« 映画「旅路」 | トップページ | JR完乗 »

2009年6月24日 (水)

鹿児島から宮崎へ

0906170636鹿児島中央から「きりしま86号」に乗車。
3連で霧島神宮まで走行距離46.4Km、所用時間49分という全国屈指のミニ特急です。
停車駅は終着を入れて6駅、通過駅は4駅、この後の普通列車は同じ区間を1分だけ遅い50分で走っています。
JR九州の特急料金は50kmまでならば300円なので気楽に利用できるのですが、JRの他社だったら快速扱いにするんじゃないかな。
半車ながらしっかり指定席もあります、だれも乗っていませんでしたが。
0906170639 4つしかない通過駅の竜ヶ水は交換のため運転停車。
おかげで竜ヶ水災害復旧記念碑をじっくりと眺められました。
国道、鉄道を分断し、竜ヶ水駅に停車中の列車をも巻き込んだ土石流で孤立した人々の救出は、NHKのプロジェクトXでも取り上げられました。番組はその場に居合わせた警官にスポットを当てていましたが、列車の運転士、車掌も迅速に乗客の避難、誘導につとめ、列車乗客に死傷者はありませんでした。
また海上からの避難にあたっても警官とともに全員乗船を確認し最後に救援の漁船に乗り込んだそうです。






0906170662
国分で列車を降りてタクシーで城山公園で観覧車を背に保存されているC6119を訪問。
さきごろ復活が報道された兄弟機C6120も伊勢崎の遊園地でやはり観覧車を背に保存されているのは面白い偶然です。



0906170665 国分から「きりしま8号」で宮崎へ。
霧島神宮ではこんな駅名票がまだ残っていました。
柱に三角形状取り付けられたプラ(アクリル?)の駅名票はかつて蒸機撮影でこの地を訪問したときに目にしていたものです。
他の駅でも残っているかと通過ごとに注意してみていましたが、宮崎までの間、他では見つけられませんでした。











0906170667 宮崎で電動アシストレンタサイクルを借りて児童交通公園に保存されているC11191とコッペル宮崎交通1号を訪問。
徒歩で行く予定だったので次の列車まで時間ができたので大淀川に行ってみました。

続きます。

|

« 映画「旅路」 | トップページ | JR完乗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島から宮崎へ:

« 映画「旅路」 | トップページ | JR完乗 »