« 駅弁大会・特撮映画 | トップページ | 18きっぷで伊賀鉄道へ その2 »

2009年1月16日 (金)

18きっぷで伊賀鉄道へ

090114148418きっぷ最後の1枚で今週も「ながら」で西へ。
名古屋から関西本線で亀山へ、まずは駅から徒歩10分ほどの亀山城址に保存のC58359を訪問。
ペンキ厚塗り気味ですがきれいな状態でした。




0901141515 一駅のって関へ、駅から15分ほどの関ロッジ第2駐車場のC50154、小山で長く活躍して最後は亀山に移ったラストナンバーです。
蒸気機関車の動態保存計画が発表されたときリストに載った機関車ですが、その後C612と差し替えられてしまったという地味なC50ならではのエピソートがあります。
注連飾りをつけて手入れも行き届いた状態でした。

0901141531 C50が展示されている場所の上手の本館横にはナハネ202237が宿泊施設として現役で使われています。
この手の寝台車利用ホテルは残っているのはここと小岩井牧場くらいではないでしょうか。

追記、小岩井牧場のSLホテルは昨年11月で営業を終了していました。ちょうど入れ代りのように九州の阿久根で24系寝台車を使った宿泊施設がオープンしたそうです。





0901141542 関の旧東海道の歴史的街並み。
あまり観光客向けの商店は少なくほとんど民家でした。








090114095112s 関から加太を越えて柘植へ。峠にかかるあたりから山は雪、トンネルを抜けるとうっすらと積もっていました。
柘植駅から直線距離で1kmほどの余野公園にD51831が保存されているのですが、道は迂回していて3kmほどになるのでタクシーを使おうと思ったら駅前の案内所は無人、先客のお兄ちゃんが20分ほどで戻ると言っていましたよ、と教えてくれました。
仕方ないから案内所に出入りしているネコを相手に時間をつぶしました。







0901141566m この公園は草津線沿いで機関車は車窓からでも見えそうです。
上屋付きで回りはフェンスで囲われています。
雪の積もった平日でしたがフェンスは開いていて上屋内に入って撮影できました。
プレートはレプリカですね。




0901141606 柘植からさらに西へ、伊賀神戸で伊賀鉄道に乗り換え、ここは初めて乗る鉄道です。
伊賀神戸はJRとの間に改札はなく、ホームにある券売機はJRのもの、乗り換えようとしたオバチャンがそこできっぷ買おうとしたのを伊賀鉄道の職員さんが「それJRやねん、こうたらあかん」と声かけたのにオバチャンは気つかなかったのかお金入れてしまって「あらら~どうしよう」「だからあかんてゆうたのに、ほしたら帰りにつかえばええで」
と失礼ながら漫才みたいなやりとりをしていました。
伊賀鉄道には松本零次のイラストを使った忍者電車が走っています。
折りよく途中下車した上野市で2本並びました。 続きます。

|

« 駅弁大会・特撮映画 | トップページ | 18きっぷで伊賀鉄道へ その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 18きっぷで伊賀鉄道へ:

« 駅弁大会・特撮映画 | トップページ | 18きっぷで伊賀鉄道へ その2 »