« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月24日 (土)

団地商店街の電車

0901245738 松戸市小金原団地商店街入口の「駄菓子屋ダイチャン」に行ってきました。
バス通りから商店街に入る入口にいきなり建物の一部に電車がはめこまれています。
日立電鉄モハ1003のカットボディ、よくもまぁこんな普通の建物の一角に入れられたものです。
駄菓子屋としての営業は土曜日のみの13時から17時まで、それ以後は居酒屋になるようです。
お店のご主人に声をかけて店内も撮らせていただきました。
09012457510901245755
狭い店内は子供たちでいっぱい、昔と変らない10円からの駄菓子やおもちゃがたくさん並べれています。
画像の電車かばんなど商品ではなくディスプレイになっているものもあり、ほかにも昔のポスター、看板などじっくり見れば面白そうなのですが、ここは子供の溜まり場、オヤジは適当なところで失礼しました。



北小金か八柱からバス、最寄バス停は「バス案内所」という停留所名らしからぬ名前です。
普通は車庫前と名乗るところなのでしょうが。
北小金からのバスは「ハワイ通り」とか「たいわんふう通り」といった不思議な通りを経由します。
子供たちにまじってお菓子を買ってきました。
黒谷商店の電車菓子、新作らしいものが0901245760あったので2コだけ購入、20円×2也。
583系とE3系ですが、583系はJNRマークも付いていますがなぜかシートはロマンスシートです。(笑
このほか700系などもありましたが、なんと中間車もラインナップされていました。16両そろえても320円!

0901245757 帰りはバスで八柱へ出て、新京成で前から気になっていた初富駅に降りてきました。

ここはもうじき高架工事がはじまるのですが、そのため入口は改装されたようですが駅舎、ホームはかつての雰囲気を残しています。

新京成の駅で構内踏み切りが残っているのはここだけではないしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

京王駅弁大会最終日

昨日は京王駅弁大会最終日、相変わらず会場は人でいっぱい、輸送ものの人気弁当は早々に売り切れでした。
09015741 前回も買おうかちょっと迷った鯖めはり寿司が2コ残っていたので購入950円也。
学生時代新宮の駅弁でめはり寿司を食べてこれは美味い駅弁だと思い、その後も駅弁大会でみかけると購入していたのですが、どうも最初の感激はありません。
昔の記憶は美化されているんだろうと思っていましたが、最初に食べたのは新宮のもの、その後駅弁大会で買ったのは和歌山のもので実は業者が違っていました。
今年の駅弁大会にも和歌山の水了軒のめはり寿司とこの新宮の丸新の鯖めはり寿司が並んでいました。
鯖寿司も好物なのでこれは私にとって実にうれしい駅弁です。めはりというには一切れが小さいのとカットされているために高菜がその分少ないのがちょっと残念が気もしますが、おいしいお寿司でした。これを買いに南紀まで行きたくなりました。
09015738a こちらは嫁さん用に購入した鳥栖駅中央件の肉めし1000円也、中身よりもかけ紙が気に入って選びました。
ご飯はカレー味というのも変っています。
嫁さんは駅弁に関しては辛口の評価をするのですが、これはお肉もたくさんあって良かったとのこと。
付け合せのピンク色のものはラッキョウかと思ったらミニタマネギでした。
カレー味ご飯ともども食べていてあれ?と思わせるお弁当です。

09015742 もうひとつ広島の瀬戸の牡蠣めしも購入1000円也。これは実演コーナーで買ったのですが、向いのブースが大行列の厚岸の氏家のかきめし、こちらは行列もなくオバチャンが呼び込みしていたのでつい手がでました。
最終日なので「また来年もよろしく」とお釣りを渡してくれました。
厚岸のかきめしはたしかにおいしいですが、この広島の牡蠣めしも大粒の身の良いお弁当です。
むしろ駅弁としての実態のないものよりもこちらのほうが「正しい駅弁」と思うのは判官贔屓かもしれませんが。
ところでこの駅弁、パッケージをラップで包んであり、そこに商品名、原料、価格などのラベルが貼ってあります。大きいラベルがなくパッケージがきれいに残せるのですが、購入日、価格などが後で分からなくなるので一長一短かなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

18きっぷで伊賀鉄道へ その2

0901141610さて伊賀鉄道といえばなんといってもこの上野市駅舎、三角屋根の私鉄らしい実に味わい深い建物です。
















0901141615 この時期に伊賀鉄道を訪問しようと思ったのは1月11日に鉄道コレクション限定版が発売、というのが理由だったのですが、売り切れでした。
駅員さんに聞いたら発売当日に全部売れてしまったとか。














0901141643 ほかになにか面白いものはないかと見回していたら「タブレットのたま かたやき」なるものを見つけました。
1種丸から4種楕円までタマをかたどったお菓子です。800円也。
かたやきとは伊賀上野の郷土菓子で和風クッキーといった焼菓子ですが、その名の通り恐ろしく堅く、説明書には細かく割り分けて口に含んで舐めるようにお召し上がりください、とあります。
伊賀上野のお菓子屋さん桔梗屋織居さんの製造、販売は伊賀鉄道となっています。
お味はさっぱりとして、日本茶にもコーヒー、紅茶にも合いそうです。
硬く割れにくいのでお土産にもよろしいかと。実際かばんのなかに詰め込んで帰ってきましたが4枚とも割れていませんでした。
0901141662 次の電車で伊賀神戸へ、予定よりも2本早い電車に乗れたので近鉄の未乗路線鈴鹿線に向かいました。
伊賀神戸で中川方面行を待っていると伊勢志摩ライナーが到着、この車両が乙特急のスジに入っているのはちょっと意外でした。
発車したところで折りよくアーバンライナーネクストと並びました。


0901145744
伊賀神戸ではスルっとKANSAIを持っていたのでつい自動改札に入れてしまいましたが、これが使えるのは青山町までだったんですね。
鈴鹿線の平田町で現金で精算するはめになってしまいました。
これ処理するためにもまたそのうち関西に行かなくては・・・



0901141690 鈴鹿線を往復して、四日市に向かう途中、塩浜でこんなのが見えたので途中下車、この後湯ノ山温泉往復後四日市から名古屋までは特急をおごりました。
というのも静岡から「ながら」送り込みの373系の列車に間に合わせるには特急にのるしかなかったので・・・




0901145746 名古屋からは豊橋、浜松と乗り換えて静岡へ、豊橋では毎度のごとく壺屋さんで夕食用の駅弁を購入、まだ食べたことのない「三河路花の味めぐり」を購入、900円也。
上幕の内ですね、おかずにお稲荷さんの皮のあげが入っていたのが嬉しいです。

18きっぷで東海道を帰ってくるとき、なるべく静岡から「ながら」送り込みの373系仕用の列車に乗るようにしています。
この列車以外はロングシートなので駅弁を広げるにはいささか抵抗がありますので。
3月のダイヤ改正で「ながら」が季節列車になると送り込み列車に373系が使われることもなくなるでしょうから、食事をいつとるかの心配をしなくちゃならなくなるなぁ。

0901141723 東京に着いたところでこの風景ももうじき過去のものとなるので1枚撮っておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

18きっぷで伊賀鉄道へ

090114148418きっぷ最後の1枚で今週も「ながら」で西へ。
名古屋から関西本線で亀山へ、まずは駅から徒歩10分ほどの亀山城址に保存のC58359を訪問。
ペンキ厚塗り気味ですがきれいな状態でした。




0901141515 一駅のって関へ、駅から15分ほどの関ロッジ第2駐車場のC50154、小山で長く活躍して最後は亀山に移ったラストナンバーです。
蒸気機関車の動態保存計画が発表されたときリストに載った機関車ですが、その後C612と差し替えられてしまったという地味なC50ならではのエピソートがあります。
注連飾りをつけて手入れも行き届いた状態でした。

0901141531 C50が展示されている場所の上手の本館横にはナハネ202237が宿泊施設として現役で使われています。
この手の寝台車利用ホテルは残っているのはここと小岩井牧場くらいではないでしょうか。

追記、小岩井牧場のSLホテルは昨年11月で営業を終了していました。ちょうど入れ代りのように九州の阿久根で24系寝台車を使った宿泊施設がオープンしたそうです。





0901141542 関の旧東海道の歴史的街並み。
あまり観光客向けの商店は少なくほとんど民家でした。








090114095112s 関から加太を越えて柘植へ。峠にかかるあたりから山は雪、トンネルを抜けるとうっすらと積もっていました。
柘植駅から直線距離で1kmほどの余野公園にD51831が保存されているのですが、道は迂回していて3kmほどになるのでタクシーを使おうと思ったら駅前の案内所は無人、先客のお兄ちゃんが20分ほどで戻ると言っていましたよ、と教えてくれました。
仕方ないから案内所に出入りしているネコを相手に時間をつぶしました。







0901141566m この公園は草津線沿いで機関車は車窓からでも見えそうです。
上屋付きで回りはフェンスで囲われています。
雪の積もった平日でしたがフェンスは開いていて上屋内に入って撮影できました。
プレートはレプリカですね。




0901141606 柘植からさらに西へ、伊賀神戸で伊賀鉄道に乗り換え、ここは初めて乗る鉄道です。
伊賀神戸はJRとの間に改札はなく、ホームにある券売機はJRのもの、乗り換えようとしたオバチャンがそこできっぷ買おうとしたのを伊賀鉄道の職員さんが「それJRやねん、こうたらあかん」と声かけたのにオバチャンは気つかなかったのかお金入れてしまって「あらら~どうしよう」「だからあかんてゆうたのに、ほしたら帰りにつかえばええで」
と失礼ながら漫才みたいなやりとりをしていました。
伊賀鉄道には松本零次のイラストを使った忍者電車が走っています。
折りよく途中下車した上野市で2本並びました。 続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

駅弁大会・特撮映画

お正月明けは恒例の新宿京王デパートの駅弁大会。
会場はえらい人出なので、雨の日に行くようにしています。
今年は新聞折込が入らなかったので事前に狙ったものはありませんでした。
ということで今日は雪の予報も出ていたので空いているかなと思ったらそうでもありませんでした。
「牛肉どまんなか」「森のいかめし」「かきめし」などの人気弁当は相変わらずの行列でしたし、「峠のかまめし」も昼近くに入荷して1時間ほどで売り切れたとか。
0901095729 さて会場についてまずは端っこの輸送弁当コーナーへ、今年から売り場レイアウトが変更されて、レジが別になったので見やすく選びやすくなりました。
ただ地方ごとにまとめてあるはずが、後から到着したものなどは別の地方のところに並べられていたりで、チラシ掲載品を探すのはぐるっと一回りしたほうがよさそうです。
まだ食べていないものをと八代の「天草大王とりめし」を購入1000円也。
ごぼうのシャキシャキ感が良いとりめしにさっぱりとしたムネ肉塩焼きが載っています。玉子焼きや煮豆の下までご飯が詰まっているのもけち臭くなくてよいですね。
九州のお弁当は前も書きましたがレベルが高いものが多いと思います。
ところで今日ははじめて会場の休憩コーナーで食べています。
どうも人ごみのなかで食べるのは抵抗があって、すぐに食べる場合でも屋上に行ったりしていたのですが、この天気では仕方ありません。食べ終わってチラシを改めてじっくり見てみると、これは実演ですぐに食べないとというものがありました。
0901095733富士宮の「やきそば弁当」800円也、キワモノです、ほんとうにこで駅で販売されているのでしょうか?

実演コーナーを見たら数人しか並んでいなかったので列の後についたのですが、運悪く私の前の人で一旦売り切れ、5分ほど待ってあつあつをいただきました。

待っている間に売り場のお姉さんに「これ駅ではどうゆうふうに売っているの?」と聞いたら駅売りは加熱式容器とのことでした。

お味はさくらえびが散らされた富士宮やきそば独特のもっちり感にさっぱりしたわさびご飯、ちょんと乗っかったうなぎ、800円でこれはお買い得でした。

そばの駅弁といえば長万部のそば弁当がありましたが、駅弁大会ではみかけませんね、今でもあるのかな?

0901095734 会場でお弁当をいただいてその足で京橋のフィルムセンターへ、1月~2月は怪獣・SF映画特集、ゴジラ、ガメラからギララ、ガッパ、大魔神など第1次怪獣ブームまでの作品が日替わりで見られます。

今日は「地球防衛軍」

飛翔する小松崎メカ!響き渡る伊福部マーチ!

やはり大画面で見るのは良いものです。

ロケ地に両国駅が登場するのも発見しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

18きっぷで豊橋へ

例によって「ながら」で出かけてきました。今回のメインは昨年超低床車を導入した豊橋市内線、「ながら」でそのまま降りては早すぎるので時間つぶしに名鉄三河線の未乗区間を乗ってきました。
0901071116 まだ明けやらぬ三河線の終点碧南駅、運転関係の職員さんはいますが無人駅です。
ここが終点になってから早くも5年になろうとしているんですね。






0901071245 豊橋には8時前に着いて競輪場前まで乗車、そこから運動公園前まで歩きながら撮影、井原まで戻って赤岩口へ。
そこへ昨年暮から運転を開始した旧色に戻されたモ3203がやってきました。
当時は側面に広告が入っており、この塗装で広告なしというのは無かったような気がするのですがどうだったでしょう。



0901071265 次は安全地帯のない東田へ。
競輪場前に安全地帯が設置されて、豊橋では道路上から直接乗降する電停はここだけになりました。
ここで超低床車「ほっトラム」を撮ろうと待っていたのですが・・・

乗降するシーンを撮るためにはまずお客さんがいないと電車は通過してしまいます。
さらにこのときは車は電停があるため手前で止まっていますが・・・
0901071294 「ほっトラム」が来た時はトラックが横に・・・

信号待ちでしばらく止まっていたので、乗車して駅前に戻りました。

途中で時刻表を確認、もう1本撮ってもあとの行程には影響が出ないようなので、新川で降りて東田に戻りました。

すでにラッシュは終わったので電停に人が現れずやきもきしましたが

0901071339
なんとか狙った絵は撮れました。

この後二川まで一駅乗って、南口の豊橋市総合動植物公園「のんほいパーク」に保存されているD5189を訪問しました。





0901071372m
浜松工場製のいわば地元産の機関車。
標準型のプロトタイプになったグループです。
前面、キャブ両側のプレートは形式入り、機関士側のデフ下部が切取られています。
状態は有料施設(入園料600円)の中だけあって良好でしたが、あまりこまめに整備はしていないようです。

0901071369 入園料はまぁ機関車整備費用とでも思えばいいのですが、D51だけ見るのではもったいない、ということで園内のこども汽車の走行も撮影。(笑
煙こそ出ませんがサウンド機能が付いてきて汽笛、ブラスト音を響かせていました。




0901071413 次は二川駅の反対側にある豊橋市地下資源博物館へ、ここは無料です。
鉱山もない豊橋市になぜこのような施設が?と思いましたが、よくある科学館に近い展示内容でした。
館内には紀州鉱山で使われていたバッテリー機関車と人車の他、バケットローダー車、砿車、軌道自転車が展示されています。


0901071456 つぎは天竜浜名湖鉄道の西側未乗区間の乗りつぶし、二俣線時代に乗ってから30年ぶりの乗車です。
遠州二俣構内の保存されているキハ20とナハネ20は鉄道ファンと地元の方のボランティアの手できれいに整備されていました。
天浜線を森の次の戸綿で降りて、かつての静岡鉄道秋葉線をトレースする袋井行のバスに乗車しました。


0901075723 途中には名鉄→豊橋鉄道のモ7307が個人で保存されています。
色がかなり褪せてしまっています。









0901075725 豊橋市内線では一日乗車券を購入、400円也。駅前電停の自販機で買えるのは利用しやすいですね。
下のお菓子は静岡駅のKIOSKで買ったミニ亀まんじゅう、御前崎のお菓子屋さんのもので、いろいろなサイズが出ています。
以前金谷の売店で2コ入りの大きなものを買ったことがあります。
一番大きい特大は1470円もします。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

今年もよろしくお願いします

0901011081今年の初日の出輸送も無事終了しました。
吊りかけ車の活躍も今年まで?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »