« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

18きっぷで関西へ その4

1364725652_129s公園都市線から横山で三田線に乗り換え、しばらくゆくとこんな駅が。私らの世代だと杉田か、いややはり坂上でしょう。
じろう ではなく にろう と読むのですが。












0912164737 有馬口で今度は有馬線に乗り換え、一駅乗って終点有馬温泉へ。
神戸電鉄の路線は新開地から有馬温泉までが有馬線で、三田線は有馬口から分岐ということになっていますが、列車の運転は三田方面に直通し、有馬温泉へは大半が1駅だけの折り返し運用となっています。
さすがに歴史の古い駅、駅舎は1989年に建て替えられましたが、ホーロー駅名票も残っていました。

0912164748 冬至も近い12月の半ば、16時を回るともう暗くなって車窓も見られません。
この後の乗り潰しは暗くなっても関係ない路線へ。
谷上から六甲山を一気に抜け、新神戸に出てそのまま神戸市地下鉄に乗り入れる北神急行に乗り換え、1駅だけの路線ですが、路線長7.5kmと銚子電鉄よりも長い営業路線です。
谷上駅はラッシュ時以外では神戸電鉄は上り、下りとも同一ホームを使いノーラッチ、対面ホームで乗り換えできるようになっています。
発車を待っているのは神戸地下鉄の車両です。

新神戸までの所用時間は7分、これだけ停まらない地下鉄路線も国内では他にないでしょう。
少しでも変化をつけるためか、トンネルの途中には鳥が羽ばたくアニメーションが設置されていました。

神戸電鉄有馬線沿線から三宮にでるには、北神急行を使ったほうが所要時間は半分近くですむのですが、一駅だけで350円、プラス神戸地下鉄となるので運賃は新開地~阪急で行った場合、2/3程度で済みます。そのため利用客もなかなか伸びていないとか。
0912164750 新神戸では北神急行の車両が地下鉄内折り返し列車として発車を待っていましたので降りてこちらに乗り換え。
「年末年始安全輸送総点検」という物々しいタイトルのヘッドマークを付けています。
神戸地下鉄はここから新長田までが山手線、そこから先が西神線、さらに名谷から終点西神中央までは西神延長線、と路線名が分かれていますが運転系統はひとつにまとめられています。

0912164770 神戸地下鉄の山手線は乗ったかどうか、記憶があいまいなため、三宮で降りず新長田まで乗り潰しました。
新長田まで行った理由のもうひとつは駅近くに設置された実物大の鉄人28号。
鉄人は横山先生も厳密に大きさを決めていなかったのですが、このポーズで身長18mだそうです。
実際見るとかなりデカイです。
こんなのが街中でガオー!とやっていたら大変ですが、まだ許容範囲かな。
近年のウルトラマンは身長50m超だから市中で格闘戦をしたらそりゃもうどんなことになるやら・・・
1364802087_237s 新長田駅前のうどん屋で夕食、ぼっかけ丼セット730円也、一緒に写っているのはKIOSKで購入したオミヤゲの鉄人28号カレー缶2コセット1050円也。













0912164780 帰りも「ながら」なので1時間半ほど時間があったので大阪地下鉄を乗り潰し。
リニア地下鉄の長堀鶴見緑地公園線を完乗。

この後富山市内線循環線が開業したので、2009年末現在
私鉄全営業キロ7365.1  乗車キロ6275.1  未乗キロ1090.0  乗車率85.200%
昨年末で乗車キロ5605.8km (乗車率: 76.1%) だったので10%近く増えたのは上出来でしょう。
来年も500キロ以上乗れるかどうか、九州の3セク転換線にどれだけ乗れるかがカギのようです。
0912164791 大阪から新快速、米原で117系に乗り換えて大垣着、養老鉄道のホームにはラビットカー塗装が停まっていました。
クリーム色に青帯の近鉄高性能車初期塗装とともに、このオレンジに白帯は憧れでした。こいつもそのうちきちんと撮りたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

銚子に行ってきた

伊予鉄から元京王車を譲渡されて、いよいよ車両置き換えが目前となった銚子電鉄。
思えば車両の検査費用も出せずネットで「ぬれ煎餅を買ってください」と訴えてからはや3年、よくぞここまで持ちこたえて車両更新まで行える日がくるとは・・
0912309543 仲ノ町の車庫に並ぶデハ801、702、701、この姿もあとわずか。
青い702はここ数ヶ月休車状態で外川に留置されていましたが、初日の出輸送に使用するため先日仲ノ町に戻ってきました。
パンタを上げて整備中です。





0912309549 窓口で一日乗車券の「弧回手形」と入場券を購入、入場券は従来の硬券のほかにデハ700が並んだものが新たに加わっていました。
またデハ701、702、801の引退記念の入場券セットも発売されたのですが、こちらは早々と売り切れになっていました。













0912309560_2 デハ701にはLAST RANのステッカーが。
デハ801にも同じものが貼られていました。
しかしこうやって見ると701もかなり塗装が痛んでいます。













0912309596 久ぶりに犬吠埼灯台に登ってきました。
電車に乗っていると君ヶ浜の手前で灯台が見えますが、灯台からも電車が見えるわけで、一度狙おうと思っていたアングルです。
光線は午前中が良いのですが、今日は東京を出るときは晴れだったのが銚子に着いたら雲が厚くてすっきりしない写真になってしまいました。












0912309605 外川には改装が終わった元京王が留置されていました。
車内を見るとまだワンマン用料金箱などは設置されておらず、ナンバーも未記入です。
京王時代同様オデコに白文字で入るのでしょうか。




0912309614 しかしこのお顔でこの色は見慣れないせいかどうもしっくり来ませんね。
キャベツ電車と呼ばれそうです。








0912309650 君ヶ浜に立ち寄ってみると駅猫の「きみちゃん」がお出迎え。
話に聞いていたよりも丸々と太っていたのでびっくりしました。

元日早朝の初日の出輸送は旧型車の定期最終運転になる可能性が高いため、沿線にはかなりの撮影、録音目当ての方が来られると思いますが、くれぐれもマナーを守って、安全に、事故なく終わって欲しいと願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)

18きっぷで関西へ その3

0912164545阪神電車を甲子園で降りて、球場裏手の月見里公園に保存されているC11311を訪問。
この機関車春ころに整備工事が行われているとの話を聞き、それが終わってから行こうと思って今回行ってみたのですが、工事は上屋整備だけのようで、機関車の塗装などは行われなかった様子でした。
上屋を付けるのは良いのですが、こんな細かい網で囲われてしまうのはなぁ・・・
とはいうものの長野の保存機の複数がプレートなど盗難されたとのニュースを聞くと、これも仕方がないのか、と思います。
またBlogやWebで保存車を紹介しているのも、そういった盗難目的の輩に情報を与えていることにはならないかとの心配もあります。
0912164574 次の目的地、福知山線の三田に行くにはどのルートをとるか、阪急宝塚線の先の方はたしかまだ乗っていないはず、と梅田経由も考えましたが、阪急今津線で宝塚に向かうことにしました。
今津駅といえばSF作家かんべむさしのデビュー作「決戦!日本シリーズ」の舞台となった駅ですが、小説の中で紹介された阪神と阪急の唯一の共有物のフェンスで区切られた並んだホームは今はなく、阪急駅は100mほど短縮された駅前広場手前の高架駅になっていました。
そういえば今津線が西宮北口で分断されてから乗るのもはじめてでした。
0912164591 西宮北口、宝塚と乗り換えて三田へ。
ここから神戸電鉄は初乗区間です。
新開地行とウッディタウン中央行が並んで発車を待っています。







0912164678 まずは公園都市線を終点のウッディタウン中央まで乗り潰し、折り返してひとつ手前のウッディタウン南で下車、駅前のはじかみ池公園に保存されているD5125、マニ50、ヨ8000を訪問。
公園入口には煙室扉がデザインされた標識が立っています。




0912164620 機関車は足回りは油で磨かれ、大変良好な状態でした。
後ろに続くマニとヨは常磐線のような色に塗られています。
このD5125は廃車後吹田のラウンドハウスに数年保管されており、そのときに見ていますから35年ぶりの再会でした。




0912164662 D51が展示されている広場の向かい側の斜面にはC5738の動輪が何の説明もなく置かれています。








0912164669 さらに公園の南側の道路沿いにはD51915の動輪。
公園入口に掲示されている案内図にはこれらの動輪は載っておらず、事前にやまてつさんのサイトで知っていたから見られました。
しかしやまてつさんもよくこれ見つけたものです、D5125のある場所から5分ほどの公園の反対側ですから。


0912164670 こちら側の公園入口には腕木信号機が立っています。
腕木信号機は公園のほかの場所にも時計塔として立っているなど、鉄道関係のブツが点在する公園でした。














0912164675 公園は鉄道線路沿いにあり、出口付近からはこんないかにもニュータウンの鉄道という風景が見られます。

続きます。











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

18きっぷで関西へ その2

0912164462兵庫駅から一駅乗って神戸で下車、高架下のD511072を訪問ちょうど2年前に訪問したときは整備工事が進行中でしたが、きれいに仕上がっていました。
この再塗装はボランティアの方がほとんどお一人で作業されたとか。





0912164473 神戸高速鉄道の高速神戸駅へ。早朝6時ころにパンを食べただけだったので小腹が減ってきたので、そういえば立ち食いの「高速そば」があるはずと思って駅構内を探したのですが、「高速そば」は新開地でした。





0912164474 阪神梅田行きは山陽電鉄からの直通特急、丸いヘッドマークは子午線の町明石に行こう、というキャンペーンのもの。
これはけっこうおとなしいのですが・・・







0912164487 次の目的地はC57135さんの掲示板で動画や画像でご紹介されていたナローの工場内専用軌道。
折りよく現地到着後すぐに緑色のバテロコが工場から出てきて路線バスも通る道路をスルスルと通過してゆきました。
この後工場の奥で機関車が行ったり来たりしているのは見えたのですが、工場の外には出てきません。
そのうちサイレンが鳴ってお昼休みに入ってしまったので撤退しました。

0912164516 専用線のちょっと先にはこんな可動橋があります。
和田岬線の可動橋はもう動きませんが、こちらが現役、一日5回開閉しているようです。






0912164525 橋の袂には踏み切りと同じ警報機と遮断器が設置されています。
あと少し待っていれば橋が上がる時間だったのですが、帰りのバスが1時間に1本しかないので今回はおとなしく駅に戻りました。





0912164537 駅で待っているとやってきた直通特急はこんなお顔、前面だけ明石のキャンペーン塗装というなんとも強烈な広告電車です。







0912164534 となりのホームにはせんと君もいました。
物議をかもしたキャラクターですが、公共交通機関に登場するとはさすが公式キャラです。
続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

中井精也さんのトークショー&サイン会

091226152520s新宿西口コクーンタワーのブックファーストで行われた「一日一鉄」の中井精也さんのトークショー&サイン会に行ってきました。
撮影秘話、「ゆる鉄」のできるまでを作例を示しながらの軽妙なお話ぶりはまさに「ゆる鉄」の世界そのものですが、やはり作品ひとつをつくるにはかなりの時間と労力をかけられているのがよく分かりました。
水面を優雅に泳ぐ白鳥の水かき、ですね。
「ゆる鉄」写真展の案内ハガキにも使われていたナゾのトラクターっぽい赤い車の正体も公開されました。果樹園用の薬剤散布車だったのですが、そのサイトを見つけられて説明書も紹介されたのですが、これがなんともユルいイラストで会場大爆笑でした。






091226151503s トークショーの後はなんと写真展に使かわれたパネルなどの抽選会がありました。
残念なことに私の両となりの番号は当たったのですが・・・












091226153613s 自画像入りのサインを一冊一冊丁寧にしていただきました。
自画像は今回だけのクリスマスバージョン含め3バージョンあるとかで、サインペンも3色用意されるサービスぶりには脱帽です。











09126519 自画像、そっくりですね。(笑

週刊モーニングに不定期掲載されている国鉄車掌を主人公にしたマンガ「カレチ」の1巻が出ていたので購入。
雑誌掲載時から壇上莞爾さんの「赤い腕章」や坂本衛さんの「車掌乗務手帳」みたいだなと思っていましたが、巻末の参考文献にこのお二方の著作が記載されていました。
渥美清の映画旅行シリーズにも通じる列車を舞台にしたお話は国鉄時代を知っている方にはきっと懐かしく読める作品だと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

18きっぷで関西へ

一週間前のレポですが今さらながら簡単に。
冬の18きっぷシーズンに入ったのでお出かけしてきました。
例によって小田急で小田原へ、「ながら」から乗り継いで降りた駅は兵庫、和田岬線の接続は2分しかありませんでしたがなんとか間に合いました。
0912164385 和田岬駅に降り立つのはDD13が前後についた列車が行き来していたころ以来、キハ35のころは来ませんでした。
駅周辺は変わってしまいましたが駅舎脇の桜の木と背後の山並みはそのままです。





0912164397 まずは和田岬駅から徒歩5分ほどの御崎公園に保存されている広島から里帰りした神戸市電1103を訪問。後ろの建物はホームズスタジアム神戸、サッカー、ラグビーなどの試合のときはこの公園も人で埋まるのでしょう。





0912164430 公園から北へ、運河にかかる和田岬線名物の元回転橋をゆく103系、これが朝の最後の列車で、この次の列車は8時間後になります。







0912164433
しばらく行くと川崎重工兵庫工場、建物の一部にレンガ積み部分が残っていました。







0912164434 レンガのあゆみと題されたモニュメントもありました。
機関車のレリーフがあり、おやC59か、と思って近づいてみるとちゃんとナンバーも入っています。
それがC59166、近年まで吹田の鉄道学園に保存されていながらあっさりと解体されてしまった機関車です。



0912164441 工場の間を抜ける道をゆくと、運河の脇の川崎重工兵庫工場本館ビルの前に新幹線21とクハ151が並んで保存されています。「こだま」と「ひかり」の夢の並びです。(21のほうは後期の小窓車ですが。)
以前訪問したときはクハ151だけでしたが前の道路に車を停められてしまい撮影には苦労しましたが、今回は朝早いせいか邪魔者はおらずゆっくりと撮影できました。
続きます。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

ジャライノール評

今さらですが、先週見た映画ジャライノールの感想などを。

Webでの紹介ページなどで、退職し帰省する老機関士に若い相棒が付いてゆく、と簡単なストーリーが記載されていますが、ストーリーとしてはそのとおり、というかそれ以外に表現しようのない話です。
紹介文を見て、映画見る前は「機関士ナポレオンの退職(喜劇・各駅停車の原題)の21世紀中国版かな」と思っていましたが、そうとも言えるし全く違うとも言えました。
極端に会話や心理描写などを抑えて、構図のみで進行させる、そんな映画でした。
機関士が退職を決意するところなど、じっくりと描きたくなるところですが、この映画はごくあっさりと、うっかりしていると見過ごしてしまうくらいの描写しかありません。
それゆえ登場人物の気持ちに入ってゆくことができず(監督はそれを狙っているのでしょうが)どこで話が展開してゆくのかと思わせながら、淡々と帰省の旅が始まります。
ここからはロードムービーとなるわけですが、カットカットの構図は見ごたえがありますが、若い相棒を追い返そうとする機関士が、なぜか仲良く駅前で二人して街頭カラオケを楽しんでいたり、このシーンの意味はなんなのだ?と見ていて悩む場面が多々ありました。

この監督はオタクではないか?と思ったのは、きっと多くの映画を見て構図の研究をしたのではないかと思ったからです。
エイゼンシュタイン研究なんてやってそうだなぁ。

とにかく構図で語らせる映画、だと思います。


ところで相棒の兄ちゃんですが、私は機関士の相棒だから助士だろうと思い込んでいたのですが、「信号手」と紹介されている文もあります。
たしかに画面では信号旗持っていたなぁ。
でも機関士とペア組むなら機関助士のはずだし、この二人の関係どこかで説明されていたのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

クイズ鉄道王決定戦

09126504auケータイサイトで行われた「クイズ鉄道王選手権」を書籍化した本が先日出ました。私もほんの少し画像を提供しております。
このクイズ、4択問題で全1000問、8ジャンル、難易度順に「各停」「急行」「特急」と分かれています。
パラパラと見て「これで特急クラスかよ」なんてヒネたファンの私は思ったのですが、なかなかどうしてマニアックというか難問、奇問もあり、ざっとやってみても正解率は8割くらい?
また問題ごとにケータイでの正解率も表示されており、最初のジャンル新幹線の1問目、最初に登場した新幹線車両は?は正解率99.5%ですが(こんな問題間違えるなよ、とも言いたくなりますが)次の1964年開業時の新幹線の編成両数は?は44.0%、この数字には少々驚きました。こんなの常識なのに、と思うのはオヤジなんでしょうね。
駅・駅弁ジャンルの各停問題では、歌手の藤井フミヤは元国鉄職員だったがどこの駅にいたか?
こんなのしらねーよ(笑
恐ろしいことに1000問全部正解だった方が9人いるそうで、そのうちお一人は70歳代とか・・・正解することも凄いですが、1000問ケータイで答えるのも凄いなと。
クイズだけでなくコラムも数編あり、私もBlogで触れた竜ヶ水駅での土砂災害記念碑が取り上げられています。この話はもっと知られて欲しいと思っておりますから我が意を得たりと思いました。
旅行中や撮影の合間などの格好の暇つぶしになる本だと思いますが、本そのものがいささかボリュームがあるのが難点かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

いすみ鉄道お歳暮セットが届いた

いすみ鉄道のい鉄揚げは時折生協の共同購入カタログに載るので購入していましたが、最近これのカレー味が登場したと聞いたのですが、公式サイトの通販ページには記載されていません。
18きっぷが余ったら買いに行くかな、などと考えていたのですが、他のい鉄オリジナル菓子などを詰め合わせたお歳暮セットを期間限定で販売していることを知りさっそく自宅用に注文しました。
ふつうお歳暮用のセット商品となると箱代が加算されて割高になるものですが、このセットは定価で5100円以上のものが入って3500円+送料と大変お買い得です。
09126474 本日届きました。包み紙には木原線を走った車両たちのかわいいイラスト、キハ17の編成にキハ26が併結されていたり、キハ35900番台がいたり、マニア心をくすぐります。
丁寧に開封して保管したのは言うまでもありません。




Img_6475 社長さんのあいさつ文とともに、い鉄揚げ、まくら木おかき、房総のけむり饅頭のオリジナルお菓子、卓上カレンダー、ボールペンなどがきっちりとそれこそ隙間もなく詰め込まれています。







09126476 この画像では分かりにくいですが、横長の箱のまくら木おかきは車両のイラストが描かれており、現行のいすみ鉄道車両、木原線時代の主力車キハ17、房総の急行用キハ26ですが、キハ26のサボはかつて運転されていた木原線~千葉の直通列車というのが泣かせます。

お歳暮セットの注文は15日まで、FAXで受け付けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

驚いた

芭石の公式サイトなんてのがいつのまにか出来ていたんですね。
嘉阳小火车网

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

映画ジャライノールと写真集ゆる鉄

09126472東中野の映画館「ポレポレ東中野」で本日から行われた企画上映会「中国インディペンデント映画祭2009」のトップに上映された「ジャライノール」を見てきました。
普通の方にはこのタイトルの意味は分からないと思いますが、中国蒸機に関心のある方なら、ひょっとしてあのジャライノール?と思われるでしょう。
その通り、21世紀になり中国でも数少なくなった現役蒸機が活躍していた(とうとう今年過去形になってしまいました)露天堀炭坑の機関士と助士を主人公にした作品です。
一言でいってしまうと21世紀中国版ロードムービー風味「機関士ナポレオンの退職」。(ちょっと無理があるか・・・)

ストーリーを追うよりもその映像表現を堪能する作品、と思いました。
蒸気の白さを強調するために撮影は厳冬期に行われ、冒頭のブローアップの中を機関士が歩いてくる姿は鉄道映画史に残る名シーンになるのではないでしょうか。
上映はあと1回、23日の17:40です。

今日は15:20からなので少々時間があったので新宿西口コクーンタワーのブックファーストを冷やかしていたら中井精也さんの「ゆる鉄」の写真集が出ているのに気が付きました。
新宿で写真展も開催されましたが、そのとき写真集も発行予定と聞いており楽しみにしていました。
しかもサイン会・トークショーもあるというので整理券もいただいてきました。
まだサイン会・トークショーは席に余裕があるようです。

12月15日追記

当日上映会でご一緒になったいそはちさんのBlogでも話題にされています。

ご自身が撮影されたジャライノールの蒸機たちの動画も公開されています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Bトレイン相変わらず製作中

09126469こうやってBlogにUPしているのは、少しでも製作意欲を途切れさせないためでして・・・

左から京急1000の110周年記念ありがとうギャラリー号、実車はリベットをラッピングで表現していました。Bトレインではシールとなっていたのですが、きれいに貼る自信がないのと、4両ともなるとけっこう手間がかかること、シール貼りだと光沢などが気になることなどからあっさり省略しました。
次は京成3200と新3000、ついでに京急、京成のライバル113系スカ色を並べてみました。
113系は「白い砂」のヘッドマークの赤がワンポイントになっています。

この間の製作で箱も少々減ったので在庫置き場を整理したのですが、まだまだ押入れと本棚の上の在庫置き場からあふれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

今なお現役

愉快でないネタが上にあるのもなんなので、ちょっと前に携帯で撮影した物件を。
091201112806a コンクリート製の防火水槽。
正面に右横書きで
 火防
  用
  水
とレリーフされています。
子供のころやはりコンクリート製で木製の羽目板がついたゴミ箱とともに路地の片隅で見かけたものでした。
阪堺電車の住吉公園では金魚鉢になっていましたがここは現役そのもの、時折中の水を抜いて入れ替えています。
水槽の右下に白っぽい棒が突き出しているのが見えますが、これが最近取り替えられた排水口用栓です。

091201112757a 画像では見にくいですが、奥の建物の前の植栽の陰にも同じ水槽がもうひとつあります。
この木造の建物、木工所の工房なのですが、右手の壁面から先端がH形になった煙突が伸びています。
この煙突も最近ぴかぴかのブリキで補修されていました。
煙突が現役ということはその元には・・・
工房の親方曰く「石油だと広い部屋全体が温まらないんでな、マキはたくさんあるから。」
今度はダルマストーブに火が入ったところを見せてもらいましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月 8日 (火)

品性を疑う

私も少々思い入れのある路線、数年行っておりませんが今年行かれた方のレポを見つけたので見ていったら・・・
沿線で小学生をスナップした画像にあったコメントが
10年も経つと彼女たちも○○○とか○○○で逢えるかも知れません」
原文は○はいわゆる悪所の実地名が書かれています。
どういうつもりなんでしょうね、かなりのベテランの方とお見受けしていますが、自分の子供がこんなこと言われたらどんな気持ちになるか、考えが至らないのでしょうか。

この趣味の世界は狭いです。
私のBlogなど大勢の訪問者があるわけではありませんが、それでも読者の方のお知り合いにこの文章を書いた方がいるかもしれません。
鉄道をこよなく愛するという方ならばこんな文章書かないと思うのですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

ホエールウォッチング

0912054228千代田線北綾瀬の先にある東京メトロ綾瀬車両基地の公開、スマイルフェスタinAYASEに行ってきました。
自転車で来場される方も多かったのが印象的でした。






0912054241 目的は長野電鉄から里帰りした日比谷線3001+3002の公開。
独特のオデコのカーブからマッコウクジラの愛称を持っていました。















0912054264 車両撮影コーナーでは10000系、06系、9000系が並んでいました。









0912054306 工場内ではクレーン作業の実演。










0912054301 6000系ならではの幅広貫通路や










0912054321 回送運転台が見られるのも基地公開ならではです。









0912054289 事務所3階の職員さん用食堂も見学者用に解放、カレーライス、牛丼、うどん、ヤキソバどれでも300円の良心的価格でした。
ヤキソバを購入、メトロの子会社がやっているようです。















0912054292 食堂の窓からは3000系が見下ろせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

なかなか減らないBトレインの在庫

Bトレイン製作中とBlogに書いたのはもう4週間も前、そのときは一日1箱組んでゆけばある09126421程度片付くだろうと思ったのですが・・・
やはりこういうものはやるぞ!と決めて一気にかからんとだめみたいです。
とりあえずこの間組んだ北総2本、能勢電2本、阪急2本。
北総と能勢電はだぶって買っているのを発見、オークションに出してしまうか、組み立てるか思案中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »