« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

荒川車庫でのお買い物

このBlog、普段は訪問される方一日100件ほどなのですが、荒川線の日をUPしたら翌日は400件以上でした、ありがたいことです。突然の6086の復帰の関心の高さがうかがえます。
検索ワード、フレーズを右下に表示するようにしたのですが、平兵衛まつりでここのところよくヒットするようです。
さて荒川線の日車庫公開、いつものように地元商店などの物販コーナーを覗いていたら初見のお菓子が。
0809305464 町屋2丁目電停前の和菓子屋さん 竹隆庵岡埜町屋店は以前から「都電小町」「ゆうゆう都電」というお菓子を販売していましたが、「荒川線の日 都電まつり」という新顔が並んでいました。
一番上は以前からある「ゆうゆう都電」ですが、パッケージが都電もなかのような車体を模ったものになっていました。
下はカレンダーのオマケの「とえい棒」


0809305468 「都電まつり」は「波まくら」という黒糖スポンジに餡をはさんだお菓子の限定バージョンのようです。
どこかで食べたことがある・・と思ったら福島のお菓子「駅前路面電車」によく似ています。
路面電車と黒糖のつながりは?
なんとなく懐かしい味、ということなのでしょうか。
お茶にもホットミルクにも良く合うお味でした。

0809305466 ゆうゆう都電は中身は変わっていません。
パッケージも2種類あるように見えますが、黄色の7022とクリームに緑の7003と片側づつ描かれていて、箱としては1種類です。
都電もなかも最初のパッケージは7000と7500が片側づつでした。

お値段は・・・レシートもらってないので忘れてしまいましたが2コづつ買って500円でお釣りが来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

荒川車庫に6086が帰ってきた

本日は都電荒川線、荒川車庫の公開日。まずはこの画像をご覧ください。
0809270456 個人宅でひっそりと長年保管されてきた6086が荒川車庫に里帰り、本日公開されました。
黄色に赤帯の現役そのままの塗装で秋晴れの下、姿を現しました。
ビューゲルも立っています。






0809270471 傍らには6086搬入の記録が。
この車輌が荒川車庫に帰ってくるまでには、今年6月の地震で遭難された鉄道博物館学芸員岸さんの働きがありました。







0809270472 今後の保存方法については未定、とのことですが、岸さんの遺志を継いで、大切に守り続けられればと切望します。














0809270488 鉄道映画女優史絵さんも登場、ポーズをとって撮影会?
足が切れてますね、なれない絵を撮るとこういうことに・・・

終了時間も近づき、周りの人の関心はどうやって6086を奥に引っ込めるか?
自走するんじゃないの?いくらなんでもそれはないだろう?別の電車で引っ張るのでは?小型トラクターみたいな牽引車がいたはず?
さてさて実際は







0809270517_2 せぇ~の!の掛け声とともに案外軽がると動いて行きました。
今回の展示にあたって注油など当然しているのでしょうが、保管期間中も足回りが劣化していなかったようです。






0809270532 トラバーサーに乗り、検修庫に格納されました。
これからどんな姿になってゆくのか、次の公開が楽しみです。







0809270534 会場では2009年都電カレンダーが売られていました。800円也。
オマケに6086の町屋駅前のポストカード、電車の顔のミニシール?、とえい棒(うまい棒)が付いてきました。











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

朝飯食べて映画鑑賞

阿佐ヶ谷北口のラピュタで国鉄労働組合が1977年に製作した映画「遠い一本の道」を上映しています。昭和のヒロイン特集の左幸子編で、この映画左さんが監督をされた作品です。
上映は毎日朝10時30分からの1回のみ、久しぶりのスクリーンでの映画鑑賞は朝食後の昼飯前でした。
080924122844 大体の場所は分かっていたのですが、ここで映画?と思わず悩んでしまう建物、迷っていたら入口にいたオバチャンに「映画?」と聞かれ「階段あがるとお姉さんがいるから、そこで切符買ってね」と教えてもらわなければ入口も分からなかったかも。











080924122823 1977年製作ですが、撮影は1975年までに行われているようで、全編にわたり蒸気機関車が登場します。舞台は追分!駅、機関区、官舎がふんだんに出てきます。
主人公は保線一筋の頑固者、トコショット節や軌道自転車での移動、土砂災害での緊急出動など保線屋ならではシーンは他では見られないものかも知れません。
蒸機の映像は、同時期撮影された廣田氏監修の「SLの詩」を思わせる美しい走行風景、タブレットキャッチ、9600の入換、並べられた動かぬ機関車・・・これだけでも見る価値があると思います。
ただ鉄の目で見ていると、30年前のシーンのはずがコンテナ車が後ろを通過したり、時間軸がブレてしまいます。(笑

上映は今週土曜日まで、異色の鉄道映画として一見をおすすめします。

080924090914 阿佐ヶ谷へ行く途中、駅近くの古い医院建築が残っていた和田医院の解体がまさに始まるところでした。
玄関横や2階に丸窓をもつこのような医院は家の近くにもありましたが、そちらは数年前に建て替えられました。
ここも前を通るたびに、そのうちきちんと記録しておかないと、と思いつつそのままになっていました。
携帯カメラで撮影できただけでも良しとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

どっこい生きてる

上野駅地平ホーム、かつては特急・急行が終日出入りし、その合間に近郊列車が発着する活気あると同時に行き止まり終着駅の独特のムードを持っていました。
今は特急は新幹線にうつり、常磐線の「ひたち」と数本の「草津・水上」と壊滅寸前の夜行列車に高崎・東北線の普通列車が日中は1時間に1本程度発着するだけとなっています。

そんな地平ホームの昼下がり、懐かしいものを見ました。

0809140271 13番線と14番線の間にある短い荷物ホームにターレットが台車を引いて現れ、荷物室代用のクハに新聞を積み込みます。
新聞輸送というと房総方面への両国駅からの113系は比較的知られていますが、上野駅地平ホームからも東北本線・高崎線へ続けられていました。

0809140276

東北本線583M、E231系とターレットの並びがホームで撮影できるとは・・・
ターレットは昔はガソリンエンジンの排気と音を盛大に出していたものですが、今はスタイルはあまり変らないものの電動式で驚くほど静かに走ります。
竹細工のヘビのおもちゃのようにくねくねと台車を何台も連ね、我が物顔に走っていたのとはえらい違いです。


0809140275 車内は幕で仕切られています。

積み込みが終わると昔と変らない放送が入りました。
「業務放送~トオヨンバン荷扱い終了~」






0809140277 となりの15番線では最後尾1両を締め切り扱いにした211系高崎線885Mが発車を待っています。








0809140278 1号車は乗車できるものの、ドアの開閉はしないので2号車から降りるように、と車内アナウンスがありました。

輸送する新聞は夕刊なので、夕刊が発行されない日曜・祝日・休刊日は荷扱いはありません。













0809140273 実はこんなのの公開があるので出かけたのですが、見学の列がかなり伸びていたのであっさり諦めました。
となりのホームのターレットにカメラを向けている人はいませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

東京交通短大学園祭

池袋の東京交通短大、というよりも昭和鉄道学園というほうが通じるかもしれません。今日、明日で学園祭を行っております。そこで短大に保存されている営団地下鉄丸の内線685号の車内公開があると聞き、午後からちょこっと行ってきました。
0809195403 事前予約制で15人づつ車内に案内されます。私が行ったときは約30分後の整理券がいただけましたので、その間模型運転会場などを見ていました。
Nゲージ主力なのですが、HOとなんと3線式Oゲージも走っていたのには驚きました。
こまめにレストアしているそうですが、大切に走らせてもらえる模型は幸せですね。

685号は建物と道路の狭い場所に置かれており、外観はぎりぎりこんな写真しか撮れませんでした。
0809195404 車内はきれいに清掃されており、広告も当時のまま残っています。授業での実習にも使われているそうです。
案内担当の学生さんから丸の内線の歴史、この車両が学園に来た所以など丁寧な解説がありました。






0809195432 校内の実習室にある各種部品、交通博物館にあった101系ドア部分モックアップやHO固定レイアウトの運転会も見学してきたのですが、そちらは撮影不可でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

山手線の車内広告

080915122824a電車内広告では最もお値段が高い山手線で思わずえぇ??と思ったのがこれ。
長万部の二股ラジウム温泉、なんであんな辺鄙な宿がこんなところに広告を??
経営者が変ったのでしょうか?
湯治効果がなければお代はいらないというのも太っ腹です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

本日の横浜線沿線

0809130181 この秋、横浜線は開業100周年を向かえ、いろいろな記念行事が行われます。
記念ヘッドマークも登場しましたが、かつて103系に誤乗防止用に付けられた「横浜線」の文字をイメージしたものです。残念ながら今日はマーク付きには出会えませんでした。
記念行事のひとつとして淵野辺駅南口の鹿沼公園に保存されているD52235が「相模原D52保存会」のボランティアの手で整備、再塗装されお披露目が本日行われました。

0809130195 午後からちょこっと行ってきました。
見事に精悍な黒い巨体が甦りました。
ロッド類も一旦塗装をはがされ油で磨きだされています。
普段は事務所に保管されているナンバープレートも取り付けられました。
キャブ見学が行われ、午前中は長蛇の列となる人気だったそうです。
エアーで汽笛吹鳴も行われたそうです。


0809130208 公園向かいの市立図書館では資料展示会が13日から15日まで行われています。
機関車は明日以降は通常の展示(見学時間9時~12時30分・13時30~16時30分)となりますが、お近くの方は合わせてお出かけになられてはいかがでしょうか。



0809130267 パンフレットも本格的なものが用意されていました。
記念行事はこの後23日に小机駅で模型運転会、車両展示、記念グッズ販売が行われる他、沿線各所でいろいろな企画が用意されています。
グッズの中には記念駅弁、記念パン、ヘッドマークミニレプリカなど気になるものがあるのですが、行列必至ですぐに売り切れてしまうんだろうなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

18きっぷ最後の一日その2

大井川鉄道の撮影は福用で101列車であっさり終わりにして金谷に戻り、一駅乗って島田へ。
0809100112 駅から北に徒歩10分ほどの中央公園に保存されているD51101を訪問。
上屋付きできれいな状態ですが、ランボード横にものものしくネットが張り出されています。
機関車に登るのを防止するための柵などはいろいろなところで見て来ましたが、これほど大掛かりなものは初めて見ました。
公園で子供がケガするというので遊具が撤去されている現実をみれば、このような機関車が今後増えてゆかないとも限りません。
テンダが汚れていますが、ボールの跡のようです。
0809100134 その後は東海道を2駅戻って藤枝へ、バスで10分少々、そこから徒歩5分ほどの藤枝市郷土博物館へ、前庭に静岡鉄道駿遠線唯一の保存車B15が展示されています。
戦時形の国鉄B20にも似たあまり面白味のないスタイルですが、博物館のシンボルとして大切にされています。
郷土博物館の館内には小規模ですが駿遠線の常設展示もあり、ロビーでは駿遠線のビデオも放映されていました。過去には駿遠線企画展も行われています。
0809100178 そのときの図録が販売されていたので購入、2冊で1500円也。意外なことに両方とも再版されています。博物館図録の再版というのは珍しいのではないでしょうか?
封筒と記念スタンプにもコッペルがあしらわれています。













0809100177 帰りは沼津で1本遅らせて駅弁を購入、二色まぐろ重980円也。
蓋をあけてからこれ以前買っていたかも・・・
漬けまぐろの揚げ物が2種類なので二色なのでしょう、味付けと素揚げでわさび醤油でいただくもの、私はあっさりした素揚げが好みでした。
でもこの名称だと刺身のお重かと間違えそうですね。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

18きっぷ最後の一日は大井川

夏の18きっぷも今日10日まで。ひさしぶりに大井川に行ってきました。たしか2002年11月に行って以来だったかと。C11190が入線してからご無沙汰でした。
0809109967新金谷に降り立つと駅の南方に道路橋が出来ていました。
機関区が見えそうだな、と思って行って見るとご覧の様子。
電柱などがうるさいですが、蒸機がたむろする大井川ならではの情景が見られました。
奥のC11190が本日の牽引機ですがこっちを向いています。とうことは逆向き?

0809109969 駅の様子はこのように見えます。
ホームの金谷方の先端は以前は木造だったのですが、コンクリになっていました。
















0809100096 稲穂が色ついていたら五和で撮ろうかとも考えていましたが、まだ青かったのでお手軽に福用のお立ち台に。
ここで逆機を撮影したのは初めてでした。
夏休みも終わった平日なので客車は3両、それでも新金谷の掲示板には本日満席と書かれておりました。



0809109928 新金谷と金谷の大井川鉄道駅舎ではSL弁当などが売られていますが、JRの金谷は国鉄時代から駅弁はありませんでした。(その昔は知りませんが)
それが金谷のKIOSKを覗いてみたらこんなお寿司を売っていました。
地元のお寿司屋さんの助六すし350円也。
ちょっと濃く甘め目のおいなりさんでした。
駅弁マークはないものの、駅ではなく駅前の店舗で売られるものも駅弁大会などに登場している昨今、これも駅弁に入れてよいのではないでしょうか。
ちなみに金谷駅のKIOSKは営業時間が限られていて、帰りがけには閉まっていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »