« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月25日 (月)

18きっぷで信州へ

24日はアルピコ交通新村車庫の公開があるので行ってきました。


1903245851八王子発の松本行きに乗車、待つ間に入換のHDが出てきました。


1903245859勝沼ぶどう郷のあたり、甲府盆地の向こうに南アルプスがきれいに見えていました。


1903245879行きがけに岡谷のやまびこ公園に保存されている珍品、フェデラル製ガソリン機関車を訪問。
行きはタクシー、帰りはバスのつもりだったのですが・・・


1903245881バス停に運休の文字・・・後で調べたら冬季はひとつ手前のアイスアリーナまでの運行でした。


仕方ないので山道を下りましたが、30分ほどで駅に到着。


1903245892松本で乗り換えて新村へ、駅舎が新しくなっていましたが、旧駅舎の筑摩電鉄時代の社章、鬼瓦が保存されていました。


1903245904青カエルと旧塗装復刻車が並んでいましたが、青カエルは塗装がたいぶくたびれており、車内公開もされていませんでした。今後が気になります。


1903245962帰りの電車で車窓を見ていたら富士山が見事に出ていたので韮崎で下車、ホーム端しでちょっと撮影。

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

おおさか東線に乗ってきた

3月16日におおさか東線新大阪~鴫野が開業しました。さっそく「ながら」で乗りに行きました。
奈良からの直通快速以外は201系が使われています。関東にはいなかったウグイス色の201系は新鮮味があります。
窓に開業の大型ステッカーが貼ってありました。
おおさか東線終点の久宝寺駅前にC57101動輪が保存されています、竜華操車場跡の碑で、ホームからも良く見えます。
その後は南海のみさき公園の2014年にオープンしたカットボディを展示したわくわく電車らんどへ。
ラピートは本物ではなく運転台にはシミュレーターが設置してありました。
帰りに大垣で養老鉄道のラビットカー塗装がいたので撮影。
niftyBlogがリニューアルして画像挿入など使いにくくなっしまいました。
1903225774
1903225790
1903225844

| | コメント (0)

2019年3月15日 (金)

ガスミュージアム

小平のガスミュージアムで錦絵コレクションの企画展「明治の博覧会展」が今月24日まで開催しています。

内国勧業博覧会といえば第3回で上野のお山で日本初の電車が走り、京都で開催した第4回では市電が博覧会に合わせて開業と、電車の歴史に深く係わりのあるイベントです。
その様子を描いた錦絵に電車があるかと期待していたのですが、残念ながらありませんでした。
もし錦絵に描かれていたらこれまで出版された市電・都電の歴史本に紹介されていたでしょうから、やはりそのようなものは現在まで伝わっていないのでしょう。
1903150154 園内には展示物としてコークスガイドという機械があります、ちょうど整備中でした。
説明板によるとガス工場でかまどの前に敷いたレールを走行する、とあります。
さてこれを鉄道車両の範疇に入れてよいものやら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 9日 (土)

18きっぷ1日目

新津鉄道資料館で新規収蔵品展を11日まで開催しているので行って来ました。

1903082579 6時前に家を出て、新宿、池袋、赤羽と乗り換えて高崎へ、8時すぎに着いたので朝限定の駅弁「上州の朝かゆ」を購入。かゆの駅弁はここだけのもの、しかも朝の数時間しか販売しないというなかなかお目にかかれない駅弁です。
牛丼持ち帰り容器のような入れ物に栗と小エビが入った暖かいおかゆがたっぷり入っています。
納豆ケースのようなパックには練り梅と大根の漬物、塩の小袋、塩を練り梅で適宜味付けしていただきました。




1903082582朝早かったので上越線車内でとろとろ寝ていたら気がついたら水上、雪の中でした。













1903082586水上の駅名票は黒字の蒸機仕様になっていました。

清水峠を越える電車は18きっぷ利用者がちらほら乗っていて座席が3割埋まる程度。
ところがトンネル駅の土合に着いたらホームに大勢人がいてぞろぞろ乗り込んできました。
朝の下り列車になんでこんなに乗る人いるのか?冬山装備でもスキー、スノボを抱えているわけでもなく、手ぶらのおじさん、おばさんばかり。
どうやら団体旅行で数駅だけの乗車のようです、秘境駅を訪ねるツァーなのでしょうか。










1903082592越後中里のスキー場の旧型客車も営業中。














1903082596鉄道資料館の企画展は展示物が少なくていささか期待はずれ。
瀬古さんのアルバムがケースに収まっていましたが、これは全部見たいですね。












1903082604 目的地滞在10分ほどで帰路へ。
帰りも長岡、水上、高崎と乗り換えて帰京。
途中の上越国際スキー場前の駅名票、ローマ字表記ではないんですね。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 2日 (土)

立川消防訓練場の都営6000を見てきた

シン・ゴジラの舞台にもなった立川の防災施設のひとつとして、東京消防庁第8方面訓練場があります。

ここには都営三田線の6051+6052を短縮した車両が訓練用に設置されています。
1903025617 春の火災予防運動イベントのひとつとしてこの訓練場が公開されるので行って来ました。
多摩モノレールの高松が最寄り駅ですが、ひとつのブロックがやたら広くちょっと距離感がつかめない路を10分ほど歩いて会場へ。














1903025619 案外狭い会場は家族連れでいっぱい、VR防災体験車、消防ヘリ展示などは人気で開場1時間ほどで満員になっていました。
頼まれても参加したくないハシゴ車体験、このあともアームが伸びて広角レンズからもはみ出してしまいました。

ところでこの画像、周辺光量が落ちて色合いもおかしいのですが・・・
気がつかないにうちにデジカメのレトロフィルター効果スイッチが入っていました。
こういう使わない機能はカットできるようにならないものでしょうか。










1903025625訓練車両が見当たらないのでうろうろして探していたのですが、この展示車両スーパーアンビュランスという大型救急車の裏手にいました。










1903025629これで精一杯。床下器具がなく、手前の台車のすぐ後ろに台車がついているのが分かるでしょうか。





















1903025624中間車6052は窓2つ分、連結間での救護訓練を行うためとのことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »