« 秋の大人の休日倶楽部パス その1 | トップページ | 一般電車 »

2014年11月 3日 (月)

秋の大人の休日倶楽部パスその2

また日が開いてしまいましたが、先月の成果をさらっと。
1410016018 大人の休日倶楽部パスの一日目、日帰りでどこか行けるところは、と時刻表を眺めていて、そういえば岩泉に寝台車が来たけどバス使えば行けるかなと思いついて調べてみたら・・・楽勝で日帰りできることを発見。
岩泉線は接続する山田線も本数が少ないため乗りにくい路線の東日本の筆頭でもあったのですが、盛岡からのJRバスを使えば昼過ぎには到着できます。
岩泉駅前から消防署前に名称変更した小本行きのバスに乗り換えて道の駅の奥にある運動公園へ。設置されたばかりなので現役感たっぷりの24系が3両丘の上にいました。テールマークは「日本海」なのは引退時のまま残そうということなのでしょうが、「はくつる」「ゆうづる」のほうがこの場所に似合っているように思えます。
1410015973 順番は前後しますが、旧岩泉駅舎内にはこんな写真が展示されていました。
1960年代に国鉄が試作したアンフィビアンバスがターンテーブルで転向中。
このDMVのご先祖様の画像、晴海の鉄道90周年記念展示は見たことありますが、営業路線での試運転の様子は初めてみました。










1410016019m ついでに岩泉道の駅の未成線小本線の駅名票、モトオ ではなく右横書きです。
実現していたらオモトセンのオトモエキということになって、切符買うとき混乱しそうです。

1410016065 小本から三鉄で宮古へ、山田線代替も受け持っているバスで磯鶏へ。

列車が来ない駅横の公園の9625、良好な状態でした。
回りでは子供たちが遊んでいました、「どこから来たの?」と声かけられた5歳くらいの女の子に「東京だよ」と答えたら「私東京の人キライ!」と言われてしまいました。誰だよこの子東京嫌いにさせたやつは。

1410026093 翌日は午後の新幹線で軽井沢へ、以前も乗った草軽交通バスを降りて30分ほど歩いてかつての列車ホテル跡のオロネ10を訪問。

1410026125 また30分ほど歩いて北軽井沢の観光案内所へ、草軽の資料、大型模型などが展示されています。前回来たときは臨時休業で中に入れませんでした。

さらにバスで羽根尾駅前へ出て、吾妻線移転新線区間を乗りつぶし。

1410036146 3日目はまた午後のやまびこで郡山、乗り換えて広田で下車。

駅前のタクシー営業所にはボンネットバスが寝ていました。

1410036153 磐越西線車窓からも見える巨大観音像のある会津村へ、入口に保存されているキハ8503、広い駐車場の真ん中にぽつんと置かれています。画面右手にはシートを被ったもう一両がいます。

駅に戻って郡山、山形と乗り換えて新庄駅前泊。

1410046168 翌朝は近くの公園のC58304を訪問、手入れはされていない模様。

1410046252 今回の目的はここ、真室川森林鉄道。土日しか動かないので、前回は寝ているところしか撮れませんでした。
一日3便設定されていますが、最初の11時の運行の前に臨時の団体便が出たのでこれを「歩き追っかけ」で撮影、11時の便に乗車。
一風呂あびて、次ぎの13時を撮って帰るつもりが、お客さんがいなくて運休でした。

|

« 秋の大人の休日倶楽部パス その1 | トップページ | 一般電車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の大人の休日倶楽部パスその2:

« 秋の大人の休日倶楽部パス その1 | トップページ | 一般電車 »