« 今月の大人の休日倶楽部パス | トップページ | 今月の大人の休日倶楽部パス 3日目 »

2008年12月15日 (月)

今月の大人の休日倶楽部パス2日目

0812090150仙台から新幹線で東京へ、一旦自宅に戻り今度は能登に乗るため上野へ。
入線してからヘッドマークの交換をしていました。
上野方は連結器カバーがないので下に降りるのですね。
今度はこの画像TOPにもってこようか?

6回まで指定が取れるので能登も指定席にしたのですが、2号車はわずか4人、おとなりレディースカーの1号車は外から見た限りで10人ほど、自由席も各車10人程度しか並んでいなかったので全部で100人も乗ってなかったように思えます。
0812100206 長岡でのスイッチバックも気が付かないまま起きたらすでに倶利伽羅峠を越えていました。
金沢からまずは3駅先の松任へ、駅前に保存されているD51822を訪問。
駅前だけに昼間は機関車の回りに自転車が停められているとのことで朝一番に行きました。
そこから西金沢へ戻り北陸鉄道へ、未乗だった西金沢~野町と鶴来~加賀一の宮の乗りつぶしです。

0812100279 野町では駅舎や電車の写真撮ってすぐ折り返すのでその手の人と分かったのでしょう。加賀一の宮までの乗車券を自販機で買おうとしたら、駅員さんが「今日一日乗るの?往復乗るならば一日乗車券のほうがお徳だよ」と声をかけてくれました。
予定では完全に往復するわけではなかったのですがせっかくなので一日券を購入、1000円也。ちなみに野町~加賀一の宮は500円です。
鶴来~加賀一の宮は先日廃止が発表されました。風格ある木造駅舎で白山神社の最寄り駅ですが初詣輸送も今回で最後です。
0812100295 鶴来に戻りタクシーで旧能美線辰口温泉駅に程近い能美市立博物館へ。
旧能美線をトレースするバスはすでになくなっていました。鶴来は広域合併で白山市、能美線沿線は能美市となったのもその理由かと。鶴来駅裏手の手取川対岸には能美市コミュニティバスの路線もあるのですが・・
博物館横の小グランドに屋根付きでモハ3751が美しい状態で展示されていました。

ここからかつての能美線の始発駅寺井へは能美市コミュニティバスが使えます。が、博物館の事務所で乗り場と時刻を聞いたら3人がかりで調べてけっこう時間がかかりました。

バス利用でこの博物館に来る人なんていないのでしょうね、教えてもらったところよりも近いバス停もあったし・・・

0812100319 コミュニティバスは運転手さんが「ぐるぐる回ってゆくから時間かかるよ」と言われたとおり、病院、老人福祉施設、市役所などを巡回するようなコースでしたが、全線乗っても100円という破格の運賃でした。

寺井で上り列車を待っていたらやってきたのはこの編成。

この時代の国鉄カラーは落ち着きがあってよいですね、スソの60Hz表示帯0812100325 なんて小粋ではないですか。関東者には憧れでしたねぇ。

次は加賀温泉からかつての河南線をバスでたどり山中温泉へ、ゆけむり健康村に里帰り保存された北陸鉄道→大井川鉄道のアルミ車6011+6061「しらさぎ」を訪問。

大井川時代のすこしくたびれたままで展示されていました。

0812100364 加賀温泉に戻り一駅乗って大聖寺へ。駅から徒歩10分ほどの遊覧船乗り場に待合室として使われている北陸鉄道モハ3751ですが、電車の前が販売コーナーになっていてこんな様子でした。

時間はそろそろ15時半、日が傾いてきたのでここで保存車訪問も終わりにしました。

0812030384 金沢からはくたかで戻るのですが、その前の北越に乗れたので高岡まで先行して万葉線を表敬訪問。

駅から出たところで低床車が発車したところ、次の電車はコカコーラの広告電車でした。

中天にかかる月を入れて1枚。

高岡駅で夕食用のお弁当を仕入れてはくたかで帰京しました。

0812100393 富山駅と同じ源の売店がありましたが、残っているのはますのすしばかり。

ますのすしは決してきらいではないのですが、車内で食べるには笹をむいたりカットしたりいささか面倒なので、一つだけ残っていたずわいかに寿司弁当を購入1000円也。

ということで2日目終了でした。

|

« 今月の大人の休日倶楽部パス | トップページ | 今月の大人の休日倶楽部パス 3日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今月の大人の休日倶楽部パス2日目:

« 今月の大人の休日倶楽部パス | トップページ | 今月の大人の休日倶楽部パス 3日目 »