« 銚子電鉄サポーターズ発足 | トップページ | 2007京王駅弁大会その2 »

2007年1月15日 (月)

2007年新宿京王駅弁大会

07013489 さて、今年の京王駅弁大会、まず狙っていたのが企画モノ、頑張れ!ローカル線シリーズの会津田島駅「煮込みソースカツ弁当」1000円也。

実演で出来立てを購入。

って、おい掛け紙には「なかじまソースカツ丼」になってるぞ??ひょっとして違うもの買ってしまったか?と思いましたが・・

07013491 こちらに出ている画像とモノは一緒でした。

ただし付け合せの豆は一粒だけ、こんなところケチるなよ。

ソースカツ丼というと玉子はつかわないものが多いと思いますが、これは見た目は普通のカツ丼、カツの下に濃い目のソースが潜んでいます。

肉も柔らかくソース、玉子との相性も良く美味しくいただきましたが、出来立ての暖かい状態でしたので、冷えたらどうなるのか気になりました。

私は時間がたってもそこそこ食べられることが駅弁の大事な条件だと思っているので、そこをクリアしないと駅弁としては失格だと判断します。

辛口コメントのわけは、会津田島駅駅弁と名乗りながら会津若松の業者が作っている、ということもあります。本当に田島で売られるのか?今までにも何度かあった「なんちゃって駅弁」ではないのか?という疑問があります。

会津鉄道公式サイトにはお弁当のページもあります。どの駅で売っているのかがいまひとつ良く分からないのですが、カツ弁当ならば牛乳屋食堂のものもあるじゃないか、と思いました。

07013493 もうひとつ、相生・播州赤穂駅エノキの「瀬戸のかきめし」も購入。900円也。

掛け紙スタイルが気に入ったのですが、ここのところかきめしを続いて買っているので、他との違いに目が行きます。

07013494

カキは6粒、フライ、味噌煮、煮付けとそれぞれの味が楽しめます。

御飯は白飯ではなく炊き込み御飯、濃い味付けの味噌煮に合います。

付け合せに缶詰のチェリーが一粒、これと紅しょうがの赤が一昔前の駅弁を思わせます。

|

« 銚子電鉄サポーターズ発足 | トップページ | 2007京王駅弁大会その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2007年新宿京王駅弁大会:

« 銚子電鉄サポーターズ発足 | トップページ | 2007京王駅弁大会その2 »