« 銚子電鉄2000形運転開始 | トップページ | 18きっぷで神戸へ その2 »

2010年7月27日 (火)

18きっぷで神戸へ その1

夏の18きっぷシーズンになりました、幸い初日20日の「ながら」の指定も取れたので、豊岡の門デフC5711を見て車両が増えた加悦に久しぶりに寄って、天橋立のケーブルと宮津線の転換後未乗区間を乗り潰してくるかと計画をたてました。
実はこのコース、春の18きっぷの時期に 乗ろうとしていたのですが、カゼをひいてしまい中止したものでした。
ついでに関西の保存車の夏休み中の公開日の変更などはあるかなと調べていたら、神戸王子動物園が21日に臨時開園するとのこと。
ここにはD51211と車掌車が2両保存されていますが、毎週水曜定休のため駅から近いのですが未訪問でした。
加悦は21日でなくともと、あっさり予定を変更しました。
出かけるときに投函するポストに入らない郵便物があったので、早めに出て東京駅前の中央郵便局の夜間窓口で投函しようと思ったのですが・・・
中央郵便局って建て替えの真っ最中で、代わりの局はけっこう離れていてしかも夜間受付やっていない・・・
仕方ないから大阪で投函するかと荷物を持ったまま「ながら」に乗車。
米原で乗り換えた新快速も座れたので近江八幡あたりから寝てしまって、京都も気が付かずにいました。
気が付いたら高槻の手前あたりの駅間で停まっています、しばらくしてアナウンスがあり、早朝吹田駅で人身事故があったため列車が詰っているとのこと、前にもこんなことあったなぁ、あのときも高槻の手前だったなぁ・・・
その後もトロトロ走りで結局大阪には30分以上遅れて到着、郵便を投函するかと桜橋口の大阪中央郵便局に向かったら・・・ここも建て替え中で、移転先は駅から1ブロック先。
面倒になって環状線ホームに向かいましたが、ここでの時間ロス約5分があとあと響いてきました。
続きます。

|

« 銚子電鉄2000形運転開始 | トップページ | 18きっぷで神戸へ その2 »

コメント

 東と西の中央郵便局に嫌われてしまったようですね。郵政民営化に伴う4分社化が未だに分かりにくいのですが、日中開いている窓口は郵便局株式会社で、夜間窓口は郵便事業株式会社です。

 大概の所は以前からの建物に同居していますから、会社の区別を意識しませんが、現在仮局舎で営業している東京中央郵便局の場合には郵便事業株式会社は同居していないため、夜間窓口がありません。

 いわゆる郵便局の建物の中に分社化された会社が同居していて、グループ会社といえども別々の指揮命令で動いていることは、分かりにくいですよね。

投稿: senrobata | 2010年7月27日 (火) 22時52分

senrobataさん
東京中央郵便局の工事は知っていましたが、仮庁舎がすぐ近くにあるものだと思っていたら、でした。
大阪も同時にやっているとは予想外でした。
気になったので名古屋中央郵便局はどうなっているのかなと今調べてみたら、駅前は分室になっているんですね。
京都は昔のままですが、鉄道ターミナルに中央郵便局が隣接する必要性は過去のものだと改めて思いました。
しかし内部でそのよう業務が分かれているとは知りませんでした。

投稿: TADA | 2010年7月29日 (木) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 18きっぷで神戸へ その1:

« 銚子電鉄2000形運転開始 | トップページ | 18きっぷで神戸へ その2 »