« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

銚電沿線美味いもの その5

07013365 犬吠駅売店で購入した「銚電の有平糖 黒大豆」530円也。

同じ有平糖で落花生もあります。

袋に「銚電の」というシールが貼ってありますが、自社生産品ではありません。

裏側の「販売者 銚子電気鉄道」というシールをはがすとリキ・コーポレーションという小田原のメーカーの名前がでてきます。

07013369 検索してみたら、箱根、京都など観光地のご当地シールを貼って各地で売っているようです。

あまり感心した話ではありませんが、お菓子としてはなかなか美味しいものです。

薄く伸ばしたアメで黒大豆で作ったきな粉をくるんだもので、サクサクとした食感でついつい後を引いてしまいます。

飴菓子としては530円というお値段は高いと思いますが、一度食べてみるとぬれ煎餅同様クセになりそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年1月30日 (火)

将軍様の鉄道

07013758 驚くべき本が出ました。

国分隼人著「将軍様の鉄道 北朝鮮鉄道事情」新潮社刊

現在の北朝鮮の鉄道に関しては軍事機密であるためほとんど情報がありません。

当然鉄道地図、時刻表などは外国人には公表されていないものなのですが、著者が手に入れた粗末な時刻表から路線図を起こし、地形図に落とし込み、駅名も漢字で表示、とこれだけでも大変な手間と時間のかかる作業だったと思われます。

さらに車両についても過去から現在まで、蒸気機関車から路面電車、トロリーバスまで写真とあわせ紹介しています。

07013759 付録のDVDには蒸気機関車から地下鉄まで、沿線や車窓など、よく撮影できたと思える文字通りのスクープ動画が収録されています。

表紙で目につく右上の新幹線モドキの電車、これは北朝鮮が誇る高速電車「主体号」なのだそうです。

ソ連製高速電車ER200(別名シンカンセンスキー)がベースらしいのですが、切手にも登場する北朝鮮を代表する車両を目指したようですが・・・

現在は「科学者専用通勤電車」として一日一往復平壌近郊で働いているそうです。

60年代テイストのデザインと色で「科学者専用」!車内は御茶の水博士のような白衣の人たちが乗っているのでしょうか?

07013760 また戦前登場した金剛山電鉄の長距離用電車デハニFが保存車として現存すること、省型電気機関車をスケールアップしたデロイ、デロニ型電気機関車が戦後も北朝鮮で活躍したらしいこと(これも切手に登場)など幻と思われていた車両たちの消息が分かったとこは私としては大収穫でした。

写真もたくさん掲載されていますが、北朝鮮のものではない、中国などの同形車を掲載していると思われるものがあり、このあたりは注意書きがあっても良いかと思いました。蒸気機関車の走行シーンもツアーのためのデモ走行のようです。

このような書籍を喜んで購入される方は少ないと思いますが、書店に並んでいたら手にとってみることをお勧めします。

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあるのだと思い知らされます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年1月29日 (月)

ぬれ煎クッキング

以前ぬれ煎うどんを紹介しましたが、他にもこんな食べ方してみました。

07013363 まずはぬれ煎茶漬け、約1/2枚分を細かくちぎってご飯に乗せてお茶をそそぐと、醤油のうまみが染み出してなかなかいける味になります。

ご飯を入れず、煎餅だけにお湯を注いでぬれ煎汁も下手なインスタントのお吸い物よりもおいしいものができます。

この場合、花かつおやワケギを散らすとなお良いでしょうね。

07013495 次はカップうどんに入れていました。

どん兵衛きつねにぬれ煎約1/3枚です。

07013496 これもお手軽で美味!

07013756 ご飯に合うものならばぬれ煎餅にも合うだろうと納豆ぬれ煎もやってみました。

07013757 納豆1パックにぬれ煎約1/2枚を入れたのですが・・・

納豆とぬれ煎餅の味がそれぞれするだけで、合わさった味というのは全くしませんでした。

納豆は納豆で、ぬれ煎はぬれ煎で食べましょう。

掲示板に831列車さんが書かれていましたが生たまご+ぬれ煎もダメだそうです。

画像はありませんが、マヨネーズを乗せたり、とろけるチーズをのせてレンジで20秒チンしたり、さらにそこにカリカリのジャコをトッピング、はちょっとクセになります。

ガスコンロで軽く焼いてみましたが、あっという間に黒コゲになってしまいました。

焼くのならばガスストーブでトロトロと、が良いのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

つばめマグネット

07013761 以前九州特急列車マグネットをお土産にいただいたhibiki-expさんから、今度は九州新幹線つばめのマグネットをいただきました。

一両3cm、先頭車はちょっと長くて4cm弱、可愛らしくデフォルメしてあります。

07013762 レタリングが細かく入っているのはもちろん、一見同じように見える中間車がちゃんと作り分けられています。

扉の位置、窓配置の違いが分かりますか?

JR九州らしいこだわりの製品です。

昨年いただいたマグネットセットに運転を休止した58654が入っていたのですが、まさかここに来て再度の復活が決定するとは夢にも思いませんでした。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年1月26日 (金)

銚電沿線美味いもの その4

07013483 銚子のお菓子屋さん、「犬吠の月本舗 たか倉」の「ぬれカステラ」です。銚電の車内ポスターでも宣伝されているお品です。

犬吠駅売店で購入、たしか税込み630円。一日限定30本だったかな?平日だったので余裕で買えました。

今や銚子名物となったぬれ煎餅にあやかってできたものでしょうが、これはなかなかオリジナリティーあふれる商品です。

手にとってみるとずっしり重い、普通のカステラの優に3倍はあるのではないかという手ごたえです。

封を切ると乾燥防止のためか銀紙に包まれています。

07013484_1 見た目はカステラに見えないこともない・・・ですが印象はパウンドケーキです。

で、お味は・・・甘い、ぬれ分はガムシロップかと思えるくらい甘いです。

ぬれ煎餅もお茶がほしくなりますが、ぬれカステラもなにか飲み物がないとちょっとつらいかもしれません。

ミルクもレモンも入れないストレートティーが一番合うかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

2007京王駅弁大会その3

07013742 結局最終日も行ってきました。

まずは実演のひろしま駅弁の「活あなごめし」お値段はたしか1250円だったような・・・パッケージに価格記載がありません。

売り場にはあなごを焼く香ばしいにおいが立ち込めていました。

関東ではあなごは煮るものですが、関西では焼あなごもポピュラーとか。

07013743 ふっくらと焼きあがったあなごが炊き込みご飯にのっています。

たれは好みで使うように別添ですが、甘たれではなく醤油たれでした。

さすがにお値段も良いし、小ぶりなお弁当なので、味は良かったです。でもこれ1コではとうてい足りませんね。

宮島口の有名駅弁あなごめしそっくりという声はまんざら外れではないような・・

07013752 もうひとつ、札幌駅立売商会の「冬の天然寒ブリ弁当」950円也。冬季限定商品です。

このお弁当、非常に手がかかっています。

メインのぶりの照り焼きがどーんと目だっていますが、副菜にタコ煮物、大根煮(ぶり大根)、ホタテのりんご和え、ユリ根のタラコ和え、ホッケのすり身団子、白菜ツナ和え、ホド芋とインゲンの長芋揚げ、と北海道の味覚を楽しめるおかずがこれでもか!と入っています。

そば米を混ぜたご飯もぶりの濃い目の味によく合います。

07013753 箸休めに右下にゴボウの味噌漬けとちょろぎ酢漬けが見えます。ちょろぎはお正月以外は見ることないですし、着色していない白いものも初めてでした。

左半分のおかずはもうすこし大きめの容器でひとつひとつ見えるように配置すればさらに良くなるのになぁと思います。

これだけの内容、味のお弁当が1000円切っているのですから大したものです。

07013749 最終日ということで好きな弁当も買ってゆこうと、和歌山水了軒のめはり寿司も購入、600円也。

気軽に買えるお値段が嬉しいです。

冷えてしまったせいかご飯がもっちゃりとして、こんな味だったかな~と思いました。最初に食べた印象がとても良かったので、よけいそう感じるのかもしれません。

07013750

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

銚電沿線美味いものその3

07013485 銚子電鉄観音駅から徒歩3分ほどの辰巳寿司の伊達巻です。780円也。

銚子名物のひとつに伊達巻寿司があります。伊達巻でぐるりと寿司飯を巻いたもの、他ではちょっとお目にかかれない豪快なお寿司です。

今回は伊達巻だけをお土産で購入、普通の伊達巻と違い、魚のすり身は使わず玉子だけで作られているとか。

07013460 別名「漁師のプリン」と呼ばれているとか。

たしかに食感はまさしくプリン、カップに入っていればタマゴプリンと言って出されてもちょっと分からない味でした。

辰巳寿司さんは普通の街中の寿司屋さん、今度はゆっくりと地の魚など味わってみたいお店でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

銚電沿線美味いもの その2

07013592 銚子のお菓子屋さん「山口製菓舗」の「バタどら」です、130円也。東京行き高速バスの「東芝町(銚子駅前)」バス停そばの西芝店で購入、このお店では銚電のぬれ煎餅も扱っています。

このお菓子屋さん、メロンパンで有名なお店だそうです。私がお店にいる間にもメロンパン目当てで来たお客さんがいましたが、夕方だったためすでに売り切れ、お店の人の話だと早いときはお昼ころで売り切れとか。

07013593 あんことバターは相性がよく、アンバターパンはありましたが、どら焼ではありそうでなかったのではないでしょうか。

しっとりとしたガワに上品な甘さのあんにバターが加わり、美味しくいただきました。

ところでこの山口製菓舗、めったに見かけない「合名会社」です。中学校の社会科で会社の4形態、合名、合資、有限、株式は習いましたが、この歳になるまで合名会社にほとんど出会わずにきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

銚電沿線うまいもの

銚子電鉄沿線のおいしいものはぬれ煎餅、タイヤキだけではありません、おいしい店、おいしいお菓子など何回かに渡って紹介します。

07013431 まずはウオッセ21の中のお店「まほろば」のイワシてんぷら定食、税込み1150円也。

イワシは全く臭みがなく、とろけるような食感は漁港ならではの新鮮な魚を調理しているからでしょう。

お店のおばちゃんのお話ではイワシも近年漁獲量が減っていて、この定食も通年提供できないかも、とのこと。

幻の魚となってしまう前にぜひご賞味あれ!

07013435

大きなアナゴを2尾使ったアナゴ丼もおすすめだそうです。今度いったらこれを食べよう。

画像中央下、メニューの右に白く写っているのは銚電のデキ3エハガキです。銚電を応援しているお店です。

ウォッセ21には銚電からだと笠上黒生から徒歩25分ほど、とちょっと遠いのですが、駅前からバスも出ていますし、1月から運行をはじめたシャトルバスを使えば犬吠駅にも抜けられます。

ウォッセ21から笠上黒生駅まではお店のおばちゃんが丁寧に教えてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

2007京王駅弁大会その2

07013588 今回も2つ買ってきました。

まずは輸送駅弁コーナーから九州川内西原弁当の「炙り黒豚めし」900円也。

昨年の駅弁大会で川内駅の「べっぴんさん弁当」を買い大いに満足したので、同じ業者さんならばはずれはないだろう、と思い手に取りました。

ところでこの業者さん、この掛け紙の表には「薩摩川内西原弁当」とあり、横の製造者欄には「川内駅鉄道構内営業有限会社」となっており、箸袋には「お弁当の西原」と表記しています。

いろいろな名前を使い分けているのでしょうか?

07013589 蓋をあけると2枚の黒豚西京焼がこれも黒豚炊き込みご飯の上に乗っています。付け合せはザーサイですが、これは好みが分かれそうです。

西京焼は柔らかく、御飯がすすみます。炊き込みご飯もあっさりしており美味しくいただきました。

期待通りのお弁当でした。

07013585

もうひとつは駅弁大会の企画もの、復刻駅弁、函館

みかどの「つぶ貝弁当」700円也。

函館は連絡船の時代から何度も乗り降りしていますが、このお弁当は食べたことがありませんでした。

もうひとつ復刻駅弁として「紅鮭弁当」も販売しています。こちらは掛紙に連絡船をあしらっており、どちらを買おうかちょっと迷いましたが、「紅鮭弁当」は普通の幕の内なので、このつぶ貝にしました。

07013586

スライスした味付けつぶ貝が御飯の上にちりばめられていますが、いざ食べてみるとつぶ貝の下に持ってあるごぼうの味と歯ごたえが先にきてしまい、貝の味があまり感じられませんでした。

実演なので狭い場所で短時間で盛り付けるので仕方ないのでしょうが、もうちょっと見栄えよく仕上げてほしいものです。

先日のかきめしにも入っていましたが、ここにも缶詰チェリーが彩りに使われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

2007年新宿京王駅弁大会

07013489 さて、今年の京王駅弁大会、まず狙っていたのが企画モノ、頑張れ!ローカル線シリーズの会津田島駅「煮込みソースカツ弁当」1000円也。

実演で出来立てを購入。

って、おい掛け紙には「なかじまソースカツ丼」になってるぞ??ひょっとして違うもの買ってしまったか?と思いましたが・・

07013491 こちらに出ている画像とモノは一緒でした。

ただし付け合せの豆は一粒だけ、こんなところケチるなよ。

ソースカツ丼というと玉子はつかわないものが多いと思いますが、これは見た目は普通のカツ丼、カツの下に濃い目のソースが潜んでいます。

肉も柔らかくソース、玉子との相性も良く美味しくいただきましたが、出来立ての暖かい状態でしたので、冷えたらどうなるのか気になりました。

私は時間がたってもそこそこ食べられることが駅弁の大事な条件だと思っているので、そこをクリアしないと駅弁としては失格だと判断します。

辛口コメントのわけは、会津田島駅駅弁と名乗りながら会津若松の業者が作っている、ということもあります。本当に田島で売られるのか?今までにも何度かあった「なんちゃって駅弁」ではないのか?という疑問があります。

会津鉄道公式サイトにはお弁当のページもあります。どの駅で売っているのかがいまひとつ良く分からないのですが、カツ弁当ならば牛乳屋食堂のものもあるじゃないか、と思いました。

07013493 もうひとつ、相生・播州赤穂駅エノキの「瀬戸のかきめし」も購入。900円也。

掛け紙スタイルが気に入ったのですが、ここのところかきめしを続いて買っているので、他との違いに目が行きます。

07013494

カキは6粒、フライ、味噌煮、煮付けとそれぞれの味が楽しめます。

御飯は白飯ではなく炊き込み御飯、濃い味付けの味噌煮に合います。

付け合せに缶詰のチェリーが一粒、これと紅しょうがの赤が一昔前の駅弁を思わせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

銚子電鉄サポーターズ発足

ここ数日の銚子電鉄を巡るニュースやネットの動きはかなり激しく、追いきれないでいます。

14日の日曜に銚子電鉄サポーターズの設立セレモニーが犬吠駅で行われ、公式ブログも立ち上がりました。

千葉ロッテマリーンズ小林雅英投手が特別サポーターとして参加されるということで、賛否両論飛び交っていますが、私は鉄道ファン、プロ野球ファン(スワローズファン)として小林投手が我々と同じようにがんばっている銚電をなんとかしたい!という気持ちからサポーターに名乗り出てくれたことを大変嬉しく思っています。

これからはパ・リーグは俄然マリーンズとコバマサ投手を応援します!(ちなみに嫁さんはなぜかバレンタイン監督のファンです、チームとしてのマリーンズはどうでもいいそうで・・)

ところで5日の記事にトラバが貼られましたが、トラバ先のコメントを読むと銚電のCD販売に対して厳しい口調が並んでいます。

たしかに社長コメントの100万枚はおぃおぃとツッコミを入れたくなりますが、これくらいの気迫でやるんだ!という意思表示と私は素直に読みましたが、世の中そうそう甘い人ばかりではありませんね。

ともあれぬれ煎餅はじめとするネットショップの売り上げで、電車1両の検査費用は稼ぎ出したものの、現状では煎餅などはバックオーダーを抱えてネット注文休止中で、少しでも稼ぐために今はCD販売に力を入れよう、とは読めないものですかねぇ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

もうすぐ京王駅弁大会

お正月が終わると新宿京王百貨店の駅弁大会です。

「駅弁大会への道」なるBlogも登場してチラシもWebで見られます。

07013358 ここ数年駅弁大会での人気弁当となった富山の「ぶりかまめし」ですが、前にこのBlogにも書きましたが、実は駅弁大会期間以外でも京王百貨店の中地階お弁当コーナーで販売されています。

駅弁大会開催中はなかなか買えないので、ひさしぶりに買ってきました。950円也。

07013359 何度食べてもこのカマの大きさととろける食感には感激します。

さて、今年の駅弁大会は何を狙ってみようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

銚子電鉄応援ソング

ここのところすっかり銚子電鉄支援Blogとなっております、カテゴリーにも銚子電鉄を追加しました。

さて、本日銚電公式サイトTOPに下記の案内が表示されました。

平成18年12月27日付けで、銚子市のホームページに掲載された
「銚子電鉄問題への市の対応について」に対する当社の所見を掲載致します。

小川社長のメッセージの最後の部分、CD販売ですが、現在ネットショップで注文可能です。

MURATA BANDの「朝が始まる」 みらあじゅさんの「デキちゃんはトコトコはしる」皆さんもぜひ1枚いかがでしょうか?いや、1枚といわず2枚、3枚とこのさい大人買いでも(笑

ところで検索でさまよっていたらこんなBlogがヒットしました。「歌は世につれ 世は歌につれ・・・みたいな」

替え歌です。元はTHE BLUEHEARTSのTRAIN-TRAIN 実はこの曲音痴な私の数少ないカラオケレパートリーです。

替え歌は元の歌詞をどれだけ生かせるかが見所のひとつですが、

ここは市街地じゃないんだ かといって過疎地でもない

ここなんざ見事です。

あなたが生きている今日は→ダイヤが維持できる今日は 

いきているを維持できるに変換もウマイ!

YOU TUBEに元曲ありましたので再生しながら 

CHOSHI-TRAIN 走って行け CHOSHI-TRAIN いつまでも 

と思い切りシャウトしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月 2日 (火)

銚子電鉄初日の出輸送

大晦日の夜から元旦朝にかけて銚子電鉄最大の輸送を行う犬吠初日の出終夜運転があります。青春18切符を使ってその様子を見てきました。

0612313252 今回も銚子での接続に余裕があったので仲ノ町まで歩きました。

昼間はダンボールでいっぱいの駅舎の全貌が久しぶりに見られました。

0612313242 仲ノ町の「坪庭」にささやかなデコレーションが。

銚子行きのデハ801が入線してきました。

これの折り返しに乗って犬吠に向かいます。

0701013259 犬吠駅では銚子電鉄応援歌「朝がはじまる」「デキちゃんはトコトコはしる」のCD限定販売が行われていました。

「朝がはじまる」を唄うMURATA BANDのミニライブや甘酒、おでんなどの販売もありました。

0701013256 電車の喫茶店「かふぇ・ど・えがお」は車体の再塗装がされて電飾も付けられていました。

銚子名物つみれ汁やカレーライスが用意されていましたが、暖かい食べ物は大好評のようでした。

0701013260 地球が見える丘展望台の麓にある万願寺の除夜の鐘が聞こえてきて、新年を迎えました。

「謹賀新年 初詣号」のマークを付けた終夜運転臨時列車のデハ1002がやってきました。

電車後部からのストロボ撮影です。

0701013277 深夜の銚子行きで再び仲ノ町へ。

初日の出輸送を担当するデハ701+702+801が側線で待機しています。

0701013292 JRの臨時列車を受ける前の1往復はデハ801の単行で運転されました。

仲ノ町から銚子に向けての送り込みも営業運転されました。

初日の出輸送は銚電の可動車両4両総出で行われましたが、車両交換の関係などから笠上黒生発外川行きが設定されたり、ピークとなる4時~10時は外川まで行かず、犬吠折り返しになるなど、なかなか興味深いダイヤが組まれました。

0701013305 一気に時間が飛んで9時30分ころの犬吠駅。

うららかな新春の朝日をあびてデハ1002+801が発車を待っています。

方向幕は臨時が表示されています。小ぶりのヘッドマークは「元旦 初日の出号」です。

0701013301 CD販売コーナーにはデキ3のポール時代の写真パネルも登場していました。

0701013310 かふぇ・ど・えがおで遅めの朝食。

人気メニューのカレーライス。

0701013311 冬だってソフトクリームを食べたくなるときはあるんだ!(笑)

0701013309 つみれ汁(参考画像)

もうこれしか残ってなくて、とマスターが出してくれました。

鰯つみれは半分に切ってありますが、通常販売されたものはもっと大きいつみれで具もたくさん入っていたとのことです。

0701013312 帰りに乗ったデハ701には全検終了を示すプレートと前歴を示すプレートが付けられていました。

銚電サイトの「ぬれ煎餅購入のお願い」を見てネットショップで注文したり、販売店で購入された人々の成果がここにあります。

0701013317

犬吠から乗った電車の1本後でもJRの接続は同じことに気が付き、フリー切符の気楽さで交換駅の笠上黒生で途中下車。

デハ701+702と801の交換風景。

デハ701の前面には「皆様、ありがとうございました。おかげ様で検査をすることができました。御礼申し上げます。銚子電鉄」というメッセージが掲げられていました。

0701013357 今回の銚子行きでの購入物。

君ヶ浜発行の硬券は初日の出輸送の臨時券売所のもの。

特に一日券の下の「犬吠から銚子行き 君ヶ浜駅発行」はなかなかレアなブツかと。

実はこれで全部ではないのですが。(汗

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »