« 失われた未来 | トップページ | 年に一日だけの保存車公開 その2 »

2012年11月10日 (土)

年に一日だけの保存車公開

鉄道工場などで通常非公開の保存車両もイベントなどで見られる機会があります。
だいたいそういった企画は日曜開催が多いのでなかなか私は行けないのですが、祝日に開催されるものもあります。
大牟田市が管理する三井三池専用線の機関車は毎年11月3日の文化の日に他の産業遺構とともに公開されます。今年は土曜日で休みがあったので、これを逃すとまた数年行けないと思い博多のホテル付き航空券を予約しました。
ところが日ごろの行いが悪いのか久しぶりにカゼをひいてしまい、かなりの発熱で寝込むほどに。前日になんとか熱も下がったので無理をしないつもりで出かけました。
12110255235 乗ってから気が付いたのですが、ANA福岡便はB787でした、窓の大きさはそれほどでもないなと感じましたが、ボタン操作で窓にスモークがかかるのは良いですね。アナウンスに変なエコーがかかるのは?ですが。
福岡のターミナルでは降りた方がけっこう皆さんカメラを向けていました。



1211025292 前回福岡空港に降り立ったときは上空混雑で10分の遅れ、SFJだったのでターミナルは端っこ、バス停までかなり距離があり、20分ほどの乗り継ぎで余裕だと思っていたら間に合いませんでした。
今回は5分の早着でANAだったのでターミナルもバス停に近く、余裕で予定のバスに乗れました。
先ずは志免の29612を訪問、塗装などだいぶ疲れています。
撮影していたらご婦人が声をかけてきました。
貝塚にも機関車があるのですがご存知ですか?と。
以前行ったことはありますが、この後行くつもりです、とお答えしたところ、ニュースで貝塚の車両が修復されたと報道されたので、どんな様子なのか知りたかったとのことでした。
子どもさんが小さい頃よく連れて行って客車にも当時は乗れたとのこと。
地元の方がこうやって関心を持ってくれるのがうれしいですね、ぜひまた見に行ってください、とお話しました。
1211025310 29612から500mほどの勝田線志免駅跡の鉄道公園にも寄ってきました。
車両はありませんが、ホームなどが残っています。
勝田線は市街地の中を走っており、当時の国鉄がもう少しやる気を出していれば福岡の都市近郊路線としてやってゆけたのではないかと今でも思っています。



1211025338 バスと地下鉄を乗り継いで貝塚に向いましたが、着いたときは公園の閉園時間17時を過ぎていました。
門のところにいた職員さんにお願いして、49627とナハネフ221007をささっと見てきました。
ナハネフはきれいに塗りなおされ、車内を見られるような簡易デッキも付いていました。

続きます。

|

« 失われた未来 | トップページ | 年に一日だけの保存車公開 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年に一日だけの保存車公開:

« 失われた未来 | トップページ | 年に一日だけの保存車公開 その2 »