« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

銚子電鉄の89年のあゆみ展示会

Blog更新をさぼっていましたが、この間のことや富山の続きはおいおいに、っていつになるやら。
1206309598 さて本日は犬吠の地球の丸く見える丘展望館で行われている銚子電鉄の展示会に行って来ました。
銚子に着いて接続時間があったので仲ノ町まで歩いてヤマサ工場脇のアジサイと丸ノ内線塗装の1002をまずは一枚。




1206309600 桃太郎電鉄ラッピングから銀座線塗装へと変更中の1001まだこんな具合でした。








1206309661 今回は銚子一日旅人パスを購入したので展望館へゆくシャトルバスもこのきっぷで乗れました。
シャトルバスは運行当初は一日券500円だけだったのが、犬吠駅~展望館の区間利用200円もできるようになっていたんですね。

展望館2階の展示室には近年のヘッドマークが並べられています。

1206309665 Nゲージの銚子電鉄各駅のミニジオラマやNゲージ車両が展示されていますが、車両は突然の病で不帰の人となった電鉄職員さんが残されたもの、膨大なコレクションはブックケースに入ったままナンバー、パーツなど未取付のものも多いのですが、あえてそのまま展示しているとのこと。



1206309659 運転コーナーも設けられており、この時はEF58の引く青大将が快走していました。
模型運転は土日のみ、車両持ち込みなどは不可です。






1206309657 流し撮りしてみました。










1206309712 銚子駅に戻るとアンパンマントロッコが到着したところ、ホームは大変な人出でした。








「銚電からメッセージ」 銚子電鉄の89年のあゆみ 展示会

6月16日(土)~7月16日(月)

地球の丸く見える丘展望館 2階ホール(入館料が必要となります)

午前9時~午後6時まで

 常備展示物:写真の展示・ヘッドマーク展示・元職員による鉄道コレクション展示など

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

夜行バスで富山へ その1

3日の記事に書きましたが、若桜の次は富山へ行って来ました。主な目的は新湊博物館の射水線講演会とこの春新線に切り替わった富山大橋、それとこちらも新たな橋の開通で廃止される越ノ潟~新港東口のフェリー乗船、ついでに未訪問の富山県下の保存車も回ってこようと。
1206028442 最初は素直に富山か高岡まで夜行バスを使おうと考えていたのですが、高岡・氷見便は早朝砺波駅前にも停まるので、これを利用して城端線沿線の2両を訪問することに。
まずは砺波駅から1kmほどのチューリップ公園に保存されている中越鉄道3号機を訪問。
公園を進んでゆくと機関車保管庫の手前に古い消防車「チャンドラー号」が展示されていました。1928年アメリカ製、案内看板も設置されていますが名前の由来は書かれていませんでした。
1206028465 私鉄の中越鉄道が城端線開業時に用意した3両の機関車のうちの1両、1896年ナスミス・ウィルソン製、省1100系のCタンク機。
保存機関車としては比較的早い時期の保存されたもので、専用の保管庫で大事にされています。
保管庫はGWのチューリップ祭りのときのみ開放でガラス越しの撮影です。
そこで反射など写りこまないようにレンズをいじくっていたら・・・

うっかりAFスイッチをMFにしてしまい、気が付かずそのまま撮影していました。よってピンボケばかり、この画像もシャープ強でなんとかごまかしています。
1206028497 砺波駅に戻り、次の目的地福光のD51165に向うのですが、時間があるので終点の城端まで乗ってきました。
この駅に来るのは35年ぶり、名作レイアウト雲竜寺鉄道祖山線祖山駅のモデルとなった木造駅舎は健在でしたが、かつては1線だったホームは2番線が増設されていました。



1206028586 福光の壁画のD51、ちゃんとお顔も描かれています。
立派なナンバープレートも付いています。
D512932・・・なんだこの番号は?と思いましたがフクミツなんですね。






1849430776_6m 福光駅前にはこんなお店も、中華料理の「チュー」
分かりやすい店名です。














1206028589 JR西日本は車両の単色化を進めていますが、高岡色から昔の朱色に戻っていました。








1206028594 ベンチには高校のクラブ寄贈の座布団。

続きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

若桜のオミヤゲ

1205190981 C12運転体験も無事終了。帰りの列車まで時間があったので、道の駅まで行ってみました。
こんなお菓子があったので購入、袋の表には「SLのまち若桜のぱくぱく食べれる石炭」裏のラベルには「竹炭豆」とあります。525円也。
ピーナッツをコーテティングして竹炭で真っ黒にしたお菓子ですが、この手のものはついあとを引いてポリポリと食べてしまいます。
右側は以前若桜駅でも購入したことのあるエハガキ付きほうじ茶750円。
深みのある香りの良いお茶です。
1205190979 当初は帰りのスーパーはくとは郡家から乗る予定だったのですが、スーパーはくとには車内販売はなく、下手をすると夕食をとりはぐれそうなので、時間があったので一旦鳥取まで戻り駅弁を購入。
朝見かけたしいたけ弁当は残念ながら売り切れ、1コだけ残っていたこれも狙っていたイカスミ弁当も先にいたニイチャンが手に持ってどうしようか思案中。
売店のお姉さんはかにめしも名物ですよ、と声を掛けて「そうだ、そっちにしろ」と念を送ったのですが、結局ニイチャンはイカスミ弁当を購入。
仕方がないので鳥取砂丘おこわ弁当にしました。820円也。
砂丘の様子をおこわで見立てて、他は普通の幕の内ですがこれはこれでなかなか美味しいお弁当でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

若桜でC12を運転してきた その3

若桜鉄道隼駅は鉄道ファンよりも熱い目をそそいでいる人たちがいます。
1205198236 その名もハヤブサというスズキの大型二輪のオーナーさんたちにとって、この駅は聖地とまで言われているのだそうで、ハヤブサオーナーが一同に会するイベントも行われているそうです。
そんな話を駅内のお店で聞いていたら折り良くライダーさんがやってきました。
お願いして駅名票が入るところに移動してもらいました。
私はバイクは全くの門外漢ですが、たしかにカッコイイです。

1205198232 駅舎はハヤブサグッズなど展示、販売するお店になっています。
バイク関係だけでなく、鉄道関連商品もいろいろありました。
写っているリクライニングシートも売り物でした。
同じ名前の小惑星探査機の模型も展示されていました。



1205190940 列車で若桜へ移動、運転体験の受付をして、車庫併設の会議室へ。
教本、バッチ、軍手が渡されました。
メンバーはリピーターさんが多く、初めてなのは私を入れて3人だけ、職員さんのお話では県内の方はいままでほとんど居らず、関西の人が多いが私のように東京からという方もけっこういるとのこと。
蒸気機関車の仕組み、ブレーキハンドル、加減弁の扱い方、圧力計などの読み方などの講習の後、いよいよ機関車へ。

1205190973 まずは職員さんによる見本運転を見学。
電機、ディーゼルなどとの一番の違いは加減弁の動かし方、動かすスピードによっても反応が違うということ、早く引きすぎると空転するよ、と注意されましたが、実際空転させてしまった方もいて、後で怒られていました。

機関士さんの帽子を借りて、アゴヒモもしっかりかけていざ運転。
ブレーキを緩めて加減弁を少し引くとソロリと動き出します。
おお、動いたよ!と思わず口走ってしまいました。
ここまで引いて、と先生が手を添えるところまでゆっくり引くとポッポッポとブラストも軽快に加速します。空気式なのでドレインは切りません。速度計を見て15km/hで絶気、バイパス弁を開けてスルスルと走りブレーキポイントに来たら単弁でブレーキ、単機のためか思ったより反応が良いという感触でした。
1205198261 若桜駅の反対側にある道の駅裏手は絶好の見学ポイント、何度も往復するC12を撮影、見学しています。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

若桜でC12を運転してきた その2

鳥取からスーパーまつかぜ3号で倉吉へ、バスに乗り換えて倉吉線打吹駅跡のC1175と鉄道記念館を訪問。
1205198116 機関車の撮影を始めたらパトカーがやってきてすぐ後ろに停まり、お巡りさんが降りてきました。
不審者と思われたのか?と一瞬思いましたがお巡りさんはこちらに「おはようございます」とあいさつして横の建物に。
裏から見ていたので気が付かなかったのですが、機関車のすぐ横が交番でした。
この立地はイタズラされることもなく、ある意味最適な場所かと。
画面左奥の白い建物が倉吉線鉄道記念館です。
1205198139 記念館は開館時間でしたが管理人さんは常駐していないようで、室内灯を訪問者が点けるようになっています。
館内には移動機が真ん中に鎮座、倉吉線関連の資料、部品、写真などが展示されています。
倉吉市の施設なので旧関金町の関金から先、終点山守などの写真はあまりないところがなんとも。


1205198175 バスで倉吉駅に戻ってスーパーはくと6号でまた鳥取へ。
乗車前に1番線に設置されている旧跨線橋の「帝国鉄道庁神戸工場」の銘がある柱を見学。

鳥取からはまたバスですが、その前に駅高架下の商店モールで蒸気機関車の写真展をやっていたので、ささっと見学。
地元の方の作品です鉄道100年の4重連列車もあり、気になっていた4両目のD51のナンバーが分からないかと思いましたが読み取れませんでした。
若桜行きバスは市外へ出る前に市内中心部を回ってゆくコースで、駅から数100mほどの停留所を発車してから20分ほどしてから通過したのを見て、これを知っていればもっとゆっくり写真展を見られたのにと。
1205198183 次の目的地は若桜鉄道隼駅に保存された北陸鉄道ED301とオロ126。
隼駅付近は国道と離れていますが、地図を見てここらへんだろうと西御門バス停で降りたところ、すぐ目の前に隼駅入り口の看板が出ていました。
ちょうど車両の手直しをされている方がいたので、声をかけて室内も見学させていただきました。


1205198203 オロ12はJR四国でムーンライトに使われていた車両で連絡船の桟敷席のようなカーペット車です。
この構造を生かしてライダーハウスとして低料金の宿泊、休憩施設として使われています。

続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

若桜でC12を運転してきた その1

若桜鉄道では若桜駅構内で空気式で動態保存しているC12167の運転体験を月1回程度行っています。
Webを見ると申し込んだ後、抽選のうえ案内が来るとなっています。
小湊鐵道の気動車運転体験は毎回すぐに埋まるというし、横川のEF63運転体験も週末は同様との話です。
12050891 それが空気式とはいえ国鉄制式機を運転できるのだからかなりの人気だろうと思ったものの、ダメ元で申し込みをしておきました。
で、一週間前に封書が届き、運転体験申し込み書その他が同封されていました。

いそいで往きの夜行バスと帰りの新幹線「のぞみ」最終を手配しました。
往きも早朝の「のぞみ」ならば日帰りもできるのですがついでに鳥取県下の保存車も訪問することにして、浜松町から倉吉行き夜行バスに乗り込みました。
発車後この日は名神が工事のため迂回するので到着が遅れる可能性がある、とのアナウンスがありました、バスが遅れるのはままあることですが、迂回なんてWebにも浜松町の窓口にも表示してなかったぞ。余裕は見ているけどあまり遅れると困るな、と思ったものの鳥取着は若干早着でした。
1205198093m まずは鳥取砂丘入り口にあるこどもの国に保存されているD51303を訪問。
この日は土曜日のため早朝のバスは運休で駅からタクシーを使いました。
以前は駐車場の隅の目立たないところにあったそうですが、最近入り口正面に移動、その際整備もされたようで露天ながらきれいな状態でした。
帰りはバス停まで5分ほど歩いて駅に戻りました。

1205198099 鳥取駅コンコースにはC59の1/10模型が展示されていました。
案内によるとこれは2号機で同じ作者の1号機は先ほど行ったこどもの国に展示されているとのことです。






1205190939 駅の売店で朝食にとあご寿司を購入、850円也。
鳥取の駅弁はかに寿司が有名ですが、以前買ったすばら椎茸弁当は文字通りすばらしいお弁当で、キノコを使った駅弁では個人的にベスト1だと思っています。
その椎茸弁当もあったのですが、朝なので軽めのものを選びました。
売店のおばちゃんに営業時間を聞いたら19時までというので、帰りにも寄って椎茸弁当を、ともくろんだのですが・・・

続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

福光駅の郵便車?

35年ぶりに城端線に乗ってきました。
1206028491 途中の福光駅で見つけたもの、壁画?のD51、良く見ると屋根にちゃんと煙突が乗っています。
キャブにはそれっぽいプレートも付いています。
後ろにはブルートレイン風の客車が続いています。




1206028493 中間にコンテナ車風の花壇を挟んで有蓋車?+タンク車に最後は〒マークの赤い車両。








1206028580 妻板も表現されています。2軸の車掌車みたいなイメージですがヘッドライトらしきものも。
で、これは一体なんなのだろう?郵便局だったら面白いのですが、それにしては小さすぎるし、と駅舎を出てみると・・・





1206028568 駐輪場でした。
入り口側には「ひかり」「こだま」「雷鳥」など列車名のプレート?がはめ込まれています。
「のぞみ」がないのでかなり以前からあるもののようです。





1206028512 福光駅前にはD51の動輪もあり










1206028522m 10分ほど歩いた公園にはD51165が保存されています。
城端線はD51とは無縁の線区でしたが、機関車が保存されたことで町のシンボルとしてD51の壁画が作られたのかもしれませんね。

この後は新線になった富山大橋の市内線見て、ライトレール~バス~フェリー~万葉線で新湊へ。

1206028987 新湊博物館の企画展に合わせて開催された射水線の講演会に行ってきました。

ここにたどりつくまでにまたいろいろあったのですが、それはおいおいに。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »