« 18きっぷで伊賀鉄道へ | トップページ | 京王駅弁大会最終日 »

2009年1月17日 (土)

18きっぷで伊賀鉄道へ その2

0901141610さて伊賀鉄道といえばなんといってもこの上野市駅舎、三角屋根の私鉄らしい実に味わい深い建物です。
















0901141615 この時期に伊賀鉄道を訪問しようと思ったのは1月11日に鉄道コレクション限定版が発売、というのが理由だったのですが、売り切れでした。
駅員さんに聞いたら発売当日に全部売れてしまったとか。














0901141643 ほかになにか面白いものはないかと見回していたら「タブレットのたま かたやき」なるものを見つけました。
1種丸から4種楕円までタマをかたどったお菓子です。800円也。
かたやきとは伊賀上野の郷土菓子で和風クッキーといった焼菓子ですが、その名の通り恐ろしく堅く、説明書には細かく割り分けて口に含んで舐めるようにお召し上がりください、とあります。
伊賀上野のお菓子屋さん桔梗屋織居さんの製造、販売は伊賀鉄道となっています。
お味はさっぱりとして、日本茶にもコーヒー、紅茶にも合いそうです。
硬く割れにくいのでお土産にもよろしいかと。実際かばんのなかに詰め込んで帰ってきましたが4枚とも割れていませんでした。
0901141662 次の電車で伊賀神戸へ、予定よりも2本早い電車に乗れたので近鉄の未乗路線鈴鹿線に向かいました。
伊賀神戸で中川方面行を待っていると伊勢志摩ライナーが到着、この車両が乙特急のスジに入っているのはちょっと意外でした。
発車したところで折りよくアーバンライナーネクストと並びました。


0901145744
伊賀神戸ではスルっとKANSAIを持っていたのでつい自動改札に入れてしまいましたが、これが使えるのは青山町までだったんですね。
鈴鹿線の平田町で現金で精算するはめになってしまいました。
これ処理するためにもまたそのうち関西に行かなくては・・・



0901141690 鈴鹿線を往復して、四日市に向かう途中、塩浜でこんなのが見えたので途中下車、この後湯ノ山温泉往復後四日市から名古屋までは特急をおごりました。
というのも静岡から「ながら」送り込みの373系の列車に間に合わせるには特急にのるしかなかったので・・・




0901145746 名古屋からは豊橋、浜松と乗り換えて静岡へ、豊橋では毎度のごとく壺屋さんで夕食用の駅弁を購入、まだ食べたことのない「三河路花の味めぐり」を購入、900円也。
上幕の内ですね、おかずにお稲荷さんの皮のあげが入っていたのが嬉しいです。

18きっぷで東海道を帰ってくるとき、なるべく静岡から「ながら」送り込みの373系仕用の列車に乗るようにしています。
この列車以外はロングシートなので駅弁を広げるにはいささか抵抗がありますので。
3月のダイヤ改正で「ながら」が季節列車になると送り込み列車に373系が使われることもなくなるでしょうから、食事をいつとるかの心配をしなくちゃならなくなるなぁ。

0901141723 東京に着いたところでこの風景ももうじき過去のものとなるので1枚撮っておきました。

|

« 18きっぷで伊賀鉄道へ | トップページ | 京王駅弁大会最終日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 18きっぷで伊賀鉄道へ その2:

« 18きっぷで伊賀鉄道へ | トップページ | 京王駅弁大会最終日 »