« 18きっぷで関西へ | トップページ | 18きっぷで関西へ その2 »

2009年12月26日 (土)

中井精也さんのトークショー&サイン会

091226152520s新宿西口コクーンタワーのブックファーストで行われた「一日一鉄」の中井精也さんのトークショー&サイン会に行ってきました。
撮影秘話、「ゆる鉄」のできるまでを作例を示しながらの軽妙なお話ぶりはまさに「ゆる鉄」の世界そのものですが、やはり作品ひとつをつくるにはかなりの時間と労力をかけられているのがよく分かりました。
水面を優雅に泳ぐ白鳥の水かき、ですね。
「ゆる鉄」写真展の案内ハガキにも使われていたナゾのトラクターっぽい赤い車の正体も公開されました。果樹園用の薬剤散布車だったのですが、そのサイトを見つけられて説明書も紹介されたのですが、これがなんともユルいイラストで会場大爆笑でした。






091226151503s トークショーの後はなんと写真展に使かわれたパネルなどの抽選会がありました。
残念なことに私の両となりの番号は当たったのですが・・・












091226153613s 自画像入りのサインを一冊一冊丁寧にしていただきました。
自画像は今回だけのクリスマスバージョン含め3バージョンあるとかで、サインペンも3色用意されるサービスぶりには脱帽です。











09126519 自画像、そっくりですね。(笑

週刊モーニングに不定期掲載されている国鉄車掌を主人公にしたマンガ「カレチ」の1巻が出ていたので購入。
雑誌掲載時から壇上莞爾さんの「赤い腕章」や坂本衛さんの「車掌乗務手帳」みたいだなと思っていましたが、巻末の参考文献にこのお二方の著作が記載されていました。
渥美清の映画旅行シリーズにも通じる列車を舞台にしたお話は国鉄時代を知っている方にはきっと懐かしく読める作品だと思います。


|

« 18きっぷで関西へ | トップページ | 18きっぷで関西へ その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中井精也さんのトークショー&サイン会:

« 18きっぷで関西へ | トップページ | 18きっぷで関西へ その2 »