« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

2015年撮り収め

30日に18きっぷで甲府へ行ってきました。
1512305567 南甲府のKATOを見て










1512305574 注連飾りをつけた仏壇機関車拝んできました。


















1512305557 合間にはこんなの来たし











1512305591 最後はこんなの見られました。
実は甲府駅のトイレが混んでいて乗る予定の電車に間に合わず、ホーム待合室でぼーとしていたら臨時特急の到着を告げるアナウンス、そういえばホーム先端に三脚立てたニイチャンが何人かいました。
でもなんで三脚使うんだろうね、KRでも入れているのかい?

画像の保存は日別のフォルダを作っているのですが、今数えたら2015年は59個、毎週ナントカ男という人がいましたが、それ以上でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015鉄道の日その4

山陽電鉄のイベントの後、岡山から宇野へ。宿は駅から10分ほどの元和風旅館の素泊まり専門ゲストハウス、なので駅前で食事をと考えていたのですがその手のお店が全く見当たらない・・・
仕方ないのでコンビニで適当に仕入れましたが、連絡船があったころの活気ははるか昔とつくづく感じました。
翌日はすこやかセンターに保存されている琴電760号、元玉野市営モハ103を訪問。
宇野駅から5kmほど、バスはそこそこあるのですがあいにく訪問日は日曜日で早朝便は休日運休、仕方ないので駅前からタクシーで往復しました。
1510253637 運転手さんは年配の方でしたが、電車が保存されていることはご存知なく、このあたり、というところまで行っても見つかりません。犬と散歩している方がいたので場所を教えてもらって到着。
木立があって道から見えにくいところでした。
帰り道、かつての線路跡の川の上を走るところで、運転手さんから高校生のときこの電車(ディーゼル化後?)で通っていたというお話を聞けました。

1510253656 宇野からは列車移動のつもりでしたが、駅に戻ったところで高松行きフェリーがちょうどあったので宇高連絡船以来27年ぶりに瀬戸内海を渡りました。
瀬戸大橋開業後も民間フェリーは2社が24時間運航をしていましたが、高速料金値下げなどで利用者が減って、今では1社だけで10往復、画像に見える国道フェリーはすでに撤退しています。


1510253660 宇野港を出て10分ほどで前方には高松のビルが見えてきました。









1510253664 天気も良く瀬戸大橋を見渡せる気持ちの良い1時間の船旅でした。

乗る前に時間がなくて何も買えず、船内売店も閉まっていたので、自販機の缶コーヒーですき腹をごまかしていました。

1510253666

高松に到着、駅に着くと乗る予定の列車の発車8分前でしたが、ホーム端の連絡船うどんで一杯かき込んで多度津へ。

1510253727 多度津工場へのシャトル列車、今年は新車の8600形量産車を使用。

工場では踏み段を置いて乗降していました。

1510253744 保存車C58333の近くで部品即売をやっており、人が切れません。

1510253765 C58333の後ろには明治のマッチ箱ロ481とD51動輪、この動輪D51とD52の刻印がありました。

1510253732 ワラ1はトキとともに公開エリアから離れたところに留置。

1510253797 資料館展示物、数年前両国の江戸東京博物館でも展示された修学旅行用電車155系の3人掛けシート。

なぜここにあるのか説明は無いのですが、よくぞ残してくれたものです。

1510253784 これはぜひ動かしてほしい、国鉄100年記念のリニアモータカー模型。

シャトル列車で多度津に戻り、特急に乗って岡山で新幹線に乗り換え、新神戸で降りて地下鉄で名谷へ。

1510253926 多度津と名谷のハシゴなんて無茶したなと思いますが、こいつを見たかったので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月30日 (水)

トミカタウン・トミカステーション

1512235341 トミカタウンの歓迎アーチ。










1512235342 アーチの先にはトミカステーション。


















1512235343 本屋さんもトミカ書店。


















1512235352 駅前にはバス停、ポスト、公衆電話。
電話の看板も今では見かけなくなりました。
屋根瓦も立派です。







1512235346 トミカタウン観光マップ。
トミカの工場はありません。









1512235356 カタカナ表記はありませんがひらがな表記は案内看板にありました。









1512235327 沿線の保存車、工場内に保存されているD51409。









1512235372 美濃市駅に留置されているナガラ10。










1512235387 美濃駅跡、2番線のモ512は黒野町へ出張中。









1512235395 旧美濃駅前に向かい合ったお店。
旧国名の屋号は多いですが、北海道屋というのは珍しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月26日 (土)

池袋の蒸気機関車

池袋西口で本日、明日と行われている鉄道模型芸術祭の一環で、西口公園でホンモノの蒸気機関車が走りました。
1512274511 成田夢牧場から出張運転の羅須地人鉄道協会の11号機マフ・ポッター号。
羅須製のスティームトラム風縦型ボイラー機、ナベトロをお供にチュクチュクと時折汽笛を鳴らして往復していました。
この機関車、10年前も都内で出張運転していますが、今回は繁華街のど真ん中、特撮オタにはウルトラマンガイアの第一回と最終回のロケ地として知られる場所でまさか蒸機が走るとは、驚きの企画でした。

1512274517 清掃工場の煙突、西口のビル街をバックに。
ミズノエノリュウは写っていませんね。














1512274519 昼抜けで行ったのであまり時間は取れず、模型会場へは行けませんでした。
屋外物販コーナーでのお買い物。
地元東武のフライング東上フライドポテト、500円也。語呂合わせでしょうか?
南部縦貫と羅須のポストカード。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月24日 (木)

現役時代そのままのD51

保存されている蒸気機関車はたくさんありますが、廃車時そのままという状態のものはどれだけいるでしょうか。
ほとんどの車両が保存にあたって一部部品を外されたり、可動部分を溶接されたりしています。
梅小路はみな最後に工場で手入れされて、いわば展示状態で運び込まれていますし、鉄道博物館のC57135は、おそらく大宮工場でアスベストの除去などを行っています。
追分のD51320はそのままかもしれません、320号機に匹敵する当時のままのD51を昨日見て来ました。
中京地区の保存車両のお守りをボランティアでされているKさんからお誘いをいただき、愛知県の知人お二人を誘って見学にゆきました。
1512235504 個人所有のD51、保存車両に関心のある者には有名な存在ですが、それを実際見た人は少ないはずです。
外からではこの中にD51がいるとは思えない専用の保管庫に収められて、ひっそりと時をすごしてきました。
数年前からKさんたちがオーナーさんから依頼をうけて清掃、整備を行っているとのことですが、ほこりを払い油拭きした車体はまさに現役機の雰囲気。
長工式集煙装置を付けていますがこれもちゃんと作動するそうで、取り外された保存車が多いなかこの集煙器そのものも貴重な存在です。
プレートはさよなら運転時の青地が実物で、現在付けているのはレプリカです。
運転台の防寒幕など保存時には撤去されてしまいがちな装備も残っており、ちょっと手をいれれば火を入れるのは無理にしても空気式ならば走行も出切るのではと思われる状態の良さでした。

1512235528 設置当時は個人でD51を買ったということで、週刊誌にも取り上げられました。
オーナーさんがお持ちになった週刊文春、最初は露天で田んぼの中にポツンと置かれていたとか。

蒸気機関車の運行を目論んでいる某市長も目を付けて見学に訪れたというこの機関車、これだけ状態が良いものをこのままにしておくのは残念な気がします。
どこか自治体でも企業でも引き取って短い距離でも走らせようというところはないものでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月21日 (月)

本日の鉄博

1512215217 親のところに顔出したついでに寄ってきました。
C57135にこんなマーク掲示とあれば行かざるおえません。
さすがに実物ではなく、右下に見える写真から復刻製作したもので、日の丸小旗はコピー用紙とか。
28日までこの姿で展示だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月17日 (木)

2015~2016冬の18きっぷその1

18きっぷの修行旅、先日開業した仙台地下鉄東西線を乗りに18きっぷで往復してきました。
自宅を5時前に出て新宿、池袋、赤羽、宇都宮、黒磯、郡山、福島と乗り継いで仙台に12:16着、さて東西線乗り場は?と構内の案内を見ても「地下鉄」の表示のみ。それに従って行ったら従来の南北線乗り場で東西線へはさらに歩くことに。
開業から10日目でしたが、まだなにか記念装飾があるかと思ったのですが、ところどころにポスターが掲示してるのみ、駅にも記念グッズ、パンフレットの類もありませんでした。
1512164504 一日乗車券を券売機で購入。
これがまたそっけない券面。
ここまでストイックなきっぷも珍しいのでは?













1512165140 車両のドア横に祝開業のステッカー。


















1512165149 東の終点荒井、ちょっと離れたところに何本か祝開業ののぼりが立っているだけでした。

折り返しの八木山動物公園行きに乗車。
途中広瀬川を渡るところと八木山の渓谷で外に出ます。
特に八木山のところは人家の見えない山の中で、地下鉄に乗っているのを忘れそうな風景が車窓に広がりました。










1512165157 仙台市の住人には特に気になることもないのでしょうが、路線図に仙台と川内が並んでいると鉄道マニア的にはもやもやするものがあります。

1512165158 大町西公園で下車、車窓から見て西公園の端から広瀬川を渡るところを撮れそうだ、と思ったのですが、一部工事中で立入り禁止、木の枝が邪魔でこんなアングルしかありませんでした。

対岸の国際センター駅からはすっきりした写真がとれそうです。

1512165163 西公園の北の端のC601の周りもまだ工事中、来年3月竣工とのこと。

西公園から南北線の勾当台公園へ出て北仙台へ、ここも地下鉄からJRへの乗り換えで地上に出たところに全く看板がなく、反対側に行くところでした。

1512165172 仙山線に2駅乗って東北福祉大前へ。駅前のステーションキャンパス内鉄道交流ステーションで開催中の瀬古龍雄と仙台の鉄道を見て来ました。

瀬古氏といえばこの方がいなければ梅小路のC51239も新津のC57180も残らなかったのでは?と思われる鉄道友の会新潟支部の重鎮ですが、昭和20年代後半学生時代を仙台ですごされて、当時撮影された市電、仙石線、仙台鉄道などの姿をいきいきと捉えています。
残念ながら今回展示の図録はありませんが、過去の企画の図録が販売されていました、ご当地仙山線の交流電化に関するもので、そうとう専門的な内容でこれは歯が立たないと思い購入しませんでした。
福祉の大学でなんでこんな電気の専門書みたいなもの出すんだよ、と同じ学部出身なのでそんな感想も。

入口の駅長制服は東北福祉大出身のハマの大魔神佐々木投手が一日駅長で着用したものです。
1512165173小さな駅前広場を挟んだ、改札抜けて0分の立地なので、キャンパス入口は駅の待合室も兼ねているようです。

そこに並ぶ椅子はおなじみの固定クロス、ディスプレイに流れている映像は「つばめを動かす人たち」

伊福部サウンドが流れる大学って一体なんなのでしょうね。

帰りは仙台を16時すぎに出て福島、黒磯、宇都宮の乗り継いで帰京しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 6日 (日)

KATOホビーセンター京急公開

1512064422 西落合のKATO本社前の京急デハ268の車内公開が行われるというので、昼抜けシフトを利用して見て来ました。
到着したときには「海水浴特急」のマークを付けていました。







1512064425 同社で保管している京急の行先板がズラリと。適宜差し替えていたそうです。










1512064433 ブルーのモケットにニス塗りの車内がきれいに修復されていました。










1512064435 見学記念カードをいただいたので実物といっしょに。
日の落ちるのが早い時期なので、あと数時間いればこのカードのような夜景も見られたのですが、残念ながら仕事に戻りました。






1512064449 ホビーセンターを一回りして、デハ268のキットを購入して、出てきたら行先板が大師線のものに変わっていました。









1512064451 最寄り駅の大江戸線落合南長崎駅にはこんな広告も。










1512064452 Nゲージ50周年記念のデハ268アッセンブリーキット、以前だったら編成にするのでもう一両!だったのですが、このごろはとりあえず持っていればいいや、で1箱だけ購入。
デハ800のキットも楽しく組み立てたなぁと思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 2日 (水)

真岡SLフェスタその2

駅舎前、キューロク館前、横ではテントが並んでいろいろなイベントが行われていました。
1511294358 真岡ならではで面白いなと思ったものがこれ、プレート拓本コーナー、一枚100円。
4両の蒸機の予備プレート?の拓本を本物のススでとれるという、マニアックすぎる企画です。
あまり行列はできていなかったようですが・・・

手前にはコスプレコーナーがあって、一体何?と見たら、機関士の制服で写真を撮ろうという企画でした。
一見何人も並んでいたので大盛況かと思いきや、となりの綿アメの行列でした。なんでもピーク時には綿アメ20分待ちだったとか。





Dscf4404m この手のイベントではおなじみとなったローカル私鉄各社のブースでみつけた小湊鉄道里山トロッコピーナッツパンケーキ。
イラストでジャケ買いです。
どら焼き風のパンケーキに千葉特産のピーナッツクリームを挟んだなかなか食べ応えのある美味しいお菓子でした。
里山トロッコは試運転時にトラブル発生で、営業運転延期になっていますが、新たな名物として定着してほしい一品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »