« 八高線沿線の保存車2点 | トップページ | 昼行臨時急行 »

2009年6月 6日 (土)

D→Jポスター展

鉄道ファンの間でDJというと「鉄道ダイヤ情報」誌の略ということになるのでしょうが、ある年代から上ではDISOVER→JAPANのことと思われるのではないでしょうか。
090606125505s 国鉄が1970年のポスト万博輸送のキャンペーンとして行ったDISOVER→JAPAN、それまでの観光ポスターを一変したイメージ重視の画期的な作品群の展示が新宿で行われています。
あらためてポスターや原画を見ると、今見ても古さを感じさせません。唯一モデルさんの服装、お化粧などがいかにも70年代ですが。
倉敷や妻籠、高山、輪島あたりがこのキャンペーンで一躍全国区の観光地になったんじゃなかったかな。
駅の専用台に置かれたスタンプ集めも流行ったものです。
スタンプ帖にはポスターのエハガキが1枚ついていました。
今でも駅売店などでスタンプ帖は売られていますが、これも息の長い商品です。

東京写真月間2009 飯塚武教写真展 「DISCOVER JAPAN」
【会期】
会期:2009年5月29日(金)~6月11日(木) 10:30-18:00
(最終日は15:00まで)
【住所】 
東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル1階
『エプソンイメージングギャラリー エプサイト』
【入場料】  
無料
「エプソンイメージングギャラリーエプサイト」
http://www.epson.jp/epsite/

|

« 八高線沿線の保存車2点 | トップページ | 昼行臨時急行 »

コメント

TADAさん、こんばんは。
「ある年代から上」なので、DJというとディスカバージャパンを思い浮かべます。
ディスカバージャパンには、「美しい日本と私」というサブコピーが付いてましたが、
現代国語の先生と、「美しい」のは「日本」なのか、「日本と私」なのかで、
かなり真面目に話し合ったことがあります。
私は、美しいのは「日本と私」の両方、と思ってました。

投稿: 坂下国郎 | 2009年6月 7日 (日) 22時10分

坂下さん
サブコピーの「美しい日本と私」は川端康成によるものですが、元はノーベル文学賞受賞記念講演の「美しい日本の私」なんですよね。
それを「日本と」としたのはコピーライターによるものですが、今回の企画展で「サブコピーによってDISOVERで発見するのは日本と私、自分発見の旅でもある。」との解説がありました。
美しいに掛かるのは日本だけでも、日本と私でもどちらでも取られるように作られた巧妙なコピーだったのではないでしょうか。

投稿: TADA | 2009年6月 8日 (月) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: D→Jポスター展:

« 八高線沿線の保存車2点 | トップページ | 昼行臨時急行 »