« 久良岐公園横浜市電1156夜間公開 | トップページ | 18きっぷで房総一周 »

2019年8月19日 (月)

18きっぷで秋田へ

秋田総合車両センター、というよりも土崎工場のほうがピンときますが、ここにはC5144が保存されています。
鹿児島工場同様、教材としてボイラーなどがカットされ、もう何十年も手入れされていない状態ですが、現存4両の貴重なC51、どういう形にしろ今日まで残っていることを喜びたいと思います。
工場の奥深い場所で敷地外からは見えず、年一回の公開日をねらうしかないのですが、例年日程が合わなかったり見逃したりでした。
今年は17日土曜日、9連休とか言われたお盆休みでUターンラッシュのピークになりそうで、JR東日本のフリーパスも使えない日です。
新幹線はいっぱいでも普通列車ならなんとかなるだろうと18きっぷで行ってきました、宿は鶴岡に取って帰路の秋田~盛岡だけ特定特急券でこまちを利用。
1908170105 C5144の場所を会場入口の職員さんに聞くと「近くまで行けないかもしれないなぁ」とのお言葉、ミニSLコーナーの奥で手前は立入禁止エリアでしたが、反対側からは入れて無事目的達成。
1908170141こんなのも展示されていて驚きました。
前日8時前に出て10時こと現地着、40分ほどで退出、11:07発のこまちに乗車。

1908170162 秋田駅で昼食に大館の鶏飯を購入、ひさしぶりにいただき  ましたが美味しいです。

1908170163 交換で運転停車した羽後四ツ屋では名物?がちょうど目の前に。

 

|

« 久良岐公園横浜市電1156夜間公開 | トップページ | 18きっぷで房総一周 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久良岐公園横浜市電1156夜間公開 | トップページ | 18きっぷで房総一周 »