« 国土交通省利根川上流河川事務所 | トップページ | 18きっぷでまた関西へ その2 »

2010年1月 9日 (土)

18きっぷでまた関西へ その1

1001039844記事が前後してしまいましたが、正月休みに例によって「ながら」で関西へ行ってきました。
京都で降りて近鉄に乗り換え、発車すると車掌さんが「皆さん、新年あけましておめでとうございます、今年も近鉄電車をよろしくお願いします。」とアナウンスしたのにはさすが関西私鉄と思いました。



1001039863 今年の保存車訪問は近鉄伏見駅前の公園に集会場として利用されている京都市電1829から。
電車が走り始めたのは伏見から京都駅まで、特に案内看板などありませんが歴史的な地に電車が保存されているのは嬉しくなります。




1001036580 次は京阪との乗換駅丹波橋から200mほどの京都教育大学付属桃山小学校の校庭に保存されている1821を訪問、公道に近い場所ですが、フェンスや植栽できれいに撮れませんでした。
車内はシートなどもよく残っているようです。





1001039884 京阪の丹波橋で電車を待っているとなんともハデハデなトーマストレインが出発してゆきました。
ここから急行で大阪方面に向かったのですが、今回の目的のひとつは塗装変更が進む京阪の旧塗装をデジで撮影しておくこと、どこで撮るかは決めずに複々線区間で光線がよく撮りやすそうなところがあれば、と守口市で各駅停車に乗り換えてからは一番後ろに張り付いて見ていました。

1001039891 千林で降りようかと思ったのですが、先客がお一人いて場所も狭そうなのでそのまま乗車、次の森小路でも2人いましたがある程度場所があるので下車、途中ですれ違った旧3000系現8030系が来るまで1時間ほど撮影しました。
並んで構えていた方たちは撮影対象を決めているようで、この8000系新塗装などはシャッターは切っていなかったようですが、こちらは京阪をまともに撮影するのはン10年ぶりなので来る電車みな撮影していたらCFの残り枚数が50枚を切ってしまいました。
1001039947 実は電池も出かける前に予備電池の充電をしておいたのですが、出かける1時間ほど前に確認したらフルになっていませんでした。1時間でどれだけ充電できたか不安で、今入れている電池が危なくなったらどうしようと、この後の撮影は内心ヒヤヒヤでした。

複々線区間とはいえなかなか併走やすれ違いのタイミングがありません。
新旧塗装が同一フレームに入ったのはこのコマだけ、しかし普通車の新塗装は三井住友色と呼ばれているようですが、ほんとその通りですね。
1001030033 この場所に一緒にいた方はお二人とも若いファンでカメラはコンパクトデジでした。
撮ってすぐモニターで確認しているので、後ろにいる私にもその画像が良く見えたのですが、高速走行する電車を見事にひきつけて私などより実にいいタイミングでシャッターを切っています。
昨今のコンパクトデジはシャッターのタイムラグなどはほとんどなくなっているのでしょうし、解像度なども私の5年前の一眼よりも良いかもしれません。
1001030094 旧3000系が来たところで撤収、そのまま先に進むつもりが次の関目でも良い光線で撮れそうなので下車、京都へ向かう旧3000系を待ちました。







1001030133 京橋で中之島線直通に乗り換えて未乗区間の新線へ。
天満橋から先の新線区間各駅ともビジネス街で正月ということでホームにはほどんど人影がありませんでした。
終点中之島の先端には開削機をモチーフにしたモニュメントが設置されていました。
ここから地下鉄の阿波座まで歩いたのですが、早朝前日買い込んでおいたサンドイッチを食べたきりなにも食べてなく、いいかげん空腹だったのですがファストフードもコンビニも見当たりません。
日本橋で堺筋線に乗り換えて未乗の最後の一駅区間を潰して天下茶屋へ、ここのマクドナルドでやっと食べ物にありつきました。

続きます。

|

« 国土交通省利根川上流河川事務所 | トップページ | 18きっぷでまた関西へ その2 »

コメント

先ほど、関西より戻ってまいりました。
中之島ですが、地上に出て北上(左にリガーロイヤルホテル・右に大阪国際会議場を見る形になります)すると阪神電鉄の福島に出られます。
徒歩で正味10分程度ですかね。
更に歩くとというか、阪神福島駅前から丸見えですが、正面にJR大阪環状線福島駅、左にJR東西線新福島駅があります。
福島駅の周囲にはホテル阪神のほか、周辺に飲食店が充実しておりますよ。
ホテル阪神隣接のビルの中にも飲食店があったと思います。

投稿: 水の丘 | 2010年1月16日 (土) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 18きっぷでまた関西へ その1:

« 国土交通省利根川上流河川事務所 | トップページ | 18きっぷでまた関西へ その2 »