« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月29日 (土)

いすみ鉄道、ポッポの丘新製品

ここのところ活発な動きを見せるいすみ鉄道とその沿線のポッポの丘に行って来ました。
1209272749 いすみ鉄道では以前からオリジナルのレトルト里山カレーを販売していましたが、最近登場したキハカレー、なんでキハなのか良く分かりませんが、懐かしい昭和の味だそうで。500円也。
鉄道菓子に加えてここのところご当地カレーもオミヤゲに買っている私には見逃せないお品、お味はこれからのお楽しみで。
いすみ鉄道の手がけたお菓子はこれまでも揚げせんべいのい鉄あげ、最中、まんじゅうなどがありましたがカステラも出ました、タマゴ屋さんのポッポの丘の産みたてたまごを使ったというコラボ商品、パッケージは新型のいすみ300形です。1000円也。





1209272747 ポッポの丘は展示車両の増加に合わせるように鉄道関連商品も増えていました。
左はオリジナルクリアファイル200円也。
右上はエハガキ付き記念入場券、鉄道会社に硬券を納入している会社に特注したものだそうで、500円とこの手のものとしては少々お高いのですが、売り上げは展示車両の補修費用にするということで、半ばカンパですね。
右下はデハ702のうちわ、裏面はポッポの丘オリジナルキャラクター下総おうみがポッポの丘を紹介する4コママンガです。200円也。

1209272667 ポッポの丘には丸ノ内線454、羊蹄丸にいたDE10、JR東から来た14系寝台車が展示車両に加わっていました。
ちょうど丸ノ内線の補修にボランティアで協力された方が来られていて、営団フォントで作成した方向幕表示を見せていただけました。
この後ツァーでポッポの丘に来られた方々のリクエストで差し替えも行われましたが、人気は「西銀座」渋いチョイスですね。










1209272683 国吉駅の駅ネコ「クロ」ちゃんは居候から晴れて公認となったようで首輪をして構内巡回に励んでおりました。
















1209272703 つい先日JR最後の旅客タブレット閉塞の只見線が自動化されましたが、国吉駅ではその風景が見られます。
観光駅長さんがホームでキャリアを肩に列車到着を待っています。
この後のタブレット手渡しシーンは列車から大勢の方が降りてきて撮影会状態でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

18きっぷで高山へ その2

各駅停車の良いところは一駅一駅観察できるところ。
1208291477 この駅名で連想するのは「ゆう子」か「片平」か「シンドバット」か「バルコニー」かはたまた循環急行か?








1208291361 飛騨萩原駅には袴姿の駅員さん。
後で調べたら無人化で商工会に委託されて来ている方だそうです。
乗った列車での乗降はありませんでしたが、出てゆく列車に手を振ってお見送りされていました。
こういう情景を見ると今度この駅に降りてみようかと思います。




1208291489 上麻生駅前に保存されているC12163を訪問、立派な保管庫の中でちょっと手を入れれば動態復元できるのでは、という良好な状態です。
保管庫は徒歩5分ほどの町役場に申し出て見学申請書を記入して職員さんにカギを開けてもらいます。
そのため見学時間が役場の窓口時間となり、土日は不可となるので訪問のハードルは案外高い機関車です。
この日は曇りでしたが、側面はご覧のようなガラス貼り、庫内はまるで温室で10分ほどで見学を切り上げました。
1208291550 駅のベンチで1時間以上列車を待って美濃太田へ。
駅弁立ち売りおじさんは健在でした。

















1208291363 松茸釜飯を購入、持ったときにあれ?軽いな、と思いましたが、釜は陶器ではなくプラスチックでした。
スライスされた松茸が3枚、赤いカンズメのサクランボがこのお弁当の歴史を物語っているようです。
駅弁は基本的に列車内で、それもなるべく走行中にいただくことを心がけているのですが、この時はこれから乗る列車が高校生の帰宅列車で混雑が予想されるので駅のベンチでいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

18きっぷで高山へ

関東にいると高山本線はあまり縁がない路線ではないでしょうか。
観光地高山に行く機会はあっても、その先まで乗ることは少ないでしょうし、一度全線通過してしまうとそこで終わりになりそうです。景色はよいものの貨物は昔になくなっているし、撮影主体でも人気は高くないように見受けられます。
私も美濃太田までは近年も何度か行っていますが、その先は学生のころ乗ったきり、そこで沿線の保存車訪問がてら30数年ぶりに乗ってきました。
1208291385 「ながら」で行くと意地の悪いことに岐阜では4分前に高山本線の1番列車が出てしまいます。
これに乗れれば後が楽なのですが、次の普通列車だと高山着が1時間半ほど遅くなってしまいます。
岐阜で時間をつぶしていても仕方ないので、名古屋で降りて太多線経由で美濃川合へ、美濃太田の留置車の様子を見てきました。
車両数は昨年と変わっていませんが、クハ103のシートが外されていました。
1208291446 美濃太田から普通列車で飛騨川の車窓を楽しんで下呂で下車。
このまま高山まで行ってしまうと折り返し時間が13分しかなく、駅から徒歩5分ほどの公園に保存されている9600とラッセルを見に行くには少々時間が足りません。
後続の特急に乗れば高山に10分ほど先着するので、そのわずかの時間を捻出するため下呂~高山の乗車券、特急券を購入。
駅にある顔出しの後ろをキハ85が走っています。
1208291444 駅前のみやげ物屋さん店頭には電光案内板があって、名産品などを紹介しています。
で、この名前は・・・お菓子らしいです。
















1208291359 高山ではあわただしく保存車訪問をして、トンボ帰りで上り列車へ。
構内の売店ではさすがに観光地らしく何種類かの駅弁が並んでいました。
飛騨牛しぐれ寿司を購入、ローストビーフをワサビ醤油でいただく、暑い時期にも食が進むお弁当でした。

続きます。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

やっと尾小屋に行ってきた その2

涼しい坑道から暑い地表に出ると午後の展示運転を前に準備が行われていました。
1208250974 No.5蒸機の演出用石炭を煙突から投入、さらに発炎筒を着火してこれも投入。
発炎筒の煙はときどき色が変わったりしていました。

作業のため網式の火の粉止めを外しています。
お願いしてこの姿で形式写真を一枚撮らせてもらえばよかったと、この記事書きながら今さら思いました。











1208251064 動態のキハ3はエンジンをかけて10数mほどですが運転します。お客さんも座席が埋まるほど乗っていいました。
体験乗車の後は撮影しやすいところまでさらに前進してくれました。

日本の動態保存車では一番短い距離しか走らない車両かと思いますが、引退して四半世紀を軽く超える車両を整備、維持されていることには頭の下がる思いです。

1208251186m この日は夜間運転会も行われるとのことでしたが、14時すぎに引き上げました。






1208251220

帰り際に尾小屋駅跡へ、駅舎は無くなったものの、構内はそのまま草が茂った状態の広場でした。
奥には東大鉄研OB会が管理するキハ、客車を保管する2棟の小さな車庫と露天のDCが草の中に埋もれていました。
庫の奥にはターンテーブル跡も見られましたが、いざ写してみるとなんだか分からない状態でした。
帰路はところどころに残る尾小屋鉄道の廃線跡を見ながら山を降りて、その後は北陸鉄道の保存車を2両回ってきました。
1208251243 能美私立博物館の北陸鉄道モハ3761は3年半ぶりの訪問ですが、相変わらず美しい状態でした。
働いていた沿線の施設で屋根の下で大切にされている、静態保存車として理想の姿ではないでしょうか。





1208251263 続いて山中温泉道の駅のモハ6011「しらさぎ」を訪問。
前回訪問時は入れなかった車内が、今回は土曜日のためか開いていました。
座席の上になにか丸めておると思ったら、シートモケット交換作業中とのことで、モハはほとんど張り替えられていました。
手が入れられているのはうれしいことです。

1208251296 その後は武生まで戻って、福井鉄道の北府駅へ、ここは今年3月に駅舎改修が行われ、内部はミニ資料館となりました。
木造駅舎の年季を経た雰囲気は無くなってしまったものの、外観はそのままで駅舎としても、鉄道資料館としてもこれからも使ってゆくという福井鉄道の姿勢には拍手を送りたいと思います。



1208251339 日も落ちようとする頃、パンタを乗せた元名古屋地下鉄のビール電車がやってきました。








1208251352 ビール電車は途中でトイレタイムをとるため、後続の電車に抜かれます。
そのため余裕で福井市内へ先回りできました。

ここでレンタカーを返しに行くS氏と別れて福井駅へ。




1208251362 エキナカコンビニで焼きさば寿司を購入、長浜までは特急に乗って、その後はいつものように乗り継いで「ながら」で帰京しました。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

やっと尾小屋に行ってきた

夏の18きっぷ旅行記の続きです。
最後の非電化ナロー、尾小屋鉄道を訪問したときには列車にはさよならの装飾がついていました。
そして雪害のため終点尾小屋までが運転されず最終日を迎えました。
その後尾小屋では車両が保存され、東大鉄研OB会の手により動態保存も行われている、とうことは知っていましたが、バスの便は少なく足を向けることはありませんでした。
10年ほど前に旧駅近くに小松市が車両展示館を作り、その後車両整備が行われ気動車も動態化したとニュースでは聞くものの、運転日は休みが合わない日ばかり・・・
今年の運転日を見てみたら8月は土曜にも公開があるので、ここならば行けそうです、バスは一日3便しかありませんが、「ながら」往復で一部特急を使えばなんとかなりそうです。
知人のS氏にその話をしたら、ならばレンタカーで一緒に行こうというありがたいお申し出をいただきました。
1208250773

「ながら」から乗り継いで米原で乗り換えた敦賀行きは北陸本線開業130周年の記念マークを着けていました。







1208250785 福井で下車、越美北線の列車が発車を待っていましたが、キハ120も一色になっていました。
国鉄形でない国鉄色?

ここでS氏と合流、手配していただいていた駅前レンタカー屋さんから尾小屋に向いました。




1208250786 旧尾小屋駅裏手を鉱山跡に登ってゆくと車両3両を保存するポッポ汽車展示館に着きます。あたりにはほのかに石炭のにおいが漂っていました。
横の広場にNo.5蒸機が引き出され、演出で煙突からうっすらと煙が出ています。















1208250800 周囲にはナローの鉱山電車線が敷かれ体験乗車で賑わっていました。










1208250903 ひとしきり保存車両を撮影した後、次の体験運転まで時間があったので隣接する鉱山資料館へ。
尾小屋鉄道関係の資料、部品、金平駅名票などが展示されています。







1208250914 資料館の裏手には体験坑道があります。
この日もジリジリと日差しの強い暑い日だったのですが、さすがに地下は湿度は高くいもののひんやりとしていました。
公開されている坑道は思ったよりも長くかなり歩いたところでバッテリー機関車とナベトロがいました。
レンズの露付きを気にしながら撮影。

続きます


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

豊橋市内線ビール電車

下戸の私には縁がないものだと思っていた夏の風物詩、今年も各地の路面電車などで運転されました。ノンアルコール飲料もあるのでいかが?というありがたいお誘いをいただいて18きっぷで豊橋へ日帰りしてきました。
1208110393 「ながら」で行って朝は近江鉄道にでも寄って、と考えていたのですが、金曜発の「ながら」は瞬時に満席、その後機会があるごとに指定券券売機で確認しましたがキャンセルはでず、朝の東海道線で下ってゆきました。
熱海ではこんなラッピングの伊豆急がいました。
昨今アニメキャラのラッピング車両は各地で登場しているようですが、全面ラッピングだと私のようなオヤジはちょっと撮影も乗車も引けてしまいますが、これくらいならば大丈夫かな?
1208110396 豊橋から名鉄で先ずは最初の目的地中京競馬場へ、途中で各駅停車の乗り換えた豊明ではデキがホッパ車を挟んで待機していました。







1208110402 競馬場にはパノラマカーが保存されていますが、事前に調べたら当日はレースはないものの場外馬券の発売があるため無料入場できるとのことで、初めて競馬場なるところへ足を踏み入れました。
近年改装され、明るくきれいでファミリー向け施設などもけっこうあり、思わずほぉ~とあたりを見回しました。
パノラマカーは運転台も開放され、後で気が付いたのですがミュージックホーンも鳴らせるとか。
入り口にコンパニオンのお姉さんがいて、他にお客もいなかったこともあり丁寧に説明していただいたのはなんだか申し訳ないような気分でした。
以前は中間車は供食スペースだったのですが、お店は撤退していました。





1208110442 せっかく競馬場に来たのだから、なにか名物っぽいものでも食べてゆこうと飲食コーナーに回ったら、ここもショッピングセンターのフードコートと見まごうばかり、勝つにひっかけてトンカツなどが目立つのがそれっぽいかなと。
かつてパノラマカーのお店で人気メニューだったという勝ち馬サンドというのがあったので購入。
分厚いカツサンドが3切れでけっこうボニュームありました。

1208110400 また名鉄に乗り継いで刈谷に出たのですが、車内で天井を見上げるとどうも違和感が・・・
吊り手が直接天井から下がっているんですね。






1208110446 知立駅で乗り換えたらホームにはパタパタ式案内表示機がありました。
いつの間にかこの手のものも消えて行っています。







1208110452 刈谷では乗り換えの間に駅から5分ほどの交通公園に保存されているD51777と名古屋市電を再訪。
公園は改装されていて、D51の位置は変わらぬもののホームが逆側になっていました。





1208110483 豊橋駅前の電車のりばに行くとすでにビール電車は入線していました。









1208110497_2 特製の掛け紙のおつまみセット、いなり寿司があるところがさすがは豊橋です。
参加者の皆さんほとんどの方がこの掛け紙を持ち帰ったようです。












1208110517 運動公園往復の約1時間20分、帰りはジャンケン大会も行われ大いに盛り上がりました。
ちなみに私は全敗でした。
司会のアテンダントのお姉さんのお一人がジャンケンめっぽう強くて、全員負けなんてことが数回あり、最後は負け残りというルールとなりました。
画像はオミヤゲにいただいた電車のイラスト入り吉田煎餅と甘酒。

ご一緒させていただいた皆様、楽しいひとときありがとうございました。

駅前で解散後、二次会へ行かれる方々と別れ駅へ、ところがこの日は天気が大荒れで、東海道線名古屋方面は大雨のため抑止中、浜松方面は運転しているものの、名古屋方面からの直通列車は運休となって予定よりも小一時間ほど遅く帰宅しました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

夏の18きっぷで加悦へ

いまさらですが、メモ代わりということで。
1208010024 「ながら」に乗るため小田原までは例によって小田急で、いつもよりちょっと早い電車で行ってホームで待っていたらコンテナ電車が貨物線を通過していったので、あわてて後追いでなんとかシャッターを切りました。






1208010026 いつもならば米原から新快速に乗り換えるのですが、山陰本線の福知山まで行く電車はさほど本数がなくて、大垣発の快速に乗っていても京都の乗換え時間はそこそこあるので、そのままとろとろ寝ながら京都へ。
新快速色の117系がいたので撮ったあとふと時計を見たら福知山行きの発車まであと3分、寝ていて気が付かなかったようですが、東海道線快速は少々遅れたようです。
1番線ホームに降りてから山陰ホームまで走ってなんとか間に合いました。
1862281575_242 福知山では市内2箇所の保存車を回るので、駅構内の観光案内所でレンタサイクルを借りました。電動アシスト付きで500円。
こんな案内看板がありましたが、なんでもゆるキャラ化すれば良いってものではないでしょうに・・・
光秀公崇敬会みたいな団体があったら抗議しそうだが。









1862281575_103s_2 まずは北丹鉄道福知山西駅跡の公園の2号機レプリカを訪問。
レプリカとはいえ近づいてもそれとは分かりません。
鉄道友の会の保存車リストなどにはレプリカゆえ掲載されていませんが、公園の片隅の上屋の元で静かに眠る姿は保存機関車そのものです。










1208010097 続いて商店街の中にあるポッポランドを訪問、C57の動輪が中央に鎮座していますが、ロッド付きという展示方法は珍しいのではないでしょうか。







1208010133 ポッポランドから50mほどの2号館にはC5856が保存されています。
商店が連なる道筋にいきなり機関車が顔見せているのは、保存蒸機数多くありますがここだけでしょう。
常に手入れされているようで、非常に良好な状態でした。

福知山からバスで加悦へ、この路線はしばらく宮福線と北丹鉄道跡に沿って走りますが、鉄道跡らしきものは車窓からは見つけられませんでした。
やがて山間に入って小さな峠を越えた集落に阪急電車がいました、とっさのことでカメラは出せませんでしたが、京都の山奥に2800がいる、とは聞いていましたがここだったとは。
1208010201 加悦では目的のスパゲッティをいただき、前回整備中だったDLを撮影、1時間半ほどの滞在でバスで野田川へ。
ここから天橋立まではすぐですが普通列車はしばらくないので特急に乗車。







1208010219 天橋立駅裏手のビューランドのモノレール乗車が目的だったのですが、あいにく乗り場に着いたときにはモノレールは出たばかり、次の便は20分後なので平行するリフトで展望台に上がりました。
途中で降りてくるモノレールとすれ違いました。
このモノレール、鉄道営業法による路線ではなく、遊戯物ですがJTB大型時刻表にも掲載されています。

1208010236 展望台のモノレール駅と天橋立。
「景色というのは5分も見ていれば飽きる」という宮脇先生の言葉とおり、展望台で時間をつぶしても仕方ないので次のモノレールで戻りました。






1208010267 天橋立からはここも特急利用で、入線してくる列車に外人さんもカメラを向けていました。

18きっぷで普通列車ばかり乗っているとたまに特急に乗ると快適でこのまま京都まで行ってしまおうかとも思いましたが、途中の亀岡で下車、そこから乗り継いで上り「ながら」で帰ってきました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

一足早く秋の空

senrobataさん、品川530さんのBlogで奇しくも入道雲がテーマになっていました。
そういえば入道雲を意識して撮ったことはなかったな、とお二人のカメラアイはさすがだなぁと思いました。
1209082119まだまだ暑い日が続くようですが、先日大人の休日倶楽部パスで行った北海道はすでに空には鰯雲が広がっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

国鉄気動車標準色

ここのところ更新をさぼってしまっていますが、先週18きっぷで出かけた高山での画像を。
1208291474 高山駅構内のキハ48国鉄色。
JR東日本でも烏山線にこのカラーになったキハ40がいますが、もともと朱色一色で登場したグループなので復刻色とはなりませんが、雰囲気はでてきます。
ところでこのお顔で国鉄色でデビューした車両がありました。
名古屋工場でキロ28の下回りに新製車体をのせたキユニ28の最初のロットはすでに標準色は朱一色になっていたのにもかかわらずツートンで登場しました。
美濃太田で横から撮ったものはUPしていましたがスキャンしたネガを見ていたら正面からも撮っていました。
80112127mkiyuni283 現在のキハ48もこのラインに合わせているようですね。
1208291467








高山では駅から5分ほどの公園の9600とラッセルを見てきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »