« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月25日 (土)

銚子電鉄応援DVD通販開始

「銚子電鉄を知っていますか?」

ネットの銚子電鉄応援スレッドに発表された恵さん、みらあじゅさんのかわいいキャラクターが銚子電鉄を紹介するDVDです。先日犬吠駅などで販売開始されましたが、銚電ネットショップでの通販も始まりました。↓

http://chodenshop.com/cd/index.htm

さて、現地まで行って買ってくるか、手っ取り早く通販たのむか、どうしよう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

豊橋駅壺屋駅弁の日弁当

0708224468 青春18きっぷで東海道を下ったとき、帰りはたいてい豊橋で駅弁を調達します。今回も5分の乗り換え時間に壺屋さんの売店に。

0のつく日ではなかったのですが、こんなお弁当があったので買ってみました。850円也。

0708224469 暑さと疲れていた時に食べたので、正直お味がどうという状態ではありませんでした。

うなぎは柔らかくておいしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

コミケに行ってきた

ちょっと興味はあるものの、行った人の話を聞くとなんかとんでもないところのようで、自分には縁がないだろうな~と思っていたコミケットに初めて行ってきました。

5月に行われたのりもの学会にも出展された「銀路画報」の那辺さんの新刊と、廃墟本など書かれているかもすさんが出された釜石鉱山本が目的です。

一人で行くのもなんだなぁと思っていたら幸いTさんがご一緒していただくことになり、当日になってコミケに何回も行かれているSさんも合流していただいて、コミケ初心者としては心強い気持ちで有明行きの水上バスに乗り込みました。

会場に着いたところでSさんが「痛車(イタシャ)がいますよ」と裏手の駐車場へ。アニメキャラをでかでかと車体にペイントした車が集結しています。

思わず「これ版権大丈夫なの??」さすがに某米国企業ものは見当たりませんでした。

何気なく車内を見たら助手席にはキャラのぬいぐるみが座っていたり、細かいところまでコーディネイトされているのには妙に感心してしまいました。

それにしてもあちこちに何人かでかたまって座っている若者の多いこと、何やっているんだろうと思ったのですがSさんによると買った本の中身の確認とのこと。いくら日陰とはいえ屋外で暑くないのか君たちは、と思いましたよオジサンは。

デジカメも持ったいたので、本来ならばこのあたりのこと画像付でレポすればいいのでしょうが毒気にあてられたというか、とにかくカメラ出す気力もありませんでした。

国際展示場は何度も来ていますが、それにしてもすごい人です。3日目は男性中心だよ、とTさんが教えてくれましたがぱっとみたところ男女比は50:1以下、見渡すかぎりヤローばかりです。これが逆転する日もあるというのですからその日にはご遠慮したいもんです。

人の波につらつらと流されながら目的の西館にやってきましたが一歩入ってここでも驚き、コンベンションホールの中にはなんのパーテーションもなくだっだ広い会場に机が並んで人がいっぱい・・・

目的のブースに向かって行くと、途中から旅行関係のコーナーになったようでなかなか面白そうな本を並べているブースもあります。後で見に来よう、と思いつつまずはかもすさんの廃墟本ブースへ。幸いかもすさんはいらっしゃいましたが目的の釜石鉱山本は売り切れてしまったとのこと。

同人ではなく商業出版された本も並べられていたのですが、今日のところは軍資金の関係で本屋で買えるものは後ほど、ということにさせていただきました。

かもすさんとちょっとお話した後、すぐとなりの那辺さんのブースへ。

0708194456 那辺さん描く「鉄道探検部」3人のフギュアが小粋にディスプレイされお出迎え。シーズンにあわせて夏服になっています。

下に見える銚電デキ3のハンドタオルのイラストも那辺さんデザインのもの。

このタオルは先日販売開始され、犬吠駅などで売られているそうです。買いに行かねば(笑

0708194455 新刊の「十月夏」はブラッドベリ、萩尾望都を思わせるような少年たちの夏の終わりを描いた作品。

ここではない別の東京を舞台にした、少し、不思議な世界です。

作品世界で走り回る別の世界の都電車両たちも魅力的です。

鉄道、旅関係が集まっている一角をぐるっと回って、保存車本と遊覧鉄道本を購入。

売り子さんにはどう見ても女装の方とか、警備の方は鉄道会社のコスプレさんがいたり、なるほどなぁと。(笑

出展されている本の内容、レベルも様々で、商業出版に劣らない(むしろ専門性では優れている)ものから、こんなんまで・・・と思うものまで、ともかく何でもありの雰囲気でこれはWebの世界と同じだな、と思いました。

で、次は年末でしょ、さすがに行けないなぁ・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

郡山駅駅弁

0708154444 夏の旅行はどうしても水分ばかり取って食欲がわきません。とくに今年は猛暑ですから余計にものを食べる気になりません。

こんなときは肉!ということでこのところ駅弁も肉関係のものばかり買っています。

売店にはD51のイラストの描かれた磐越西線弁当なんてものもあって、ちょっと迷ったのですが、やはり幕の内には食欲が湧かなくて・・・

ということで「牛肉の味噌焼き弁当」を購入 850円也。

0708154445 蓋をあけたらなんとなく既視感が・・・

このBlogでも取り上げていました。

汗をかいた後なので強めの味噌味もまた良いものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

スカイピアあだたらの軽便列車

0708150574_2 なにかと話題の年金受給者保養施設「グリーンピア」が地元二本松市に譲渡され「スカイピアあだたら」と名前を変えて営業再開、園内を一周する軽便蒸機も無事運転を再開しましたが、運転日が土日祝日だけなのでなかなか訪問するチャンスがありませんでした。

旧盆期間中は毎日運転とのことで、15日に青春18きっぷを使ってトンボ帰りで行ってきました。

この手の施設ではおなじみの協三工業製のBタンク、みちのくの機関車らしく小さいながらもスノープロウを装備しています。

0708150547 客車は4両編成、2+1の木製シートが並んでいます。

0708150552 運賃は大人300円、遊戯施設とはいえ本物の蒸気機関車の引く列車で、1周約1100m、15分かけてゆっくりと進みます。

車窓には眼下に広大な高原風景や安達太良の山々が広がり、短いながらも変化に富んだ楽しい路線です。

0708150593 芝生広場の向こうをゆっくりと進む列車。

歩いて「追っかけ」撮影も充分可能です。

0708150608 アジサイもまだ咲いていました。

スカイピアへはバスの便はなく、タクシーで二本松駅から20分ほど、約3000円、岳温泉からは10分ほど、約1700円でした。

岳温泉からは時刻表に掲載されていない観光協会が運行する会員制バスが郡山駅まであり、それを利用できたので予定よりも早く帰り着くことができました。

0708150622s 郡山で時間がとれたので開成山公園に保存されているD51264を見てきました。

郡山工場製で長年地元で働き、晩年は関西線で活躍した機関車です。

0708150642 郡山駅のコンコースにはこれまた郡山工場製のC632号機の大型模型が展示されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

新幹線ベンチ

0708059997 小ネタです。

佐倉の58683が保存されている公園にある子供用ベンチ。

100系いまだ現役なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

新幹線N700親子弁当

0708074376 1年ぶりに新幹線に東京駅から乗車。できればN700系か500系に乗りたかったのですが、時間が合わず700系でした。

東京駅で乗車前にお弁当を購入しましたが、暑くて食欲ないのでどれもいまひとつ選ぶ気になれません。

結局期間限定記念弁当らしいこれを購入、850円也。

親子弁当と名乗っているように、子供用もありました。そちらはパッケージも新幹線型で裏面は塗り絵で、色エンピツがおまけについてるそうです。

お弁当は鶏をメインにしたおかずで、お値段的にも妥当ではないかと。

0708084417 紀伊田辺駅の駅そば、なんともフレンドリー感あふれる店名。(笑

ちなみに田辺市は弁慶の出身地とのことです。

0708084431 紀伊田辺駅から徒歩10分ほどの公園にC577が保存されています。

鉄道100年記念列車を撮って以来、35年ぶりの再会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

佐倉の58683公開

0708059991 佐倉駅から徒歩5分ほどの高崎川南公園に保存されている58683が公開されました。

普段はカゴの鳥状態ですが、本日と来週の日曜12日はご覧のように保管庫内に入ってキャブに上がることもできます。

0708059972 国鉄OBの方々による保存会の皆さんもいらしており、保存や蒸機現役当時のお話など聞かせていただきました。

ちょっと驚いたのは現地は駅まで直線距離で260mほどなのですが、搬入は仮線を敷いて行ったのだそうです。

0708059988 こんなものも一緒に保存されています。

18きっぷが余りそうだ、と思える方、来週の日曜日、半日つかってはちろくに会いに行かれてはいかがですか?

詳しくは佐倉市公式サイトの案内をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

津駅駅弁?

0708019959 天理からの帰路は津まで近鉄を使ってショートカットしました。

津駅の駅名票はじっとみていると?に見えてくるかも??

0708019954 津駅から5分ほどの偕楽公園に保存されているD51499を見てきました。

国鉄OBや鉄道ファンが保全活動をしています。

近年紛失したままになっていたナンバープレート(レプリカ)も復元されました。

0708014367 津駅では駅弁はないと思っていましたが、改札内コンコースに出ていたさつまあげを売っている仮設売店に天むすとともにこんなお寿司があったので購入しました。800円也。

東海道線車内で開けようと箱を見たら

「製造者 日本ダイニングサービス」住所は東京六本木、えぇー!!なんで??とそのときは失敗したな、と思いました。

帰ってきて調べたら本社は東京ですが、元は伊勢の会社で、松阪に工場があるとのことでした。

0708014369 箱を開けると出てきたのは真空パックの太巻き、消費期限を見たら8月3日となっています。

真空パックをはがした状態がこの画像です。

巻物はすでにカットされていますが、不思議なのは海苔の巻き方。

1枚の海苔を巻いた後にカットしたのではなく、1cm弱にカットされた海苔を10枚巻いたようです。

お味は悪くないです、ですが記載住所といい、真空パックといい、なんとなく風情がないように思えるのは勝手な感想でしょうか?

0708014373 今回使ったキップなど。

津から乗車した快速みえは2連だということと、夏休みに入って混んでいるかも?と思い指定を取ってみました。

いや、ただ単にみえの指定ってどんなんだろうという気持ちが強かっただけなのですが。

あと意外なことに伊勢鉄道の津からのキップは硬券でした。(西口で購入)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

天理参考館企画展キップの世界

0708019900 8月12日まで行われている天理参考館の企画展「キップの世界」を18きっぷを使ってみてきました。

天理参考館といえば鉄道創業時の切符など日本屈指のコレクション収蔵で知られていますが、常設展示はごくごくわずかで、このような企画展でしかその膨大なコレクションに触れる機会はありません。

0708019899 会場前には印刷機、断裁機なども展示され、デモ作動も公開されました。

とにかくすさまじいばかりのコレクションでした。主に国鉄のものが中心でしたが、私鉄は北見鉄道、谷地軌道、田中鉱山鉄道(この会社知りませんでした、釜石鉱山専用鉄道です)赤見鉄道、安濃鉄道、愛宕山鉄道、中勢鉄道、阿波鉄道、三幡鉄道、温泉鉄道、南筑鉄道と営業期間の短いいわば「幻の路線」ばかり並んでいました。

このコレクションは戦前からの収集家山本不二男氏によるものですが、きちんと番号をふられた台紙に整理、区分されています。まさしく整理してこそのコレクションとの思いを強く感じました。

また最近の台湾新幹線の切符も展示されているように、山本氏の意思を継いでコレクションはまだまだ継続されているのも素晴らしいことです。

東京からではいささか遠いのですが、興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

0708014366 天理参考館の建物。

天理市にはこのような独特の様式の巨大建造物があちらこちらにあります。

0708014370 左は会場で購入した図録500円也、右は企画展の記念券。(硬券セット)

0708014371 過去の企画展の図録も販売していたので購入、「憧れの食堂車と全国駅弁めぐり-メニューやラベルあれこれ-」400円也、右はエハガキ4点、1点30円と大変良心的なお値段です。

中央のタテ黒地の切符は戦前の欧亜連絡切符ですが、残念ながら今回の企画展には出品されていません。

0708014365 オマケ 駅前観光案内所のご当地キャラクター 「りんちゃん」と「てくちゃん」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »