« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月28日 (日)

北陸新幹線乗りつぶし

1506054004 3月に開業した北陸新幹線、6月はじめに乗ってきました。ついでに沿線の保存車を訪問。
大宮から昼の「はくたか」に乗車、お弁当は掛け紙にひかれて米沢牛焼肉重を購入。
長野から先が初乗車ですが、飯山を出てすぐ長いトンネルに入り、出たらもう越後平野だったのには驚きでした。




1506051109 黒部宇奈月温泉で下車、ここは3月にも駅前に移設した黒部峡谷鉄道のED8を見にやってきましたが、今回は前回時間がなくて行けなかった丘の上の黒部峡谷のバッテリー機関車を訪問しました。
地鉄の新黒部駅の向こうに見える「名水の里 黒部」の看板の裏側が目的地です。
直登する道もあるとのことですが、行きは楽してタクシーを使いました。

1506051097 丘の上の運動公園の一隅にバテロコが鎮座しています。
後ろにはD51動輪はじめ車輪を展示。
左端には「クマ出没注意」の物騒な看板も。






1506051061 動輪、車輪が並んでいますが、説明書きがあるのはD51動輪のみ。
手前は黒部峡谷のナロー用のようです。

続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月)

5月も九州へ

4月の南九州行きのレポが延々と続いてしまいましたが、翌月も成田~福岡のLCCを使って北九州の保存車両を見てきました。
ジェットスターがバーゲンをしていたので後先考えず予約したのですが、帰りの便がこれしか空いてなかったのか福岡15:15と早く、あまりあちこち見られませんでした。
新たにLCC用にオープンした成田空港第3ターミナルは第2ビルの駅から歩いてみると覚悟していたよりも時間はかからなかったものの、荷物が多いと辛いでしょうね。途中の休憩所へのレーン表示が鉄道の待避線みたいで面白かったです。
1505260932 一日目は筑前山家駅横に保管されている福岡市内線507を訪問。
この電車は須恵町民俗資料館に保存されていましたが、昨年12月に北九州線車両保存会さんに譲渡され、この地で修復作業が行われています。
須恵町時代はかなり痛みがきていましたが、再塗装されピカピカになっていました。
この後は北九州線車両保存会さんのマンバーの方の鉄道模型、グッズのお店がある二日市に行きましたが、事前に確認しなかったのがいけないのですがあいにくの定休日。仕方ないので駅裏手のダイエーで買い物して向かいのインドカレー店で夕食にしましたが、この店当たりでした。
宿は西鉄の大牟田のひとつ手前の新栄町、線路際で電車の音は聞こえるもののトレインビューではありませんでした。
翌日は三井化学専用線を撮影するので宿から歩いてゆけば良いのですが、後のことを考えて一旦大牟田に出て駅でレンタサイクルを借りました。
ここは西鉄直営で営業時間はなんと6~23時、日本最長営業時間かも?
自転車漕いで新栄町に戻り、三井化学へ受け渡すJRの貨物を待ちましたが時間になっても現れず、専用線の信号所にも人が来ないので踏切に行ってみたらここには職員さんの姿が。しかし雑草除去のエンジンカッターを手に線路を歩いて行ってしまいました。
1505270965 運休確定なので機関区へ行くと検査出立てのような姿の19号がいました。
ここから地図をたよりに自転車で20分ほど北上。
















1505270997 うどん屋さんの駐車場に保存されている大牟田市内線→福岡市内線204を訪問。
この電車は廃車後山口県の光市図書館に保存されましたが、老朽化のため撤去の方向だったところ、須恵町の507と同じく北九州線車両保存会(当時はこの名称ではなかった?)さんに引き取られ大牟田に戻り整備されました。
このうどん屋さんで食べて行こうと思ったものの、まだ10時で開店時間前でした。

1505271009 大牟田から西鉄で久留米の次の小駅櫛原へ、歩いて5分ほどの久留米市鳥類センターに保存されているD51928を訪問。
鳥類センターとはなにやら学術研究でもやっているかのような名称ですが、ミニ動物園といった施設で小規模な遊園地も併設しています。
外から見て遊具が動いていなかったので平日なので、ひょっとしてここも休みかと思いましたが開園日でした。
有料施設の中で上屋もあり、鉄道OBの方が定期的に整備されているとのことで状態は良好です。
1505271026 櫛原から乗った各駅停車は小郡で急行待ち、そこで時刻表を見ると5分ほどで甘木鉄道が来るので下車、甘木鉄道ホームに着くとやってきたのは国鉄色でした。
前面はともかく、側面みると案外似合っているもんだと感心しました。





1505271044 西鉄の駅に戻って天神行きに乗って二日市に着いたとき向こうのホームに8000系ラッピング車「旅人」が見えたので下車、大宰府に向かって出発するところを撮影できました。
二日市で降りたのだから、昨日休みだったお店を見てゆこうと改札出たのですが月火定休営業時間12~19時と扉のポスターにも書かれてあるのに、水曜13時で開いてない・・・まぁおかげで無駄使いしないで済んだのですが。

福岡空港のジェットスターカウンターは第一ターミナルで地下鉄からも近く、これだったら1時間前に来ることもなかったなと思いました。
気になっていた遅れは往復ともなく、成田で降りてから駅までの歩く時間も羽田の先っぽの方に降ろされたときの京急駅までの所用時間とさほど変わらないかも、が実感でした。

往路はやはり仕事を終えてから成田は少々厳しいですが、帰りは時間があえば今後も使ってみるかと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月17日 (水)

JR最南端の駅へ その6

やっと最終回です。
1504220441 翌日は朝方は鹿児島市電を撮影、4月30日で移転する高麗町の車庫にはこんな垂れ幕が。








1504220456 荒田八幡の電停から1kmほどのジャングルパーク跡に保存されていたD51714が3月末から解体されている、というので行って見ると・・・
すでに機関車は跡形もなく、乗っていたレールだけが残っていました。





1504220452 途中でお見かけした白猫さん。


















1504220506 市電車庫に戻って事務所で許可をいただいて見学。









1504220539 次ぎは市電に乗ってたばこ産業前で下車、鹿児島車両センターのC5185を訪問。全国でも4両しか保存されていないC51の一両です。
ご覧のように機関車の構造を示すため各部をカットしてあります。
この機関車が保存されたのは1958年、桜島の降灰もある地でよくぞ今まで残っているものと思いました。


1504220558 午後は串木野へ、駅前には68660の煙室扉と動輪が展示されています。

目的地は串木野金山を公開したゴールドパーク串木野が閉鎖後、地元酒造会社が再開した「金山蔵」、バスもあるのですが、金山蔵の見学トロッコの時間に合わないのでタクシーでと考えていたのですが、駅前に一台もいない・・・
電話番号が書かれた案内看板もなく、駅にあった観光パンフを見て電話をしたところ、携帯からでは繋がらないという応答メッセージ。
こんどは公衆電話を探してやっと一台呼んだもののなかなか来なくて、15分ほど待ってやっと到着。
運転手さんについ文句を言ったら。この時間はちょうどフェリーが着くので、みんな港に行ってしまっていたとのことでした。



1504220648 金山蔵に着いたものの、トロッコの発車時間は過ぎてしまって次ぎは一時間後、先に食事するかとあきらめかけていたら、受付の方が「まだ間に合います」と乗せてくれました。
トロッコの走る坑道は約700mとかなり乗りでがあります。
坑内展示も金山関係はだいぶ整理されたと聞いていましたが、バテロコなども残っており、想像していた以上に楽しいコースでした。

1504220637 ここのトロッコは機関車が中央で人車が2両づつ前後に連結されているので、機関車先頭の様子は見られません。
時間が押していたのでゆっくり観察できなかったのですが、機関車は外観はヨレヨレですが、運転台機器などは最新のもののようです。




1504220635 注目すべきは機関車次位に連結されているこの貨車。
金山蔵の名のとおり、温度変化の少ない坑道を利用して醸造施設、長期熟成貯蔵庫が設けられています。
そこへの原料と製品の輸送はこの貨車ですべて行っているとのこと。
つまり現役の産業軌道なのでした。



1504220676 串木野から川内で乗り換えて阿久根へ。
駅前に保存されている25系寝台車を訪問。
ここは列車ホテルとして利用されており、当初の予定では泊まるつもりだったのですが、昨年10月に営業を止めていました。




1504220680 帰りの肥薩おれんじ鉄道の駅で見かけた駅名票。
これ鶴見線だったら大変な話題になっているでしょうね。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月15日 (月)

JR最南端の駅へ その5

1504210224 枕崎はかつての鹿児島交通、国鉄が使用していた駅はここもスーパーになっており、JR駅は100mほど短縮、移転していました。かつての駅跡の「駅前観光案内所」では枕崎市観光協会発行の「日本最南端の終着駅のある町到着証明書」を販売しています。




1504210227 枕崎駅は短縮後ホームだけの殺風景な終着駅でしたが2013年に寄付などにより新駅舎が建てられました。








1504210246 この区間に乗車するのは実に37年ぶり、当時とダイヤはあまり変わっていないようで、途中の西頴娃で交換のためしばらく停車。
無人駅かと思ったら委託の女性駅員さんがいました。
入場券もペラペラのものながら扱っていました。



1504210250 次の頴娃駅は漢字でもかなでもローマ字でも2文字の駅。
JRではここと飯井(いい・Ii)駅の2駅のみ。







1504210252 最南端の駅、西大山に到着、ホーム端のモニュメントを入れてお約束の一枚。









1504210254 列車から降りたのは私ひとりでしたが、ホームには撮影する人も。
何も無いだろうと思っていた駅前にはなんと土産物屋さんがあったのには驚きました。






1504210301 ホームには指宿・山川駅で入場券発売中とのポスターが貼ってあります。
土産物屋さんには枕崎同様に指宿市観光協会発行の西大山駅到着証明書を売っていましたが、入場券は扱っていませんでした。

ここから3kmほど歩いて薩摩半島の先っぽ、長崎鼻へ向かいます。











1504210263 長崎鼻の観光施設、パーキングガーデン駐車場には鹿児島市電5014、509が保存、というより放置されています。
一応倉庫として使われているようですが、ほとんど手入れはされていないよう、いつ解体されてもおかしくない状況でした。





1504210286 長崎鼻からは開門岳の秀麗な姿が望めるのですが、あいにくの天気でご覧のとおり。

ここからまた40分ほど歩いて西大山駅に戻ると・・・





1504210295 ホームに人がいます、駅前にはバス?










1504210297 なんと観光バスが2台、列車を待つ間にはタクシーも到着して駅前は大盛況。









1504210305 開門岳をバックにモニュメントと列車、これはおさえておきたいヒトコマだったので到着10分前くらいからスタンバイしていたのですが、観光客の皆さんもここで撮ろうとホームは端から端まで人でいっぱい、白線など無視しているのでつい注意をしたのですが、まぁ大変な状況でした。
小海線の清里~野辺山や銚子電鉄の犬吠~外川のように観光バスの人も山川か指宿まで乗るのかなと思ったら、乗車したのは私ひとり。
観光地にはなっているものの、JRには全く収入がないという、なんともいえぬ有様でした。








1504213972 枕崎駅到着証明書と西頴娃駅入場券、西大山駅記念入場券。
西大山の券面には「駅の周囲は畑が広がる長閑な雰囲気」とありますが、時間を選ばないと長閑な雰囲気は味わえないことが分かりました。











1504210320 鹿児島中央駅内で夕食をすませて、しばらく駅前で市電を撮影。
大観覧車のイルミネーションが刻々変わってゆきました。

続きます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月10日 (水)

JR最南端の駅へ その4

加世田では見るべきものが沢山ありますが、バスの乗り継ぎ時間は1時間半ほど。12号蒸機がいる運動公園から戻って次ぎはバス整備場で保管されているハノーバー1、2号蒸機、キハ103、DD1202、KATO5t機を訪問。
以前は加世田駅跡の資料館に保存されていたものが、ショッピングセンター出店で追い出されてしまった車両たちです。
1504210152 その後も大切に保管されているとは聞いていましたが、公開前提の場所ではないため果たして見ることができるのか、現地に行くまで分かりませんでしたが運の良いことに整備場のシャッターが開いていてキハのお顔が見えました。
さらに幸運なことに車両のお守りをされている方がいらして、いろいろお話も聞けました。
南さつま市では加世田に残る南薩鉄道の車両の保存、活用をするべく3年計画で予算が組まれて、運動公園の12号の移転、ハノーバーやキハの整備など検討されるとのことでした。
1504210167 加世田のバスターミナルにはこんなバスもいました。
クジラバス、車体ラッピングだけでなく屋根と前面で大きく口を開けています。
















1504210171 バスターミナル出札口で入館券を買って裏手のちょっと目立たないところの南薩摩鉄道資料館へ。
入口にはC12同形の13、14号機と思われる動輪が2つ展示されています。
ほかにも整備機械などごろごろと置かれています。




1504210198 バスターミナルにはDD1201と2号蒸機が保存されています。
これを撮影したところで枕崎行きのバス発車時間まであと10分。
両替かねて小腹も減ったのでショッピングセンターで軽く食べられるものを仕入れようと入ったのですが、ホームセンターと食品スーパーが同じフロアにある実に巨大な店で、しかもレジは共通なのでけっこう並んでいました。
小走りに店内を抜けてバスターミナルに戻ると発車1分前でした。
続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 9日 (火)

福鉄おかき

Dscf4011m 福井鉄道有人駅で今月から販売しているおかき、昆布、サラダ、ザラメの3種類、大野市のお菓子屋さんの製品に福鉄オリジナルラベルが貼られています。
1袋130円のお手軽価格、西鯖江では3種類揃っていましたが、越前武生ではすでに1種類だけとなっていました。
撮影待ちの軽いおやつに、帰りの車内のビールのお供にいかがでしょうか。



Dscf4009m 越前武生では廃券となった硬券や記念一日乗車券なども販売しています。
1枚100円とこちらもお手ごろ価格でした。
左上は今回使った一日フリーきっぷ、土日祝日のみの販売ですが、500円とかなりオトクです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 6日 (土)

本日の乗りつぶし

1506061528 北陸新幹線に乗って福井へ行ってきた。
JR営業キロ19875.8km 乗車キロ19868.0km 99.961%
東日本の仙石線、石巻線復旧変更部分と、東北仙石連絡線が未乗車。

私鉄はJRから転換されたあいの風富山鉄道、いしかわ鉄道、地鉄市内線富山駅前後に乗ったので100%に復帰。


1506061309 去年故障で運休になったこいつも無事撮影、乗車できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 3日 (水)

本日の川越線

K0050062m こんなのが来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »