« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月28日 (土)

東総公開

久しぶりに行ってきました、ナデとかマイテがいたころに比べて展示車両が小粒になってしまった印象で、ここ数年はご無沙汰でした。いまだに大井工場とつい言ってしまいますが、トーソーという言い方にもやっとなじんできました。
1008280422 会場について先ずは食堂へ、カレーライス400円也。
あれ?なんか盛りが少なくなっている?
前はいかにもオトコの職場!って感じだたような・・・どっか他のところと混同しているかな?
お味は・・・業務用レトルトですね、しかし400円というお値段で提供されているのは立派かと。



1008280440 撮影はコンパクトデジ1台でお気楽に。
この並びの前は人垣だったのですが、手を伸ばして頭の上から撮影。
パンタは上げて欲しかったぞ。








1008280456 EF60はパンタを上げて、原型に戻した1コライトも点灯しておりました。










1008280463 有料のヨーヨー釣りのコーナーにスイカペンギンが。
おぉ、さすがスイカの普及に力を入れる東日本、こんなところでもスイカが使えるのか?!

と思ったら単なるアイキャッチャーでした。











1008280475 その後は都電鬼子母神電停そばの三愚舎ギャラリーで公開中の2010鐵楽者展を見に行きました。
表に向けて阿里山の大木橋をゆくシェイの特大プリントが展示されています。
しかし国鉄蒸機終焉後も台湾では国鉄型がそのまんま走っていたのですから、当時ヒマのある学生のときに何で行かなかったのかと改めて後悔しています。
展示作品の中の1枚、休車中のアルコの9600、これは確か「世界の鉄道」9600特集に使われていたのでは?とお聞きしたらまさにその通りでした。


26日付けの記事の表示が左側に寄ってしまっている、とのご連絡をいただきました。私の使っているFirefoxではきちんと表示されていましたが、IEでは変な表示になっていたようです。
修正しましたが、まだおかしいようであればご連絡いただけると助かります。
しかしIEではきれいに表示されてFirefoxでは乱れる、というのはいくつもありましたが、逆は初めてです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

豊橋鉄道市内線85周年記念企画展示

100824040118きっぷで東海道を西に向かう途中で豊橋鉄道渥美線新豊橋駅2階の、とよてつインフォメーションRIPPLE で行われている企画展を覗いてきました。








1008240398 8月末までの展示だそうです、この手の展示としては珍しく夜8時までと遅くまで開いているので東京を昼過ぎに出て各駅停車乗り継ぎでも余裕で間に合いました。







1008240400 市内線と渥美線のかつての風景と現在の様子を対比する展示、渥美線のほうは1980年前後のものが多いようで、ちょうど私が名古屋にいた時期で豊鉄もたびたび訪問していたころと重なり、そうそうこんな駅だったよなぁと懐かしく見てきました。
右手奥に見えるのはグッズ販売コーナー、豊鉄もいろいろオリジナルグッズを販売しています。


1008240412 旅行中なのでかさばるものは止めておいて、エハガキを購入、6枚組みで発行は「とよはし市電を愛する会」 以前から出ていますが、何度か改訂されて中身が入れ替わっています。







1008240397 会場入口にはこんなディスプレイが。
コントローラーにメーター、配管と運転台をイメージしているのでしょうか。









1008247145 駅前のベテストリアンデッキから市内線を撮影。
三脚なしでもこんなふうに撮れてしまうのですから、デジカメって楽ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

乗り潰しメモ

豊岡のマスコットキャラ玄さんの駅弁の記事を書いたらご本人(?)からコメントをいただきました。
本日現在検索ワードのトップは「硬派な玄さん」です、玄さん人気者ですね。

さて例によって乗り潰しの記録を。

8月19日現在私鉄営業キロ7416.5km 乗車キロ6954.2km 未乗キロ462.3km 乗車率93.767%
187位 / 8180人中

高松琴平電鉄 長尾線 瓦町~長尾 14.6km
四国ケーブル 八栗ケーブル 八栗登山口~八栗山上 0.7km
高松琴平電鉄 琴平線 仏生山~琴電琴平 24.9km

八栗ケーブルの車両は1964年製、南海新こうや号や東武DRCを思わせる顔つきです。

1008257297

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

この間購入した駅弁

1008030295201系中央線卒業記念弁当、新宿駅で購入、1000円也。
掛け紙が変っていたのでつい買ってしまいました。
一回買いそびれていますが、これは第4弾とのこと。
食べたときは気が付かなかったのですが、以前の記事確認したら、あれ??そぼろご飯から鶏そぼろが無くなって玉子だけになっている??
夏場だけの変更なのでしょうか?
201系の引退は10月と伝えられていますが、このお弁当もあと何回掛け紙が変るのでしょう。
1008030297 青森駅で購入したとりめし、お値段は700円とお手ごろですが、鶏と玉子のそぼろ、鶏てり煮がごろりと乗っかってよく見るとりめしのスタイルですが、ご飯が茶飯というところが嬉しいお弁当でした。
以前は820円という記事も見ますが値下げしてこの内容というのは立派です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

豊岡駅駅弁 玄さんの但馬牛ちらし

1008186744どんなお味だったか忘れてしまわないうちに。
改札外のコンビニには置いてありませんでした、駅員さんに「お弁当買いますから」と断って特急改札中に18きっぷで入場してホームで購入、1050円也。
かに寿司が並ぶ中で目を引いたのがこのお弁当、暑い中歩いてきたのでどうせ食べるなら肉!という気分で選びました。
ふつうの牛飯かと思って一口食べたら酢飯、暑さにげっそりしていた身体にはこれは嬉しかったです。ちゃんとちらしと書かれているんですが。牛肉と酢飯って相性良いんですね、大変おいしくいただきました。
玄さんというのは豊岡市のマスコットで玄武洞の溶岩と同じ推定160万歳、身長2m、体重160kgという硬派なキャラです、なんかいいぞ玄さん。
1008186710 豊岡では門デフK-7装備のかつての「かもめ」専用機C5711を見てきました。
集煙装置も外されてきれいな姿で大事にされています。






1008186724 駅からC5711が保存されている公園までのメインストリートは古い建物が多く残っていました。
その中でも一番は市役所、昭和初期の建造で戦後3階部分を増築したとのこと、元の姿は凸形だったそうですが、増設部分の窓の意匠も下にあわせていますね。
改築工事が予定されていますが、現庁舎は転用活用されるそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

乗り潰しメモ

8月17日現在 私鉄乗車キロ6888.2km 乗車率92.9%

北近畿タンゴ鉄道 宮津線 豊岡~丹後大宮 40.9km
丹後陸海交通 天橋立鋼索鉄道 府中~傘松 0.4km
北近畿タンゴ鉄道 宮津線 宮津~西舞鶴 24.7km
いずれも8月18日乗車

私鉄営業キロ7416.5km 乗車キロ6954.2km 未乗キロ462.3km 乗車率93.767%
187位 / 8180人中
1008186824 久しぶりに加悦にいってきました。
宝塚ファミリーランドから移ってきたポーターもすっかりなじんでいました。
話には聞いていましたがバスが激減していて、平日だったからなんとかなったものの、休日はクルマかタクシー利用でないと行けないところになってしまっています。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

18きっぷで大阪へ

先週のレポを簡単に。
例によって小田原から「ながら」に乗車、この列車時折変な人が乗っています。
自分はこの列車何度も利用して何でも知っているんだぞ、みたいなことを滔々と語る人を何度か見ています。
名古屋を出てそろそろ岐阜に着くころ、客室の前のほうでいい歳したオヤジがけっこう大きい声で「大垣から米原方面へ乗り継ぐ方、大垣駅の階段は前のほう一箇所だけですよ、いまのうちに移動するほうが良いですよ。」と案内を始めました。
そうでなくとも大垣の乗り継ぎは走る人もいて混雑するのに車掌でもないのに何だこのオヤジは?しかも間違えたこと言っているし。
「おじさん、イーカゲンなこと言っちゃいけないよ、大垣の階段は一箇所じゃない。」と言い返したら「え?最近増えたのかな」
おい、大垣が橋上駅化したのは国鉄の時代だぞ、階段が一箇所っていつの時代だよ??

1008116449 オヤジの話はさておいて、大垣、米原と乗り換えて京都へ、奈良線に乗り換えてJR藤森へ。
倉庫に使われている京都市電の単車253を公道から拝見、最近ペンキも塗り替えられたようでまだまだこのまま使われそうです。
ナンバーもちゃんと読めるし、大切にされているようです。

クマゼミがワンワン鳴く中を京阪の駅まで歩いて八幡市で下車、男山ケーブルに乗換たのですが、ケーブルホームに車両はいても扉があいていない、駅員さんも見当たらないしどうするのかと思っていたらスルスルと動き出してしまいました。
仕方なく20分待って次の便に乗車。





1008116494 4分で男山に到着、展望台まで行こうかとも考えていましたが、1本遅くなったのと気温も高くなってきたのでそのまま折り返しました。

1008116505




ケーブル車内から有名な淀の鉄橋をゆく京阪本線が見られます。
ちょうど列車がやってきたのですが、ポールにかかってますね。

次の目的地は未乗の交野線ですが、これに乗るとミュージアムトレインの回送に間に合わなくなりそうなので、次回にしてこのまま大阪を目指しました、が結局ミュージアムトレインの回送には間に合わず、気落ちして中之島に着きました。
1008116542
ところが乗ってきた快速急行が到着した直後にミュージアムトレインが3番線に到着、あれ?途中で抜いたのか?

気を取り直して車内を見学、電車そのものを展示室にしてしまうのは古くは日立のポンパ列車など例がありますが、やはり狭いですね、両側に人が立って展示品を見ているとすぐに詰ってしまうし、後から次々と入場者があるので落ち着いて見られずなんとなく人の列について流されて出てきました。
1008116602 中之島から阪神の福島まで歩いて一駅乗って梅田へ。
阪神の車内ポスターで阪神、阪急両デパートで鉄道模型展をやっているのを知り、どうせだから見て行くかと寄り道。
両方あわせた入場券700円也。単独だと500円でした。
画像は土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線のタイガースラッピング車の模型、これの予約注文が物販の目玉だったみたいです。

1008116618 鉄道コレクションの次回分も展示されていました、伊予鉄モハ106に銚子のデハ801、これは箱買い決定です。








1008116645 模型展を2箇所回ったので時間がなくなって、生駒ケーブルとけいはんな線の生駒から先はこれも次回に。
話には聞いていましたが大和西大寺は面白いですね、次から次へと電車がやってきて、形式も多彩、渡り線をクネクネと通過してゆくのを見ていると全く飽きません。
大和西大寺から京伊特急に乗って新ノ口短絡線を通過、伊勢中川で乗り換えて名古屋へ、あとはいつものように東海道を乗り継いで帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

絵本「オレンジ電車おぼえてる?」

10080361新宿駅南口コンコース内書店BOOK EXPRESSで購入、630円也。

最後の1編成がしぶとく活躍を続ける201系の絵本です。
製作は共立女子中学高等学校の生徒のみなさん、手づくりの絵本です。

表紙の少年二人が201系に乗って東京から高尾に向かう車内で、乗り合わせた乗客たちが201系と中央線の想い出を語るという構成になっています。

10080362 東京駅のシーンでは「201けいをつくったおじさん」たちが登場しますが、巻末の取材先を見たらJR四国の松田社長ではないですか、他にもトレインシミュレーターの向谷氏など層々たるお名前が並んでいます。
駅そば屋のおばちゃんも入っているところが良いです。
実際にこの方たちに生徒さんたちが直接取材して文を書き、絵を描いて本を造っていったわけです。
その様子はこちらで紹介されています

販売は中央線沿線の一部の書店、鉄道博物館売店など限られていますが、淡い色調で描かれ、利用者から親しまれた様子を丁寧に語ったこの小さな本は201系引退のなによりのはなむけと思いました。
100813124644s 毎日の通勤で中央線は利用していますが、1週間に1~2回は姿を見かけます。
先日は久しぶりに乗車もできました。
携帯で撮影するたびこれで最後かなと思いますが、そんな画像がけっこうたまっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

阪神百貨店鉄道模型フェスティバス

今回の関西行は前にも書いたように乗り潰し予定線区の半分を残してしまい、また保存車訪問も暑さで歩くのが嫌になり1個所だけでした。
目的の一つは京阪の100周年記念ミュージアムトレインの見学でしたが、これも回送を撮り逃がし・・・
10080358 中之島での展示を見て阪神の福島まで歩いて梅田まで一駅乗車。車内広告で梅田の阪神百貨店と阪急百貨店が合同企画で鉄道模型フェスティバルをやっているのというのを見て、ついでだから寄ってみました。で、その後の時間が押してしまって生駒ケーブルなどが次回になってしまったのですが。
物販コーナーでは鉄道ダイヤ情報などで鉄道絵画を発表されている松本忠氏も出品されていました。
銚子電鉄と只見川第2橋梁のポストカードを購入。
1008116604 ご本人も会場にいらしてその場で絵画制作もされていました。1枚いいですか?とお願いして撮影。

松本忠さんのサイト
http://www.k4.dion.ne.jp/~tadashim/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

乗り潰しメモ

乗車率7月28日現在
私鉄営業キロ7416.5km 乗車キロ6860.9km 未乗キロ555.6km 乗車率92.509% 198位 / 8127人中

               
京阪電気鉄道鋼索線八幡市~男山山上0.4km2010-08-11
               
大阪市交通局4号線(中央線)谷町四丁目~長田6.8km2010-08-11
               
近畿日本鉄道けいはんな線長田~生駒10.2km2010-08-11
               
近畿日本鉄道橿原線大和西大寺~平端9.9km2010-08-11

(近畿日本鉄道 新ノ口短絡線 新ノ口~大和八木 0.8km 2010-08-11)
新ノ口短絡線は集計には未計上

           
私鉄営業キロ7416.5km 乗車キロ6888.2km 未乗キロ528.3乗車率92.877% 

194位 / 8127人中

大阪市交通局完乗
計画していた京阪交野線、近鉄けいはんな線全線、生駒ケーブル2線には乗れず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

18きっぷで中伊豆へ

Blogは半ばメモ変りに使うつもりなのですが、だらだらと旅行レポを書いているとどんどん日がたって、その後のことの記憶も薄れてしまう・・・
1007215331 ということで、品川で購入した「かいせん天どん」1000円也。
感想は・・忘れました。あ、でも悪くはないです、さめてもべたべたになっていない天ぷらでした。
お弁当をいただくためにグリーン車を奮発しています。




1007215335 三島で待っていた駿豆線の電車には「夏まつり」のヘッドマーク。










1007215384a 各号車扉に沿線のお祭りのラッピング、車内広告もそのお祭り一色でした。
伊豆の国花火大会、函南猫おどり、三島夏祭り。
この日も暑い日でしたが、乗っていた老婦人の二人連れの方が「三島さんのお祭りが終わるまでは暑さが続くんでしょうね」とお話されていました。
函南の猫おどりというのは気になって調べてみたら近年始まったもののようで、きっかけはTVアニメ「まんが日本むかしばなし」で放映された函南地域に伝わる人語を話す猫の話だそうな。
1007215347 修善寺では専用ホームで踊り子号が発車を待っていましたが平日のせいか見事にがらがらでした。








1007215353m バスに25分ほど乗って、坂道を15分ほど登って天城ふるさと広場へ、D51243を訪問。
無料で入れる足湯があったのですがお湯が枯れていました。






1543682964_227s_2 修善寺駅に戻って構内の売店で名物わさびソフトクリームをいただきました。300円也。
わさびとクリームって相性いいんですね。













1007215388
帰りは三島の駅弁「桜えびめし」を購入、1000円也。
ここの駅弁もハズレがないのですが、感想は・・・忘れました。

食べ物の評価はすぐ書かないとダメですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

海水浴列車は両国駅

東京周辺、特に東側に住む一定程度の年齢の方は、夏の両国駅から出発していった海水浴列車の思い出を持っていらっしゃると思います。
1972年の総武快速線開業で両国駅はターミナルの地位を失いました、そしてその夏から海水浴臨時列車として登場したのが113系快速「青い海」「白い砂」でした。
斬新なネーミングと千葉局伝統のヘッドマークが魅力的でしたが、特急増発におされてかいつしか消えてしまいました。
それが今年の夏に「白い砂」が突然復活、しかも両国発着、113系使用で!
土日のみの運転なので下りは撮れず、上りもそのうちと思っているうちに運転最終日になってしまい、あわてて本日行ってきました。
1008080312 どうせなら両国駅ホームにも降り立ってみようと錦糸町から乗車、本来の利用者の海水浴帰りの方々もけっこう乗っていました。








1008080336 レトロ調の駅名票の下にはこんな看板も。










1008080333 新聞輸送列車が3月で廃止され定期列車の入らなくなった両国駅列車ホームですが、これからもこのような臨時列車の発着で使われゆくのでしょうか。








1008080340 普段はシャッターが降りている列車ホームへの通路入口にも「白い砂」の案内看板、通路はあっと驚くようなレッドカーペット、両側の壁面にはかつて両国に発着した列車の写真が展示されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

18きっぷで関西へ その5

六甲ケーブルを降りてバスで阪急六甲駅へ、始発から乗ったのはケーブルで降りてきた中高年ハイカーの方々ですが、途中の神戸大学前から学生さんで満員に。
山歩きと通学生が同じバスというのは神戸ならではなのでしょうね。
1542868231_204s 三宮で乗り換えて神戸高速鉄道の新開地へ。
ここに来たらやはりこのお店「高速そば」、東京メトロの「地下鉄そば」に匹敵する、いやそれ以上のインパクトのある屋号です。

ちなみに立ち食いそば店に詳しい大阪人の某氏によると、注文してから出てくるまでのスピードは「高速そば」よりも「阪急そば」のほうが早いそうです。








1542868231_249s さすがにかけは頼む気になれず、ざるそば380円+かきあげ140円を注文。
うずらの玉子も落としてあってなかなか本格的、麺の水切りもきちんとされていて美味しくいただきました。

ところでこの後某チェーンでざるそばの付いているセット食べたら、器ばかり立派で麺はぶつぶつ切れているは水はたまっているわで酷いものでした。








1007215299 神戸電鉄に乗って鈴蘭台で下車、10分ほど歩いて車庫に寝ている電気機関車701号を撮影。
昔はED2001と名乗っていた、東武、秩父などのお仲間とよく似たBB箱形機関車ですが台車が特徴的、急勾配路線なので勾配抑速ブレーキ、吸着ブレーキも備えた山岳用機です。
この後は未乗の粟生線を潰して加古川線、北条鉄道との接続駅粟生へ。
途中の三木で最近オープンした三木鉄道記念館に行こうかとも考えていたのですが、暑い中歩くのはもういいやでそのまま乗りとおしました。
1007215327 そのため粟生には予定よりも40分以上早く着いたのですが、駅前で軽く食事する店くらいあるだろうと思っていたら見事になにもない乗換駅でした。
酒屋が見えたのでそこの店頭自販機で久しぶりに見つけたスコールの500mmを購入、いざ飲みはじめたら少々持て余しました。
加古川線は今や電化してこんなのが走っているんですね、これ103系とはお顔だけでは分かりません。
左は横尾忠則氏によるラッピング車ですがなんだかよく分からないデザインでした。
加古川からの新快速は朝の遅れをまだ少々引きずっていて5分の遅れ、乗り継ぎには余裕を持って大垣には「ながら」に接続する列車の1本前に着く予定だったのですが・・・
神戸あたりからとろとろと寝ていて大阪も気が付かないまま過ぎて、ふと目を覚ましたらまた駅間で停まっている・・・しかも高槻の手前、どうもこのあたりは鬼門のようです。
京都には30分以上遅れて到着、その後もとろとろ走りで最後には草津で運転打ち切り!
後続の快速で野洲まで行ったもののそこから先への新快速が50分以上の遅れ、このままでは米原で「ながら」に接続する列車に間に合わない可能性が出てきました。
やっと来た新快速には同じように「ながら」に乗車予定の兄ちゃんたちが車掌さんに接続を取るかどうか確認していました。
情報が錯綜していてどちらともつかないようだったのですが、結局米原からの東海の接続列車は西の列車を待たずに発車、その後の大垣行の到着を「ながら」が待つということになりました。
ぎりぎりの乗り継ぎで来た人たちは米原からの各駅停車には間に合わず、新幹線で名古屋まで移動したようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

18きっぷで関西へ その4

1007215201そろそろバスの時間かと動物園を後にして阪急の架道橋がなかなか良い雰囲気のアーチなので1枚。
バス停について時刻を確認したら・・・
10分ほど前に行ってしまって次は45分後・・・
駅員さんは古い時刻表を見たのか方向を間違えたのか、動物園に行く前に停留所と時間を自分で確認しなかったのがいけないのですが。
停留所の前にタクシー営業所があってそっちでゆくかとも思ったのですが、この後の六甲山上のバスの接続を考えるとタクシーで行っても歩いても同じバスになりそうなので、直線距離で1kmもないので歩いてしまえと。バスに乗り遅れたショックと暑さで冷静に判断できなかったようで、歩き始めてすぐに後悔しました。
30度を軽く越える炎天下の昼下がり、ケーブル駅は当然山の中腹、距離は近くとも15分も上り坂をゆくのはしんどかったです。おまけに最後に曲がり角を見落としてケーブル駅の先まで上っていってしまいました。
1007215209 摩耶ケーブルの駅は住宅地の中に突然現れます。
この画像だけ見るといかにも山のケーブル駅ですが横も後ろも民家です。
ケーブルからは親子連れが一組降りてきましたが乗り込んだのは私だけでした。





1007215226 ケーブルカーに乗ったらお約束の離合シーン。
中間交換所には廃駅のホーム跡が残っています。途中にも2箇所ホーム跡がありましたが、ネットで調べた限りではいつころまで使われたものか不明でした。
新潮社の鉄道地図帳には記載あるかな?
摩耶ケーブルの終点の様子はこちらで。
ロープウエイに乗り継いで、その先は山上バスで六甲ケーブルへと向かいます。
バスの時刻を紹介していたサイトがあったのでそれを参考にしていたのですが、そこに記載された便よりも運転本数は多く、ほとんど待たないで乗換無しで六甲ケーブル駅を経由するバスに乗れました。

1007215263 六甲ケーブルはなんと2両編成、山下側は窓ガラスのないオープンタイプです。
冬はどうしているんだろう?
摩耶ケーブルは戦後再開時の1955年製車両でしたが、こちらは1999年に登場した3代目、画像の赤はクラシックタイプ、乗車した緑はレトロタイプと呼称して外観が少々異なっています。

続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »