« 新宿駅駅弁その12 大月駅駅弁 | トップページ | 都電が走った昭和の東京 »

2006年9月 4日 (月)

この秋注目の機関車

740808aiduwakamatudd533 リンクしていただいている品川530さんのBlogで話題になったDD53、なんと11月にC57180号機に代わり「ばんえつ物語号」の先頭にたつそうです

これはきっと通常の「ばんえつ物語号」よりも撮影するファンには人気を呼びそうですね。

除雪用ディーゼル機関車は今は雪のない時期は運用がなく冬眠ならぬ夏眠をむさぼっていることもあるようですが、1970年代には蒸機が夏の間は休車で冬になると除雪用ディーゼル機関車に代わって本線運用につく、というケースがしばしばありました。

東新潟のDD53も例にもれず仲間のDD51と共通運用で羽越本線や磐越西線の貨物列車牽引に使われていました。

画像は1974年8月8日会津若松運転所、この1枚しか撮っていません、横位置がないのは残念ですがまぁ撮ってあるだけ良しとしましょう。

720521nakazyudd53 鹿瀬や山都の鉄橋をDD53が貨物を引いて渡っているところなどカメラに収めたファンはいるのでしょうか?

こちらは1972年5月21日羽越本線中条、このときはもっぱらモノクロ6×6を使ってカラーは貴重でハーフサイズなのですがめったにシャッターを切りませんでした。

蒸機のカラーはほとんど無い中で赤いDD53をカラーで撮っておいたのは良かったなぁ、と。(笑)

720521nakazyodd53 上の画像は下りですが、この日は上り列車にもDD53が入っていました。こっちはブレブレなので小さい画像で失礼。

740713aiduwakamatudd154 ついでに会津若松のDD15も。

夏の間C58に代わってこいつが構内を走り回っていました。

実はラッセルヘッドを付けていないDD15の写真はこの1枚しか撮っていません。

|

« 新宿駅駅弁その12 大月駅駅弁 | トップページ | 都電が走った昭和の東京 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この秋注目の機関車:

« 新宿駅駅弁その12 大月駅駅弁 | トップページ | 都電が走った昭和の東京 »