« 2015夏の18きっぷ | トップページ | 2015夏の18きっぷその3 »

2015年8月18日 (火)

2015夏の18きっぷその2

夏の18きっぷシーズンはムーンライトながらの運転日も多いので何度か利用しています。
大垣、米原、京都と乗り換えて山陰線へ。
1507292172 福知山からは2連のワンマン列車になり、江原で下車。車窓からも見える日高小学校のC58170を訪問。
学校に保存されている場合、事前に見学を申し込んだりもしているのですが、ここは校庭の端の公道に面したところでしたので、アポなしでもOKでした。
駅から徒歩5分もかからないところですが、次の列車までの時間は25分ほど、気ぜわしく撮影したのですが、そのときファインダー内の表示が妙だなと感じてはいたのですが・・・撮影モードダイヤルが動いていてマニュアルモードになっていました。結果は露出過多、かなり画像処理ソフトでごまかしたのですが周囲は飛んでしまっています。
1507292190 江原から豊岡までは特急券+乗車券を買って2駅だけ381系に乗車。この車に乗るのはいつ以来だろう、しなので乗ったのはいつだったか・・・その後やくもでも乗っていたか、ちょっと記憶があやふやです。
車内中央の1人掛けというのはオリジナルだったのでしょうか。













1507292193豊岡では今時貴重な国鉄特急色同士の交換が見られました。
これも露出が狂っていたので補正したのですが、色合いが少々きつくなってしまいました。






1507292211 今回の主な目的は今年4月に上下分離で経営主体が変わった北近畿タンゴ鉄道改め京都丹後鉄道の乗りつぶし。
経営が変わって乗りなおしとなると、営団→メトロもその対象になるのですが、さすがに地下鉄は面白味がないので乗りなおしはしていません。
ここは近年観光列車の「あおまつ」「あかまつ」「くろまつ」が登場して、ぜひ乗りたいと思ったものの、ながら往復の強行軍ではうまいことプランに組み込めませんでした。
1507292216 豊岡駅丹鉄ホーム待合室のゴミ箱、右の竹製のものは最近置かれたものでしょうか。








1507292226 京丹後市エリアに入ると各駅にこんなキャラクター勢ぞろいの看板が。
丹後七姫伝説とのことですが、ラインナップがすごい。
羽衣天女、乙姫の昔話キャラから静御前、小野小町、細川ガラシャという歴史上のビッグネーム、聖徳太子の母君間人
皇后、この人だけは知らなかったのですが、川上摩須郎女、この方の娘が垂仁天皇のお后になったそうです。

続きます。

|

« 2015夏の18きっぷ | トップページ | 2015夏の18きっぷその3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015夏の18きっぷその2:

« 2015夏の18きっぷ | トップページ | 2015夏の18きっぷその3 »