« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

日本一有名な駅長さん

0710312504 こんなカラフルな電車に乗って

0710312468 今や日本一有名な駅長さん、和歌山電鐵貴志駅のたま駅長さんを訪ねました。

0710312478 こちらは助役のミーコさん。

0710312497 南海電鉄が撤退を発表したところ、地元からの強い鉄道存続運動によって、岡山電気軌道などを経営する両備グループが経営に乗り出し、地方鉄道再生の試みが開始されました。

1枚目のいちご電車、おもちゃ電車やネコ駅長もその取り組みのひとつ、沿線各駅には「もっと!ずっと!貴志川線」のメッセージがあふれていました。

0710312506 貴志駅売店で購入したたま駅長エハガキ、4枚組み400円也。

シートモケットにもご注目。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月20日 (土)

小田急ファミリーフェスティバル

毎年鉄道の日前後に海老名車両基地で行われる小田急のイベント。

今年は専用車庫に保管されているSE車3000系が屋外展示されるというので午後から行ってきました。

0710202240 撮影コーナーは長蛇の列、30分ほど並んで撮影時間は3分くらいだったかな・・その短い撮影時間だけ見事に曇ってしまいました。

それにしてもSSE、NSEは引退してもフル編成で残してあるのは素晴らしいことです。

右端は本日お披露目された地下鉄乗り入れ用MSE60000系。

0710202257

物販コーナーではさっそくMSEをパッケージにしたロマンスカークッキーが登場、一箱500円で二箱買うとポストカードがオマケにつくというので二箱購入1000円也。

0710202258 クッキーは6枚入り、MSEの焼印つきです。

0710202259 海老名駅をはさんで反対側のショッピングセンター内の特設でも鉄道関係の物販コーナーが設けられていました。

三省堂のブースで鉄道をモチーフにした絵本原画などで活躍された木村定男氏のエハガキが売られていました。

江ノ電は8枚組で840円、バラは1枚158円でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

電車パン

0710154529以前このBlogで大船駅で売られた電車パンをご紹介しましたが、地元高円寺駅内のパン屋さんでも鉄道の日記念でこんなパンが販売されました。200円也。

ポスターの写真はもうちょっと電車らしかったのですが・・・

大船の湘南電車パンは緑とオレンジの湘南色を表現していましたが、これは特に中央線のオレンジとは関係ないようです。

0710154530

屋根(?)の白い砂糖で描かれているのはパンタグラフのようです。

床下(?)にはチョコレートの車輪(?)が左右3コづつついています。ということはトキ900なみの3軸車?!

一日限定200個の販売だったのですが、毎日完売していたのかどうかは不明です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

鉄道総研平兵衛まつり2007

このときでないと見られない車両ばかりですので今年もちょこっとだけ行ってきました。

0710131919

金沢→豊橋の3300を改造したバッテリートラムの頭にはDE167。

全検あがりのような美しい塗装でした。

0710131915 爪クラッチ試験車キハ30。

この塗装を見てみなさん「東海道線だ」と・・・

0710131910 紫色のJRマークをつけた料電池試験車。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

草津駅駅弁

0710101633 ムーンライトながらから乗り継いで、米原、彦根で途中下車しながら草津へ。

ここから27年ぶりくらいに乗る草津線で貴生川へ。電化してからは初めてです。

草津駅草津線ホームの売店に「名物 ひとくち稲荷」ののぼりが出ていました。ちょうど小腹も減ったところなので覗いてみると、普通の半分ほどの稲荷が10コ入った稲荷寿司、稲荷と太巻きの助六、寿司セットなどが並んでいます。

草津地元の南洋軒というお弁当屋さんで、助六を購入、410円也。掛け紙もシンプルですね。

0710101651 稲荷は黒ゴマが効いていてなかなか良いお味、これだったら稲荷だけでもよかったと思いました。

太巻きはごく普通のものですが、具が小さいような気がしました。(これは半ば職業病みたいなもので、昔自分で巻いていたものとつい比べてしまうんですね。)

0710101653 昔はキハ35やキハ58の急行、D51やDD51の引く客車が行きかった路線も113系に、しかし113系になってからそのままというのも今では珍しいのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

米原駅弁

0710104515 鉄道の日きっぷ、残り1日分で滋賀県に行ってきました。

信楽鉄道、近江鉄道、長浜鉄道スクエア、彦根まちなか博物館に保存車など、慌ただしく回ってきました。

帰路につくとき米原で購入したステーキ弁当1300円也。

1000円以上の駅弁を買うのは久しぶりの気が・・・

0710104517 お肉は柔らかく、食べやすかったですが、ご飯がちょっと固めだったのが残念でした。それと1300円のお値段にしては付け合わせがちょっと貧弱かな、と。

真ん中の丸い容器はデザートのこんにゃくゼリーです。

0710104512 米原駅東口の鉄道総研にJR東、東海、西の新幹線試作車が保存されています。フェンスが高くてコンパクトデシカメのレンズを隙間に入れて撮影。

0710104513 すっかりご面相が変った元西武に乗ってきました。

ダイドードリンクの広告電車。

0710104522 近江鉄道は彦根の車庫を11月下旬まで金・土・日・祝に公開しているのですが、私の動ける平日はお休み、彦根駅前のまちなか博物館で開催されている「近江鐵道コレクション」は平日もやっているので短時間ですが見てきました。

大人300円ですが画像の図録が付いてきます、これだけでも300円以上の価値はあるというもの。

近江鉄道は沿線各所に駅舎など古いストラクチャーが残っており、硬券、改鋏も健在でした。

企画乗車券のびわこ京阪奈線フリーきっぷは1000円で近江鉄道、信楽鉄道全線に乗れるそうとうお得な切符でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

ご近所駅弁大会

JR20周年ということで、JR東日本では各地で自社管内の駅弁を集めた催しをやっていますが、近所のスーパーでも小規模なものをやっていました。夕方に行ったら30%引きになっていたので2コ購入。

0710061572 小田原東華軒の「桜海老とじゃこの海物語」定価880円を30%引きで616円。

07104507 濃い目に炊かれた桜海老とじゃこ、かき揚げにも桜海老とじゃこが使われています。

手前はくるみの甘煮、小田原名物の梅干も大粒のものが彩りを添えています。

「大人のためのお弁当」のコピーとおり、あっさりとしたお味のお弁当でした。

0710061573

もうひとつは米沢松川弁当店の「牛串弁当」定価1000円を30%引きで700円。

米沢牛のお弁当を各種販売している業者さんんです。

07104506

2cm角ほどの牛角切りが4切れで一串、それが2つ並んでいるので、肉の量はけっこうあります。

ただ肉が硬くて、味も割合単調なため、ちょっと飽きがきました。

串刺しにしないほうが食べやすいのではないかなぁ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

YOKOHAMAトレインフェスティバル

鉄道の日イベントでは小規模ながら、関東中心に民鉄の販売ブースが集まる横浜のイベント、昨年は1号機関車のハリボテが登場しましたが、今年はそういった出し物はありませんでした。

0710061568 銚電ブースでイワシ蒲焼500円、富士急ブースで富士山の四季お煎餅350円を購入。

鉄道会社の売る煎餅は明智、三陸、万葉線と各地で銚電に続けとばかり売り出してきましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

大糸線・松本駅駅弁

0710031460  車内でかにすしを頂いて向かった先は糸魚川。大糸線全通50周年を記念して3両のキハ52が復刻塗装で活躍しています。

今や全国でも数箇所となったレンガ造りの機関区の前でブルー/ベージュの旧塗装車が点検中。

0710031486 小滝で降りて南小谷からの折り返し列車をしばし待ちました。

電線が邪魔でしたがなんとかクリアできました。緑を背景にこの塗装は実にしっくりきますね。

0710031505 次の南小谷行きはブルーの旧塗装車、こいつも小滝で撮るつもりでしたが、そうすると飲料の自販機しかないところで4時間近く待つことになるので乗ってしまい、南小谷に移動。糸魚川に戻ってゆくところを狙いました。

折りよくコスモスが咲いていたのですがうまく収まらずこんな具合に・・・

0710031506 南小谷は何度か乗り換えたり通過したり、ここ行きの電車は毎日見ているのですが降りたのは初めてでした。丸ポストが良い味出しています。

駅窓口で富山の鱒の寿司とぶりの寿司を売っていたはちょっと驚き、ここを駅弁販売駅に加えていいものだろうか・・

長野で鱒の寿司はないだろうと思い、駅弁は松本で調達することに。

0710031507_2 松本駅コンコースの売店では何種類かのお弁当が並んでいましたが、ここにも鱒の寿司がありました。

ブルー一色の旧型国電の写真を使った幕の内弁当もあり、ちょっと心引かれたのですが、秋限定の文字が目立つイイダヤ軒秋茸弁当を購入、800円也。

0710031509 竹の皮を編んだパッケージに昔ながらの敷き紙、きのこご飯に野菜の煮物、右上にはなめこおろし、と文字通りきのこ主体のお弁当です。でも秋限定と銘打っているものの、ここで使われているきのこは年中栽培されているものばかりのような・・・

800円というお手ごろ価格と容器がよろしいお弁当かと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

直江津駅駅弁

青春18きっぷの秋版ともいえる鉄道の日きっぷで出かけてきました。例によってムーンライトえちごで新潟へ、そのまま六日町まで折り返して北越急行に初乗車して直江津へ。

0710031402 直江津駅では改札前、上下ホームに駅弁の立ち売りがあって、しかも2社が競争をしているという、今となっては珍しい駅弁激戦区。

どれにしようか迷っていたら売り子のオバチャンが熱心にひとつひとつ内容など説明してくれました。

結局無難なかにすしを購入、840円也、お手ごろ感があります。

0710031403

買ったのはホテルセンチュリーイカヤのものですが、もう一社のホテルハイマートでも同じ値段でかにめしを出しています。

ふたを開けると観光案内図。

0710031404 持っているときに斜めにしてしまったので、カニが寄ってしまったようです。

おかげでカニの下に敷かれた錦糸玉子の様子が分かります。

カニの甘みと適度な酸味が効いた美味しいかにすしでした。

どうもかにめし、かにすし関係はハズレを引くことが多かったのですが、競争が良い商品を生み出す良い例ではないかと思いました。

0710031405 まだこいつも現役なんですね、いつまで使うつもりなんだろう・・

JR西も九州も交直両用電車の開発はしていませんね。

この続きはまた明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »