« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月29日 (日)

最高学府のカレー

学食のカレーといえば安いけれど具がないもの、というのはどこでも似たようなものではないでしょうか。
1710287008 私の母校の生協食堂は当時200円、あるとき掲示板に貼りだされたご意見カードに「なぜ生協のカレーは具がないのか」回答は「たっぷり煮込んでいるので具はとけているのです。」
この回答は実に哲学的だ、と話題になりました。つまり物事の本質は見えないところにもある、と。
画像は本日いただいた東大生協食堂のカレー400円也、ちゃんと牛肉が入っています、それもけっこうな量で。お味も専門店で出されても納得の美味しさ、東大生うらやましいぞ。
この日は提供されているメニューは限定でしたが、ベジタリアン向け、モスリム向けメニューが用意されているのはさすがです。
購買も覗きましたが、パン売り場に頭脳パンがあったのはちょっと可笑しかったです。
1710286951 今月号のピクトリアル誌にも紹介されている01-630号、今年3月に実験車両として搬入されました。
右は実物大車体鋼体、01-630の左下に車輪が見えますが、これが松葉スポークの骨董品、どこから持ってきたのか案内の兄ちゃんに聞きましたが、留学生のようで出所は知りませんでした。





1710287005 初期高性能車に使われた台車もありました。
アルストーム、ミンデン、パイオニア、東急車輛あたりが提供元でしょうか。

1710286971 車内にはさりげなくピク2017年12月号。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

出雲横田駅

1710146588 乗車した木次線の列車は交換のため立派な注連縄がかかる出雲横田駅でしばらく停車。









1710146593 ホーム下にキジトラさんがいました。
おなかがぷっくりしていたのでご懐妊かも。



















1710146599 かまわれるのはお好きではないようで、駅舎の外へ出て行ってしまいました。



















1710146603 そうしている間に交換列車が到着、こちらの列車も出発します。










1710146605 動き始めた車窓から見たら定位置?に戻っていました。
右側手すりの間に見えますでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

乗り放題きっぷで米子・広島へ その2

1710146403米子駅前のホテルに泊まって翌日はまずはバスでかつての日の丸交通法勝寺線の終点へ。廃止されてからすでに半世紀が経過しましたが、近年法勝寺の小学校で保存されていたデハ203がJR後藤車両所で修復、場所も少々移動して立派な上屋の下に展示されました。





1710146416
米子に戻って境港線に2駅乗って後藤工場へ。
開場と同時に勇壮な太鼓の演奏が始まりました。
入口にラッセル車キ182が保存されていますが前にワゴン車が・・・
太鼓を運んできた車だったので、演奏が終わって引き上げてから撮影しました。



1710146487 今回の展示の目玉は新旧ラッセル車、新鋭キヤ143と前シーズンで引退したDE15を並べて、運転台見学も行われました。








1710146544 明治期の松葉スポーク車輪もありました。










1710146541 工場公開では食堂も開放されることが多く、それも楽しみのひとつでもあるのですが、ここは場所は開放したものの、お弁当の販売だけでした。
おにぎり弁当を購入。

















1710146555 後藤工場から米子駅までは歩いてもたいしたことないので、帰路は途中のもう一両の日の丸交通保存車フ50を見に行きました。
近くまで行くとなにやら音楽が流れています。
保存されている広場ではイベント開催中、お姉さんデュオが熱唱していました。




1710145423 米子での目的を果たして、あとは広島へ移動、伯備線経由を考えていたのですが、後藤工場を予定より早く切り上げられたので、時刻表を見ると木次線を日のあるうちに乗っても広島到着はさほど変わらないので、この機会に30数年ぶりに全線乗りとおすことにしました。
途中で食事はありつけないと思い米子で駅弁を仕入れておきました。
大山どりの鶏三昧弁当を購入。

1710146574de152558 途中の出雲三成でトロッコ列車奥出雲おろち号と交換。
この列車トロッコ列車ゆえかあまり鉄道ファンの間で話題になりませんが、今や貴重な客車列車です。

続きます。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

乗り放題きっぷで米子・広島へ その1

引越しも一段落ついたので、18きっぷ秋版の鉄道の日乗り放題きっぷで米子の後藤工場公開と広電のカープ優勝花電車を見にゆきました。
1710136376 往きは東京を早朝出て、東海道・山陽を在来線乗り継ぎで。
大垣で30分ほど時間があったので、ホームにいた樽見鉄道を撮影。








1710135430 改札出て養老鉄道も見てきました。
窓口でオリジナルお菓子「薬膳列車パイ」を購入、今年発売されたものだそうで、薬膳列車のイメージで薬草を使った和風パイ、コーヒーよりも渋いお茶が合いそうなお菓子でした。







1710135420 姫路ではホームの「えきそば」で小腹をみたして夕食用にお弁当を購入。
ちょっと奮発して穴子かさね重、ご飯の間にも焼き穴子が隠れていて食べ応えありました。
伯備線の普通列車は新見での接続が悪く、新見~米子はやくもで移動、久しぶりに381系の振り子に揺られました。
続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

西武多摩川線

親の家を片付けていると人形が何体かでてきました。久月の銘の入った舞踊人形、ケースに収まっていてそこそこの物だったとは思いますが、残念なことにお着物にシミが・・・漂白剤でシミ抜きもできるようですが、飾る場所もないし割り切って処分することにしました。
1710105313 人形供養の受付を通年行っているお寺が府中にあったので持込ました。
待合所には黒ネコさんがお出迎え、後ろにねこベッドが見えます、ここの住人のようです。















1710105315 帰りはちょっと歩いて西武多摩川線の多磨駅へ、開業100年記念の特別塗装車が走っているというので、コンデジ持ってゆきました。
やってきた是政行きは特別塗装車、なんと子会社の伊豆箱根鉄道の塗装となっています。
譲渡車がかつての塗装を再現するのはよくありますし、かつての伊豆箱根もそうだったそうに子会社が親会社と同じか、似た塗装になることはあっても、反対の例は今回が初めてではないでしょうか。
構内踏み切りを入れて狙ってみましたが、前面に送電線の影がかかってしまいました。
1710105321 武蔵境行きは白い新101系に青いマーク、マークはステッカーでした。
多摩川線には、かつて電鉄会社でよく見られた架線柱を兼ねた送電線が健在でした。

















1710105320 駅に貼り出されていた100周年記念イベント告知ポスター、記念入場券は全駅完売と表示されていました。
















Img_5330m 人形供養で引き取っていただけるのは本体のみ、ケーズは粗大ごみでだすことになりそうです。
空いたケースにすぐに入ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »