの楽ちゃんパッケージと、別メーカーのこれも長崎名物カステラのにゃすてら。
1903302764 しっぽと肉球の焼印入り。
1903306743 箱根登山を先頭に都電、仙台と続く電車パレード。
1903306572 電車にも尾曲がりねこさんが登場、水戸岡デザインのみなと電車。
1903296158 広告電車1304号にもいました。
Img_2756a 楽ちゃんとはちさんの記念写真。


 

 

| | コメント (0)

2019年3月25日 (月)

18きっぷで信州へ

24日はアルピコ交通新村車庫の公開があるので行ってきました。


1903245851八王子発の松本行きに乗車、待つ間に入換のHDが出てきました。


1903245859勝沼ぶどう郷のあたり、甲府盆地の向こうに南アルプスがきれいに見えていました。


1903245879行きがけに岡谷のやまびこ公園に保存されている珍品、フェデラル製ガソリン機関車を訪問。
行きはタクシー、帰りはバスのつもりだったのですが・・・


1903245881バス停に運休の文字・・・後で調べたら冬季はひとつ手前のアイスアリーナまでの運行でした。


仕方ないので山道を下りましたが、30分ほどで駅に到着。


1903245892松本で乗り換えて新村へ、駅舎が新しくなっていましたが、旧駅舎の筑摩電鉄時代の社章、鬼瓦が保存されていました。


1903245904青カエルと旧塗装復刻車が並んでいましたが、青カエルは塗装がたいぶくたびれており、車内公開もされていませんでした。今後が気になります。


1903245962帰りの電車で車窓を見ていたら富士山が見事に出ていたので韮崎で下車、ホーム端しでちょっと撮影。

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

おおさか東線に乗ってきた

3月16日におおさか東線新大阪~鴫野が開業しました。さっそく「ながら」で乗りに行きました。
奈良からの直通快速以外は201系が使われています。関東にはいなかったウグイス色の201系は新鮮味があります。
窓に開業の大型ステッカーが貼ってありました。
おおさか東線終点の久宝寺駅前にC57101動輪が保存されています、竜華操車場跡の碑で、ホームからも良く見えます。
その後は南海のみさき公園の2014年にオープンしたカットボディを展示したわくわく電車らんどへ。
ラピートは本物ではなく運転台にはシミュレーターが設置してありました。
帰りに大垣で養老鉄道のラビットカー塗装がいたので撮影。
niftyBlogがリニューアルして画像挿入など使いにくくなっしまいました。
1903225774
1903225790
1903225844

| | コメント (0)

«ガスミュージアム