« 千葉の門デフ 本運転 | トップページ | ファミマ限定 鉄道博物館ヴィネットコレクション »

2009年2月18日 (水)

大人の休日倶楽部パス3日目

0902120501さて3日目はどこへ行こうか、と考えて常磐線方面にしばらくご無沙汰だなと。(以前も18きっぷで同じこと書いていますが)
13時上野発のスーパーひたちに弁当買って乗り込みました。
上野の売店で購入したのはほたておこわ弁当、新発売の冬季限定商品だそうです、1000円也。
でもほたてが2コだけだよ、これで1000円ってのはどうよ、とついNREのお弁当には辛口になってしまいます。

0902120503 水戸で水郡線に乗り換え、こんな車両になっていました。
乗ってみると期待した加速感は線路の状態にもよるのでしょうが、いまひとつといった感じ。
小海線でキハ110系に乗ったときの急勾配をものともしない走りっぷりや、東海の快速「みえ」の飛ばしっぷりから比べるとやはりローカル線用なのかな、と思いました。
しかしこういう新車を導入する姿勢は嬉しいものです。
0902120518 常陸大子で下車、ここで降りるのは37年ぶり、水郡線に乗るのも25年ぶりでした。
目的は大子の公民館で保存されているC12187
大子の町で見かけた今はもうやっていないタバコ屋さん、丸ポストにたばこのホーロー看板が昭和の風景を残していました。
ここに限らず、保存車めぐりをしていて地方の街を歩くと、駅周辺の衰退ぶりがいやでも目に飛び込んできます。

駅に着いてかつてはにぎやかだったメインストリートを歩いてもどこもシャッター通りと化していて、駅前商店すらなくなってしまったところもありました。

列車に乗っていると駅間で道路沿いに大型店舗がいくつも見えます。
いったいいつからこんなことになってしまったのか、各地で中心市街活性化に取り組んでいるのは報道されますが、どれだけ効果をあげているのだろうかと思います。
0902120538
駅から15分ほどの大子町中央公民館駐車場に保存されているC12187。
以前は袋田駅横に保存されていました。
この画像では目立ちませんが、あちこちにサビが出ており、ここ数年整備されていない様子です。
保存場所も道路から見えない目立たないところで、この先どうなるのだろうといささか気になりましたが、大子町の公式サイトを見たら駅前整備事業として、SLの移転も計画されているようで、安心しました。
0902120516 常陸大子に来たもうひとつの目的は駅弁、ちゃんと時刻表にも弁マークが常陸大子に付いています。
以前は駅売店で販売されていたのですが、売店撤退後は調製している駅前の「玉屋旅館」で販売、電話をして予約すれば列車にあわせて駅まで持ってきてくれるそうです。
駅弁も地方業者の撤退、大手の寡占が進む中、このような形で販売を継続してくれているのはなんとも嬉しいものです。

0902120560 さてこれが常陸大子の駅弁「玉屋の奥久慈しゃも弁当」850円也。
電話で予約しておいたので出来たてをいただけました。
しゃもは大子町の名物料理で、ちょっと固めで濃い目の味付け、ごぼうの煮物とよく合います。
おかずの盛りがよくて、しゃも肉も、ごぼうもそぼろたまごも器から溢れるくらいに乗っています。
2時間くらい前までに電話いただければ1コから作ります、というお話でした。
駅で通常売っていないので幻の駅弁とも評されますが、決して入手が困難なわけではない現役のお弁当です。
玉屋旅館 電話0295-72-0123


|

« 千葉の門デフ 本運転 | トップページ | ファミマ限定 鉄道博物館ヴィネットコレクション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人の休日倶楽部パス3日目:

« 千葉の門デフ 本運転 | トップページ | ファミマ限定 鉄道博物館ヴィネットコレクション »