« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月24日 (木)

ピクのたな卸し

引越しを控えてものの整理をしているが、本棚、衣装ケースにしまってあった鉄道ピクトリアルを引っ張り出して在庫チェックをした。
Img_5044m 1960年代、70年代と10年刻みで山にしていったが80年代が案外少なかった。
親の家にもかなりあるのでこれで全部ではないが、全部揃っている年は近年のみだった。
空いた衣装ケースには作業の邪魔しにきたやつがさっそく納まっています。
だぶっていたものも20冊ほど、3冊あった号もありました。











Img_5047m 一番古いものは1960年8月号、もちろん古本で買ったものです。
これでも通巻109号なのですから、ピク誌の歴史を感じます。














Img_5048m 西武鉄道の記事中にはアノ貨車の写真も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

未来の好撮影地

SL大樹撮影前は那珂川清流鉄道保存会に寄ろうかと思っていたのですが、開園時間前のようだったのでS氏の提案でこんなところを見てきました。
1708104111 工業団地を貫く緑濃いゆったりとした道路。
ここを予定通りならば3年後にLRTが開業します。
道路中央か片側に寄るのか、ここを低床路面電車が行き交う姿を想像すると、ちょっと日本離れした情景となりそうです。






1708104149 こんなアップダウンのある広々としたところも。あるいはこの区間はレールだけ高架になるのかもしれません。









1708104055 起点になる宇都宮駅東口の看板、この奥の道路を東へと向かう計画です。

それらしいものは測量杭を2本見ただけで、これから鉄道が敷かれるとこを予感できるものはありませんでした。
廃線跡と違いこれからできる路線をトレースしたのははじめてで、なかなか面白い体験でした。
ナイスアイデアを出してくれたS氏に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

SL大樹運転初日

東武鉄道が運行するSL大樹、試運転に一度くらい行っておくかと思うものの、なかなか腰が上がらず出かけませんでした。
本運転初日、S氏よりお誘いを受けて18きっぷで出かけてきました。
1708104191 この日は特別ダイヤで、通常3往復のところ、午前中の便はなし。昼の3号が招待客を乗せた一番列車として時刻も変更して運転されました。
天気は悪かったものの、沿線にはかなり人がでていました。
旗が付くので私には珍しく正面のアングルで。
機関士さんが手を振っています。














1708104296 鬼怒川温泉駅前にターンテーブルを設置したとは聞いていましたが、駅前広場にどーんと構えているのにはやはり度肝を抜かれました。
旅館の女将さんも揃いの羽織でお出迎え。






1708104354 折り返し下今市行きには「祝 開業」のボードが付きました。











1708104425 東武ワールドスクエアへ寄り道、入り口前に閉園したウエスタン村の4号機ワイパウ号が展示されました。









1708104467 帰り道の駄賃、今市のけっこう漬け工場横の東武凸電、整備されてきれいになっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

18きっぷで東海地方の3セクへ その2

1708053904 名古屋の安宿に泊まって早朝の中央線に乗車、高蔵寺で降りて定光寺自然休養林駐車場の木曽森林127号を訪問。
最寄り駅は定光寺で地図で確認すると道のりは2kmほどですが、山の上で登りはけっこう時間がかかりそうです。なので往きは高蔵寺からタクシーを使いました。
一応地図も見せて「森林公園の丸根山駐車場」と伝えたのですが、運転手さん勘違いして南方の愛知森林公園に向かいました。
方向が違うので途中で引き返したのですが、自然休養林と自然公園、たしかに似ています。メーターは途中で切ってくれました。
1708053909 帰りはハイキングコースを下りましたが、途中に倒木があったり崩れていたり、県道に出たときには少々ひざが震えていました。
定光寺駅入り口の民家の壁にD51のリレーフ、おやと思って張り紙を見たら中央線旧線跡を整備、保存活動を行っている「愛岐トンネル群保存再生委員会」の事務局でした。
この区間は旧線ウォークなど限定で公開されています。一度歩いてみたいのですが夏は遠慮したいところです。

1708053912 定光寺ホームで下り列車を待つ間にやってきた上りを撮影、いいかげんに構えたのでビームがうるさいですね。

次の目的地は明智駅、構内にC12244を空気式で動態保存していますが、運転日が年間6日程度と少なく、運転日以外は庫の奥に仕舞われていて見ることができません。
運転日は一日4回から5回、構内を一往復、牽引する車掌車に乗車もできますが、乗ってしまったら走行を撮れません。
一回目を撮って2回目に乗ろうかと考えて予約はしないでおきました。
1708053923 明智駅に乗ってきた列車が着くと、すぐにタイミングよくC12244がウォーミングアップで庫から出てきました。
走行も撮れたので一回目の運転に乗車することに。







1708053946 車両区前のテントで受付をしています。
皆さん予約済で当日申し込みは私一人のようでした。









1708053975 乗車前には記念撮影タイムが設けられています。










1708053992 小気味よいブラストをあげて構内を走行、空気式動態運転は今は休止中の川場村はじめ真岡、山北、若桜、有田川と増えましたが本線と完全に繋がっている線路を走るのはここだけです。(若桜はターンテーブルを介して繋がっています。)





1708054031 今回利用したフリーきっぷなど。
中央上は天浜線のフリーきっぷですが、図柄は戦国BASARAの井伊直虎、大河ドラマのイメージしかないのでなんとも異様でした。







1708054051 帰路は静岡~三島で新幹線を使用、おべんとうもゆっくりといただけました。
静岡駅で購入した親子めし700円也。
さっぱりしたものがほしかったので、お値段もお手ごろ、野菜もごろごろ入っていてボリュームもけっこうあるお弁当でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

18きっぷで東海地方の3セクへ その1

夏の18きっぷ、買ったもののなかなか出かける機会がなく、やっと4日から5日に天浜線、明智鉄道に行ってきました。
「ながら」は金曜夜ということで満席、キャンセルも出なかったので早朝の東海道線で下って行きました。
1708043747 天浜線は予定よりも1本早い列車に乗れたので、天竜二俣で保存車を訪問。
掛川から乗ってきたのが戦国BASARAラッピング車でした。
車内の枕カバーや広告枠にもキャラクターイラストが描かれて」いますが、このゲーム名前くらいしか知らなかったのですが、戦国武将をこんな姿で描いてしまっていいの?と思ってしまいました。



1708043746 構内はずれのナハネ20とキハ20は再塗装の準備中でしょうか。
定期的に整備されていますが、露天だと状態維持は手間隙かかるものと実感します。







1708043765 駅前のC58389もボランティアの手で整備されましたが、煙室ハンドルが無いのでちょっと間が抜けたお顔になっています。
天竜二俣駅舎には食堂が入っていたと記憶していましたがラーメン屋さんになっていました。






1708043775_2 以前は無かった十文字屋という食堂もできていて、ここの名物はその名も転車台カレー。中央に長方形に盛ったご飯を車両に見立てたもの、2両編成にもできるようです。
大いにそそられましたが、昼食は決めていたので先に進みました。





1708043792 西気賀で下車、ここの駅舎には洋食屋さんグリル八雲が入っています。
平日はランチタイムだけの営業、チキンカツとアジフライの盛り合わせのランチセットがお手ごろだったので注文。
ソースがこってりしていて美味、ほかのメニューもいただいてみたくなりました。





1708043815 フリーきっぷの気安さで金指に戻ります。
駅構内には登録文化財に指定された給水塔が残っています。
ここからバスで鍾乳洞の竜ヶ岩洞へ。かつてのナローゲージ遠州鉄道奥山線を引き継いだバス路線ですが、毎時2本の本数を維持しているのは立派です。















1708043820 このあたりは大河ドラマ井伊直虎ゆかりの地、洞窟入り口の「顔出し」はあの女優さんもやったそうです。









1708043831 ここへやってきたのは洞窟が目的ではなく、お土産物屋店内のこれがお目当て。
建物の中心部に奥山線キハ1803の実物大レプリカが鎮座しています。
現車は尾小屋鉄道に譲渡され、今も大切に保存されていますが、それを採寸して製作されたもの。
運転台機器も再現されており、とても良くできています。













1708043791 天竜二俣の売店で購入した転車台ようかん。
4両セットに硬券も付いています。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »