« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月25日 (木)

真岡鐵道クリスマストレイン

平日休みだと先日のラッセル試運転や甲種回送など撮影に出かけられますが、土日運転がほとんどの蒸気機関車はめったに見られません。まあ大井川鐵道に行けばいいのですが。
今年のクリスマスイブは休みと重なり、真岡鐵道のクリスマストレイン運転日だったので18きっぷで出かけました。
0812240916 てっきりヘッドマークが付くものと思っていたらノーマルでした。
なんでもロケが入ったため、前日はマーク付きだったのがこの日はマークなしになったとこのとこ。車内のクリスマス装飾も外したそうです。





0812240922 有名な寺内~真岡のこの場所に行くのも数年ぶり、新しい道路が出来ていましたがこの一角は雰囲気変っていませんね。

クリスマスにふらふら出歩いていると嫁さんのご機嫌の心配しなければならないので、帰りは撮らず、この1本だけでさっさと帰路につきました。



0812255679 下館の駅内コンビニでお茶を買ったらプルバックトレインコレクションなるオマケがついていました。
D51498、このような企画にも登場するJR東日本の顔でもある機関車です、故障が伝えられていますが無事復帰してほしいものです。





0812255678 大宮の乗り換え通路にパン屋さんがあったので朝の分を買いこみました。
列車パンなるものもあったので購入、フランスパン生地のカスタードクリーム入りで150円也。
車輪らしきものは分かりますが、上回りの造形はなんでしょう?

検索してみたら以前はもっと車両っぽい形でした。型が甘くなったのか、このときだけなのか、こんな不思議なカタチになったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

北区鉄道Viewマップ

0812240999東京都北区は東北本線、東北新幹線、埼京線、山手線、都電荒川線、北王子貨物線、地下には東京メトロ南北線が走り、要衝尾久、田端のヤードを区内に持っています。
そんな鉄道の街をアピールしようという目的でしょうか、北区地域振興部産業振興課が北区鉄道ViewマップなるA4版2つ折のパンフレットを発行しました。
区役所、王子駅横の北とぴあで配布されており、上記リンク先からたどるとpdfファイルでダウンロードも出来ます。
お役所の窓口時間に間に合ったのでいただいてきました。




0812241000 見開きには尾久・田端を中心とした鉄道の見所を紹介しています。
表紙は北王子専用線が使われていますが、地図には一言も触れられていないのは少々不親切な気がします。
またお隣荒川区の都電おもいで広場が紹介されているのに飛鳥山の保存車両は無視というのもどんなものでしょうか。



0812220857 その足であらかわ遊園地の都電6152がイルミネーションで飾られているというので見てきました。
日没から21時30分ころまで、休園日も点灯するそうで、来年2月半ばころまでの予定だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

大人の休日倶楽部パス2回目 3日目

0812180737さて残りの一日どこに行くか、冬至前で日が短いので行けるところは限られてきます。どうせならば18きっぷで行きにくいところということで信越線沿線の保存車訪問にしました。
あさまに乗車前に東京駅で例によって駅弁購入、しかし東京駅はエキナカショップが増えてお弁当も各種販売しています。駅弁マークはないものの、これみんな広義の駅弁にしたら大変な数になりますが、駅弁マニアの皆さんはどう考えているんだろう?
新幹線コンコースで前から気になっていた膳まい・崎陽軒の売店があったので覗いてみました。手堅くシウマイ弁当にしようかと思いましたが、特別弁当というのがあったのでこちらを購入、1050円也。
とにかくナリがデカイです。新幹線のテーブルをほぼ全面占領してしまいます。中身はシウマイ弁当のグレードアップ版といったところです。シウマイは大粒ですが3コなのでシウマイ目当ての方には通常のシウマイ弁当のほうがよろしいかと。
0812180749 行き先は最初丸子町のED25を見に行こうと時刻表を調べたら丸子町までのバスの便が少なくちょうど良い時間帯にありません。
それで軽井沢の小学校に保存されているED42を訪問することに。

機関車の向かい側には短いながらラックレールも展示されています。

0812180783 軽井沢からしなの鉄道で御代田へ。

駅の背後には雪の浅間山が残照に照らされていました。

0812180797 以前訪問した旧駅跡のD51787を再訪しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

大人の休日倶楽部パス2回目 2日目その2

0812170619大鰐駅のむりやり設置したような弘南鉄道北口を出て次の宿川原との間の川沿い区間で試運転列車を待ちました。
大鰐行電車と交換で案外早いスピードで通過してゆきました。
このときは日が出ていたのですが、この後途中の石川で後続電車に抜かれるころには雲が出てきて露出はどんどん落ちて、岩木山も見えなくなってしまいました。


0812170702 中央前橋から大鰐に戻る列車はそのままED221が牽引してきます。
2月にも撮影した津軽大沢を出たところのりんご畑の中で帰りの列車を待ちました。






0812170710 津軽大沢駅の地元PTAが設置したらしい看板。

最悪の場合はどこにいて何していても死ぬんじゃないかな・・・






0812170730 帰りは青森経由で、スーパー白鳥→はやての乗り継ぎです。
青森は乗り換え時間が20分ほどあったので久ぶりに改札の外に出ました。
まだ白鳥やつがるといった優等列車が出入りして長距離旅客のターミナルの片鱗が見られますが、新幹線開業後は一気にローカル駅に転落してしまうのかと思うと往時を知る者としては心寂しいものがあります。
結局中央弘前でタイヤキを食べてから何も食べられず、缶のコーンスープでごまかしてしたのでなにはともあれお弁当を購入、津軽海峡弁当1020円也。
蓋の裏側には青函トンネルの説明が書かれていますが、吉岡海底駅がそのままだったり、列車のイラストは快速「海峡」のようです。
0812170733 昼食抜きだったのでこれだけでは物足りず、八戸で乗り換えるときもいちご煮めし1150円也、八戸の地元業者吉田屋さんの最近出たもののようです。
うにの炊き込みご飯がおいしいお弁当でした。
いちご弁当といえば駅弁大会でおなじみの宮古のものが有名ですが、それと比較しても味、ボリュームとも申し分ないと思いました。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人の休日倶楽部パス2回目 2日目

12月17日の陸羽東線D51試運転に合わせて購入した大人の休日倶楽部パスですが、なんとD51が不調で試運転が中止になってしまいました。
まぁ東日本どこでも行けるきっぷだから、未乗区間がある三陸鉄道でも乗るか、天気がよさそうならば富山ライトレールの立山連山バックを撮りにゆくか、などと考えていたらちょうど弘南鉄道大鰐線でラッセルの試運転があるというニュースが届きました。
Img_5676s 午後から運転なので東京からでも日帰り可能、ということでさっそく朝一番の「はやて1号」と盛岡~弘前の高速バスヨーデル号のきっぷを押さえました。








0812170559 朝食はコンビニで買ったサンドイッチだったので少々もの足りなく、盛岡の駅内売店で焼さんま寿司を購入、450円也。
駅内販売品ですが駅弁マークはありません、スーパーのお惣菜売り場に並んでいるもののようにも見えますが、お値段も手ごろなのでよろしいかと。

盛岡付近は上天気で岩手山も頂上まですっきり見えました。
高速バス車窓から花輪線や小坂鉄道など探しながら弘前へ。

0812170562_2 大鰐線中央弘前へは歩いてもよかったのですが、駅前からタクシーで城北公園に寄り道してD51892を訪問。
露天なので雪に備えて厳重に梱包されていました。
以前ならばこの状態ではシャッターを押さなかったのですが、これも記録、それにフィルム残数を気にしなくてよいデジカメなので気楽に四方から撮影しました。


0812170579 中央弘前駅内にはタイヤキ屋さんが入っています。
銚子電鉄観音駅やかつての鹿島鉄道鉾田駅のような直営ではないようです。2月に来たときは早朝で買えなかったのですが、今回はあずきを購入、少々小ぶりで100円也。

中央弘前から大鰐までロケハン、途中の車庫のある津軽大沢からは試運転に立ち会う職員さんがヘルメット姿で数人乗車してきました。
0812170597 大鰐ではキ105がライトと点けて、ED221がパンタを上げて待機中、試運転はときに中止にもなるのでこの姿を見てほっとしました。

続きます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

大人の休日倶楽部パス2回目 一日目

大人の休日倶楽部パスは2008年度は年4回発行で、そのうち6月、12月は設定期間が長く、私の休みの水曜日が2回かかりました。(来年2月分の設定機関も延長されました。)
ちょうど陸羽東線でD51の試運転があるので、これに行くかときっぷを購入。
一日目は前回のスーパービュー踊り子同様、こういった機会でもないと乗らない列車ということで、たまたま13:05新宿発のきぬがわ5号が通常JR車のところスペーシアで運転されるのでこれに乗ろうと。しかしこの列車の場合大人の休日パスで乗れるのか、みどりの窓口で聞いたら乗車券として栗橋までは有効だが、特急券はJR区間だけで発券はできないとのことで全区間購入、東武の乗車券は車内で購入することになりました。
0812160485 時間があったので新宿に向かうスペーシアを新大久保で撮ろうと待ち構えていたら、見事に山手と併走、おまけにニイチャンが入ってきてしまった・・・

0812160493 例によって新宿で駅弁を購入して乗車、たしかこれはまだ買ったことなかったと30品目バランス弁当、850円也。

あっさり目の味付けのお弁当でした。

0812160497 栗橋の連絡線通過までがこの列車の注目どころ、後はうたた寝していたら気が付けば下今市手前でした。

下今市では駅弁屋さんの立ち売りがいるかなとホームを見渡しましたが昼食時間を過ぎていたためか見当たりませんでした。

0812160525 下今市から徒歩で25分ほどのけっこう漬け本舗に保存されている東武ED4011と貨車移動機を訪問、どちらも塗装がいささか痛んでいるのが気になりました。

0812160527 下今市駅に戻って日光行を待っていたら上りホームに浅草行が入線、弁当屋も立ち売りをしていました。

0812160541 帰りはJRで、日光駅は西の門司港と並ぶ名駅舎、東の正大関といったところでしょうか。

シャンデリアが見える2階では観光写真展が行われていました。門司港同様貴賓室もありますがこちらは現役のようで公開はされていませんでした。

0812160547 日光線を走る107系にはレトロ調の全面行き先板が掲示されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

今月の大人の休日倶楽部パス3日目その2

スーパービュー踊り子を終点まで乗らず伊豆高原で降りたのは、ひょっとしてクモハ103が見られるかと期待してだったのですが、先の画像のように奥に入ってしまっていて残念、と思っていたらスルスルと動き始めました。
0812110424 伊東方パンタ側のお顔も見られました。
構内を一往復してパンタを降ろしてしまいました、その時間5分ほど。
これはなんとも運の良いことでした。







0812110441 きっぷは伊豆急下田まで乗れるので久しぶりに乗ってきました。35年ぶりくらい?
車内で食べたしらす弁当が軽かったので小腹が減ってきました。
伊豆高原駅売店で駅弁を売っていたので「とろ金目鯛の塩焼き弁当」を購入、1000円也。
製造、販売は伊豆急の子会社の伊豆急物産、伊豆急主要駅での駅弁販売は昔から行われていたのでしょうか、私鉄の駅弁は話題になることも少ないのでノーマークでしたが、キンメ好きの私には嬉しいお弁当でした。脂の乗った塩焼きはとろ金目の名にふさわしいお味、ここまでくると焼きたてをいただきたいという無いものねだりをしたくなります。
NREの鉄子弁当東海編でメインのおかずがキンメというので期待して落胆したのを、ここで取り戻せた気分でした。
0812110447_2 終点伊豆急下田駅には100系電車の車輪がモニュメントとして展示されていました。
ハワイアンブルーのこの電車がいかに現場でも愛されていたかを示しているようです。















0812110457 帰路はすっかり日が落ちて海上には丸いお月様。
稲取のあたりの海岸線沿いで、写るかどうか分からないままシャッターを切ってみました。
それなりに写ってしまうのが昨今のデジカメの凄いところです。














0812110463 帰りは伊東で乗り換え、伊東に来たらこの稲荷寿司は外せません。570円也。
ふわっと柔らかくほんのり甘い極上の稲荷寿司です。
豊橋の壺屋と伊東の祗園、どちらが美味いかなんて甲乙つけられません、どちらも美味い!
恐らく戦前から販売されている駅弁でしょう、温泉準急などの車内でも大いに食べられていた伝統の逸品、いつまでもこの味を守ってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

今月の大人の休日倶楽部パス 3日目

0812110395さて3日目、せっかくJR東の特急列車指定席に乗れるのですからこういう機会でもないと乗らない列車、スーパービュー踊り子に乗ってきました。
JR東の特急車両はほとんど乗車しているつもりですが、251系は未乗でした。
出発前に運転士さんが前面ガラスに洗剤をかけて清掃しています。



0812110399 東京駅で駅弁を購入、大船軒のしらす弁当850円也を迷わず選びました。
湘南名物のしらすがご飯に乗ったシンプルですがあっさりとした美味しいお弁当でした。
ちょっと量が少ないのですが、最近出たもののようで新たな名物弁当になって欲しいものです。



0812110403 後部展望席はフリースペースかと思っていましたが今は全部普通の指定席なんですね。
通路に座り込んでは長居できないので戸塚のトンネルのあたりで数コマ撮影して自席へ戻りました。





0812110412 伊豆高原で下車、ホームから車庫を見渡すと奥のほうに入換車となったクモハ103が見えます。

続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

今月の大人の休日倶楽部パス2日目

0812090150仙台から新幹線で東京へ、一旦自宅に戻り今度は能登に乗るため上野へ。
入線してからヘッドマークの交換をしていました。
上野方は連結器カバーがないので下に降りるのですね。
今度はこの画像TOPにもってこようか?

6回まで指定が取れるので能登も指定席にしたのですが、2号車はわずか4人、おとなりレディースカーの1号車は外から見た限りで10人ほど、自由席も各車10人程度しか並んでいなかったので全部で100人も乗ってなかったように思えます。
0812100206 長岡でのスイッチバックも気が付かないまま起きたらすでに倶利伽羅峠を越えていました。
金沢からまずは3駅先の松任へ、駅前に保存されているD51822を訪問。
駅前だけに昼間は機関車の回りに自転車が停められているとのことで朝一番に行きました。
そこから西金沢へ戻り北陸鉄道へ、未乗だった西金沢~野町と鶴来~加賀一の宮の乗りつぶしです。

0812100279 野町では駅舎や電車の写真撮ってすぐ折り返すのでその手の人と分かったのでしょう。加賀一の宮までの乗車券を自販機で買おうとしたら、駅員さんが「今日一日乗るの?往復乗るならば一日乗車券のほうがお徳だよ」と声をかけてくれました。
予定では完全に往復するわけではなかったのですがせっかくなので一日券を購入、1000円也。ちなみに野町~加賀一の宮は500円です。
鶴来~加賀一の宮は先日廃止が発表されました。風格ある木造駅舎で白山神社の最寄り駅ですが初詣輸送も今回で最後です。
0812100295 鶴来に戻りタクシーで旧能美線辰口温泉駅に程近い能美市立博物館へ。
旧能美線をトレースするバスはすでになくなっていました。鶴来は広域合併で白山市、能美線沿線は能美市となったのもその理由かと。鶴来駅裏手の手取川対岸には能美市コミュニティバスの路線もあるのですが・・
博物館横の小グランドに屋根付きでモハ3751が美しい状態で展示されていました。

ここからかつての能美線の始発駅寺井へは能美市コミュニティバスが使えます。が、博物館の事務所で乗り場と時刻を聞いたら3人がかりで調べてけっこう時間がかかりました。

バス利用でこの博物館に来る人なんていないのでしょうね、教えてもらったところよりも近いバス停もあったし・・・

0812100319 コミュニティバスは運転手さんが「ぐるぐる回ってゆくから時間かかるよ」と言われたとおり、病院、老人福祉施設、市役所などを巡回するようなコースでしたが、全線乗っても100円という破格の運賃でした。

寺井で上り列車を待っていたらやってきたのはこの編成。

この時代の国鉄カラーは落ち着きがあってよいですね、スソの60Hz表示帯0812100325 なんて小粋ではないですか。関東者には憧れでしたねぇ。

次は加賀温泉からかつての河南線をバスでたどり山中温泉へ、ゆけむり健康村に里帰り保存された北陸鉄道→大井川鉄道のアルミ車6011+6061「しらさぎ」を訪問。

大井川時代のすこしくたびれたままで展示されていました。

0812100364 加賀温泉に戻り一駅乗って大聖寺へ。駅から徒歩10分ほどの遊覧船乗り場に待合室として使われている北陸鉄道モハ3751ですが、電車の前が販売コーナーになっていてこんな様子でした。

時間はそろそろ15時半、日が傾いてきたのでここで保存車訪問も終わりにしました。

0812030384 金沢からはくたかで戻るのですが、その前の北越に乗れたので高岡まで先行して万葉線を表敬訪問。

駅から出たところで低床車が発車したところ、次の電車はコカコーラの広告電車でした。

中天にかかる月を入れて1枚。

高岡駅で夕食用のお弁当を仕入れてはくたかで帰京しました。

0812100393 富山駅と同じ源の売店がありましたが、残っているのはますのすしばかり。

ますのすしは決してきらいではないのですが、車内で食べるには笹をむいたりカットしたりいささか面倒なので、一つだけ残っていたずわいかに寿司弁当を購入1000円也。

ということで2日目終了でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

今月の大人の休日倶楽部パス

九州夜行日帰りレポを書いているうちに大人の休日倶楽部パスの期間、はたまた青春18きっぷの時期となりました。
昨日のEF55は18きっぷの一日目でした。
0812090002 さて大人の休日倶楽部パスでまずは仙台へ、大宮で駅弁を買ってやまびこに乗り込みました。
選んだのはNREの「鉄子の旅プロデュース 日本縦断弁当 あじわい西日本編」1000円也。
このシリーズ、北海道、東日本、東海ときてしばらく出ていなかったので終了したのかなとも思っていました。
毎回作者のキクチさんのミニマンガがついてくるのですが、そこで今回のメインのおかずはサワラの昆布〆とあるのですが、この画像みてどれだか分かりますか?
黒いケースに入っているのがそれですが、メインとうたう割にはサイズは小さめ、1辺2cmほどの切り身が2切れ、これじゃまるでミニサンプルだよ。お味は良いのですが。
前回東海編のキンメも小さかったなぁ、いろいろおかずを楽しむ幕の内だからこれでも良いのでしょうか。
ところでキクチさん、鉄子以来作品を発表されていないようですが休筆しているのかな?
0812090024 やまびこを仙台で降り、今回の目的地利府の新幹線仙台基地。
ここの一角には新幹線試作車、蒸気機関車、東北で活躍した交流電気機関車が全部で15両も保存されています。
交流機は以前福島機関区で保管されていた1号機たち、蒸気機関車は仙台市内のガス局に保存されていたD51、C58、C11です。
こんな施設を作るのならばなんでJR東の敷地内に保存していたC611をあっさり解体したのかと・・・
電気機関車は利府駅に留置中はファンのボランティア団体が整備されていましたが今はどうなっているのでしょうか。蒸気機関車、新幹線とも手入れがされていないようで痛みが目立ったのは残念でした。
0812090124 車両基地の建物内にはPRコーナーもあり予定していた見学時間をオーバーしてしまいました。日の短いこの時期、次の目的地利府駅の反対側にある公園のC58とED91のところに着いたときはもう薄暗くなっていました。
三脚は持っていないので柵や遊具にカメラを押し当ててスローシャッターで撮影。



0812090137 仙台駅に戻ったらちょうどこんなのが入線してきました。
0系が走り去った今、この200系国鉄復刻塗装が人気を集めるのでしょうか。







0812090142 夕食はまた駅弁になりました。
こばやしの「ソースかつ重」600円というお値段に惹かれて購入。
かつが少々固めでしたが濃厚ソースがよく合うお弁当でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

さよならEF55

0812130470この手のイベント列車にはとんとご無沙汰なのですが、これだけはやはり無視できません。ヘッドマークが付こうが12系だろうがそんなことはとやかく言いません。
EF55は高崎で半ば放置状態になっているころ見ていました。
そのときはまさかこれが復活するなど想像もできませんでした。
国鉄解体を控えた高崎機関区と大宮工場の意地でしょうか、復活後の運転に3軸ボギーのスエ78を引き連れて登場したのにも、今のように事前に情報があふれていたわけではないので非常に驚き高崎の鉄道マンの心意気に感激したものです。
ばんえつ物語用編成の先頭に立つのはこれがはじめてでしょうか、少々遅れ気味ながらゆっくりと通過してゆきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はやぶさで九州へ その6

0812039971志井公園から日田彦山線の小倉行きに乗車、日豊本線と合流する城野ではとなりのホームの日豊線電車が先に発車というので乗り換えて西小倉で下車、徒歩10分ほどの小倉城向かい勝山公園に保存されているEF301とオハフ33488を訪問。
門司港の九州鉄道記念館に展示されていてもおかしくない機関車ですが、場所が狭いので選に漏れてしまったのでしょうか。

0812039985 だいぶ日が傾いたころ、今回のメインの訪問先門司港に到着、ホーム端には0哩記念碑、腕木信号機、ポイント転換テコ、8620の動輪などが展示されています。






0812039988 門司港一帯は門司港駅舎を中心にレトロを観光テーマにしています。
駅員さんも明治調でお出迎え。
















0812030002 駅を出て九州鉄道記念館に向かう途中、休止中の臨港線ではネコがひなたぼっこしていました。

















0812030008 九州鉄道記念館もついこの間開館したような気がしますが、もう5年目なんですね。
さすがに12月の平日の午後ではガラガラでした。






0812030095 大宮の鉄道博物館では整理券があっという間になくなってしまうミニ列車もすぐに乗れました。
案内のお姉さんも手持ち無沙汰のようで、運転している車両の種類などいろいろ説明してくれました。
私はこのソニックに乗ったのですが、ソニックやつばめは流線型のため運転席が狭く、大人の方はゆふいんの森や813系などがお勧めです、とのことです。












0812030139 17時の閉館近くまでいて、その後は門司港駅の反対側、海沿いの海峡ドラマシップの復元車、九州電軌3号を見に行きました。
昔の街並みをレリーフ状に復元したコーナーの中心に電車が顔を出しています。
車体の後半は鏡です。
運転台機器などもきちんと再現されており、レプリカと言われなければちょっと分からない素晴らしい出来です。

0812030164_2 駅に戻ってきたころには日が落ちて中天には三日月がかかっていました。

















0812030171 電車の時間まで公開されている2階の貴賓室など見学、窓ガラスにレンズを押し付けて撮影。

百閒大先生ではありませんが、行ってしまえば帰りは用もないのでとっとと帰路に、ということで北九州空港に向かいました。

実は今回の旅行、北九州~羽田の格安のエアチケットが購入できたから実行したのですが、最後にオチがつきました。
電車が少々遅れて空港行バスの出る朽網駅に着いたらバスの姿はすでになし・・・
他に待っている人はいないし、タクシーもいないで、非常に心細い思いをしました。
5分ほど待っていたらタクシーが来たので乗り込みましたが、運転手さんも駅に全くタクシーがいないというのはこの時間では珍しい、と言われてました。
結局タクシー代で格安券の有難味はだいぶ薄れてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

はやぶさで九州へ その5

0812039896スペースワールドから次は小倉へ。ここで乗った電車は筑豊本線からの直通だったのですが2連だったのにはちょっと驚きました。
小倉駅でも0系引退記念復刻弁当というのを売っていましたが、さすがにこれはパスしました。
小倉駅は改札口を抜けるとコンコース上方にモノレールが停車中、駅ビルから直角に突き刺ささるように発着するモノレールはまさに21世紀の駅風景。

0812039927 この路線は未乗だったので終点の企救丘(一発変換しました)まで乗車。この駅名(きくがおか)、難読駅といってもよいかと。
モノレールの塗装は以前は青だけのようでしたが、今は帯の色が何種類かありました。
ここから数百mで日田彦山線の志井公園駅です。


0812039931_2 企救丘駅から志井公園駅の間にはモノレール基地が広がっています。
こんな車両もいました。
左のやつはハコだけみればフリーランスの小型電気機関車模型にありそうなスタイルです。
この角度からは分かりにくいですが、車両の左側には小型のトラバーサーになっています。












0812039935 志井公園駅向かいのスポーツ施設の駐車場に保存されている北九州市内線148号。
もとはこの建物は北九州市立交通科学館でしたが2004年3月に閉館、この電車とともに保存されていたDD11は解体されたとのことです。




0812039948 志井公園に到着する日田彦山線小倉行き。
志井公園から北はほとんど宅地化されていますが、かつて鉄道ファン誌に門司のD51撮影ガイドとして紹介された志井駅付近はまだ当時の「志井の里」の雰囲気を残しているようです。

続きます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

はやぶさで九州へ その4

0812039834博多南線を往復して博多駅で売店を覗いたらまたまたこんな駅弁が売っていました。
昼は折尾のかしわめしでも、と考えていたのですが、2食続けて幕の内になりました。
ジェイアールサービスネットの0系記念弁当1200円也。
ご飯の下段は鶏飯です、これも明太子が入っていました。
小さいながらも豚角煮、子持ちイカなども他では幕の内には見かけないおかずです。左中段の黄色いものはあわかんというお菓子です。
博多から北九州に向かう快速の車中で食べましたが、転換クロスとはいえ完全な都市近郊路線なので、駅弁を開くのはいささか気恥ずかしいものが・・・
0812039839d445
八幡の手前で側線にいたDL、八幡製鉄専用線の機関車で独特の書体のD445というナンバーをつけています。







0812039852 スペースワールドで下車、駅出口と道路を挟んだ八幡製鉄工場に保存されている370号機を撮影。
フェンスの上からノーファインダーで撮影、こういうときデジカメは即画像を確認でき、何コマでも撮り直せるので助かります。




0812039878 駅から徒歩5分ほどの東田第一高炉史跡公園へ。
ここには八幡製鉄専用線の電気機関車E601と銑鉄を転炉へと運ぶトーピード・カーが保存されています。
この電気機関車、軸重20t級という知られざる大型機です。

続きます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

はやぶさで九州へ その3

0812039786門司を出ると次の停車駅は下車駅の博多、なんですが途中駅で停車しました。
列車は山陽本線内で少々遅れていましたからその影響かなと思っていたら、後から来たかもめに抜かされました。運転停車だったのですね、そういえば九州内では特急が特急を抜くんだったなと思い出しましたが、これまた複雑な気分です。

本州内の遅れは下関、門司で取り返したようで、博多到着前に定時で運転中との車内放送が入りました。

ED76 66は帰りのはやぶさも受け持つのでこちら側にもヘッドマークが付いていました。
九州特急のヘッドマークデザインは、いや寝台特急全般といっていいでしょうがオリジナルはどれも上品で素晴らしいと思います。


0812039792 博多に定時到着。










0812039794 博多駅に寝台車が出入りするのもあと数ヶ月・・・


















0812039799 JR九州の職員さんの帽子は今でも筒形のドゴール帽なんですね。
熊本に向けて出発してゆくはやぶさを見送って新幹線ホームへ。
JRの未乗3路線のひとつ、博多南線を乗り潰します。
ちなみにあと2つは宮崎空港線と九州新幹線、こちらはいつになるやら・・・



0812039804 博多~博多南は一応新幹線なので特定特急券100円が必要、それと福岡市内から外れるので福岡市内行の切符ではだめで乗車券も購入、190円。
後で地図を見たら博多南駅は春日市と那珂川町のまさに境で、駅舎は春日市、駅前広場は那珂川町、さらに北500mほどで福岡市南区でした。



0812039809 乗車したのは100系の4連。
0系が引退し、500系の山陽区間転用、300系も東海道では引退近しとなるとこの100系の将来もあまり長くないのかもしれません。






0812039819 博多南駅は新幹線博多基地に隣接しているわけですが、こんな珍しいモノが見られました。
DD13を改軌した912が700系レールスターの入換をしていました。
動いている912も700系が連結器出しているのも初めて見ました。

続きます。















| | コメント (0) | トラックバック (0)

はやぶさで九州へ その2

0812039754徳山から車内販売が乗車して、1号車から販売をしてゆくとの案内放送が入りました。
ここで調達できないと次は下関の売店となってしまいます。
私は4号車だったので大丈夫だろうと思っていたのですが、何人も後方から買出しにゆく人が通路を通ります。
放送があってからかなりしてからやっとワゴンがやってきました。
朝なのでコーヒーとサンドイッチにしておくつもりが、こんなお弁当積んでいたのでいきなり幕の内は辛いと思いつつ購入、1050円也。
のりまき弁当の名のとおり俵ご飯の半分が海苔巻になっているのが変っています。
おかずは普通の幕の内ですが、生の明太子(右側の真ん中)がご当地風でしょうか。
0812039755
その新幹線0系ですが、新下関に訓練車がいるとは聞いていたのですが、在来線から見えるとは思いませんでした。
気が付いてからカメラ出したのでなんとか見えるくらいにしか写っていませんが。





0812039761 下関では機関車交換を撮ろうと前方へ移動、なんとなく先頭はカニだと思い込んでいたので貫通路ごしに機関車が見えたのには一瞬あれ?と思ってしまいました。
考えてみれば分割するのだから14系使っているのですよね。
14系というとさくらしか思う浮かばないもんで。


0812039762 この複合ヘッドマーク、撮るもの実物見るのも初めてでした。
1レを名乗る富士が上に来るんですね。

しかし伝統ある1列車があっけなく消えてしまうのも時代の流れと言ってしまえばそれまでですが、なんとかならんもんかと今さらながら思います。



0812039779 交換したEF81はヘッドマークなし、平日なのに交換シーンには10人以上カメラを向けていました。

EF81なのでこのまま熊本まで行くのだろうと思い込んで少々遅れていたこともあって門司ではホームに出ませんでした。がここでも機関車換えるんですね。
こんなことも知らなかったとはカニのことといい、鉄道ファン失格ですね。(苦笑

続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

はやぶさで九州へ その1

0812025646東京発の九州特急ブルートレイン、かつては夕方から続々と西に向かって発車していったのですが、寝台列車衰退の時代になり今や「富士・はやぶさ」の1本のみ、それも来年3月廃止が決定・・・

なくなるものを追いかけるのは鉄道ファンの宿命みたいなものですが、3月の銀河、つい先日の0系のように人が集まりすぎるのはどうも苦手なので、今のうちにと思い寝台券をとりました。
新幹線0系の定期運用もなくなったので静かになっているだろうと12月になるのを待ってのお出かけです。
0812029732 東京駅ホームで発車を待つ寝台特急の姿が見られるのもあとわずか。

思い返してみると、寝台特急を東京から乗ったのは何度もありません。それも瀬戸とか、あさかぜを小郡までとか、九州入りに使ったのは名古屋から乗車とかで、始発から九州まで乗り通すのは実は今回が2度目でした。











0812029740 発車はまだ宵の口の18:02、18時ジャスト発でないところが現在の寝台特急の姿を象徴しているようです。

東京を出発する列車を見送ってきた東京タワー、九州特急と同じ年に誕生、50年目を迎えました。
こちらも数年後には新タワーに主要な仕事は移行します。


0812029743 一昔前ならばここで食堂車に行くのですが、今や車内販売も明朝までありません。
東京駅で買い込んだ「信州おやこ味弁当」900円也。
長野駅で駅弁を長く販売していたナカジマ会館廃業の後を受けて参入した吉美の新作弁当のようで、ネットで調べたら現地ではまだ販売していない東京駅限定とか?
ピリ辛風味のチャーハンはちょっと箸では食べにくいですがお味はなかなか、半熟味付けタマゴも美味でした。
0812039745 乗車前は退屈をもてあますかとも思っていましたが、適当に寝ころんで本読んでいるうち寝込んでしまいました。やはり寝台車は楽です。

戸田のあたりでちょうど朝日が昇ってきました。

続きます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州鉄道記念館に行ってきた

0812030180_2 売店で購入したオミヤゲ。
左のカマボコは250円、まぐろソーセージ、いわしソーセージは各210円也。

そのほかのレポは後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »