地方鉄道・第3セクター鉄道

2019年8月28日 (水)

18きっぷで房総一周

暑くて撮影に出る気になれず、この夏はもっぱら18きっぷで乗り鉄しています。
房総方面へはしばらく行っていないので、外房から内房と回ってきました。
1908280273
安房鴨川では改札外のコンビニで駅弁あさりめしを売っていたので購入。
掛け紙が地味ですが、中身も地味。
あさりご飯の上に串カツ、玉子焼き、ごぼう天、付け合せはひじきと煮豆というシンプルさ。
見た目はしょぼいですがあさりの味が楽しめるおいしいお弁当でした、なによりお値段500円。
いまなお販売を続ける人気弁当と納得しました。

1908280276
内房線ではこんなのと交換。
1908280312
時間があったので千葉モノレールにも乗車、千葉市章のミクさんボードがありました。


今回も記事書いている途中で修正しようとしたら全部消えた・・・

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

おさむ君は今回も不在

大洗駅からタクシーで那珂湊駅に着いたものの、2分前に列車が出て行ってしまいました。
次の列車まで30分ほどあるので車庫を一回り。
1903317128
ひたちなか海浜鉄道といえば少し前まで北海道の炭鉱鉄道から来た国鉄形気動車が活躍していましたが、JR東海のキハ11が譲渡され引退し側線には唯一残った国鉄キハ205がいました。
1903317145
駅に戻ると湊線PRビデオの撮影中、高校生が沿線名所を紹介していました、駅ねこのおさむ君、ミニさむさんは巡回にでているのか今回も会えませんでした。
1903317165
阿字ヶ浦行きに乗車、車内ディスプレイには準急色キハ2004が現役でした。
1903317166 阿字ヶ浦の側線には旧標準色キハ222と急行色キハ2005が留置されています。
茨城交通時代からこの側線には廃車となった車両が留置され、海水浴シーズンは更衣室、休憩室に使われていました。
潮風のあたる場所なので塗装に傷みが出ていました。
この車両をご神体として鉄道神社を建立するという報道がありましたが、その後の進展を見ませんがどうなったのでしょう。
1903317202 住民の通路だったホーム端の勝手口、閉鎖のお知らせが掲示されていました。

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

ほっとパーク鉾田の保存車

1903317032旧小川高校下から鉾田行きバスに乗車。この区間は線路跡を通過することなく、撮影地だったオーバークロスから廃線跡が良く見えました。
1903317037 バスをかつての鉾田駅の一駅手前の坂戸で降りて少し歩くと日帰り入浴施設をメインにしたほっとパーク鉾田に、入口にはこんな看板。
1903317045 鹿島鉄道廃線後、鉾田駅保存会さんの手で大切に維持されてきたキハ601とKR505が現役時代のような姿で展示されています。この日は年数回の車内公開日。
展示コーナー入口は特徴ある鉾田駅入口が再現されています。
1903317080 車内ではKR505はプラレール、キハ601はNゲージが運転していました。
小型レイアウトの鉾田駅、入口飾りがここでも目立ちます。
1903317106 昼食をとって茨城空港~新鉾田のバスで新鉾田駅へ、大洗まで乗った車両は大洗を舞台にしたアニメ、ガールズ&パンサーラッピング車でした。
鉾田では日が差す天気でしたが、大洗に着いたときは雨、次の目的地那珂湊までは駅からすこし歩いてバスに乗ろうかとも考えていたのですが、傘を持たず時間節約もできるのでタクシーで移動しました。

続きます。

 

| | コメント (0)

2019年3月25日 (月)

18きっぷで信州へ

24日はアルピコ交通新村車庫の公開があるので行ってきました。


1903245851八王子発の松本行きに乗車、待つ間に入換のHDが出てきました。


1903245859勝沼ぶどう郷のあたり、甲府盆地の向こうに南アルプスがきれいに見えていました。


1903245879行きがけに岡谷のやまびこ公園に保存されている珍品、フェデラル製ガソリン機関車を訪問。
行きはタクシー、帰りはバスのつもりだったのですが・・・


1903245881バス停に運休の文字・・・後で調べたら冬季はひとつ手前のアイスアリーナまでの運行でした。


仕方ないので山道を下りましたが、30分ほどで駅に到着。


1903245892松本で乗り換えて新村へ、駅舎が新しくなっていましたが、旧駅舎の筑摩電鉄時代の社章、鬼瓦が保存されていました。


1903245904青カエルと旧塗装復刻車が並んでいましたが、青カエルは塗装がたいぶくたびれており、車内公開もされていませんでした。今後が気になります。


1903245962帰りの電車で車窓を見ていたら富士山が見事に出ていたので韮崎で下車、ホーム端しでちょっと撮影。

| | コメント (0)

2019年1月 5日 (土)

撮り始めは真岡鉄道へ

1901054202 昨年11月からDL不調で運休していたSLもうか号が新年5日から再開と聞き行ってきました。
下館のホームはいつになく入線を待つお客さんが大勢いました。








1901054219C11325には筑波山をあしらった「謹賀新年」のヘッドマークと日章旗、正月気分が盛り上がります。

下館駅前の道を200mほど行ったエビコーさんでレンタサイクル(要予約)を借り出して下館からカーブしてくるところへ移動。
すると地元のIさんがいらっしゃいました。
昨年発表されたC11325譲渡の話はどうなっているのかお伺いしたところ、茨城新聞に複数の法人、自治体から問い合わせがあったと報道されたとのことでした。












1901054282冬の蒸機は良いですねぇ。






















1901054300下館駅から4kmほど自転車を走らせてザ・ヒロサワシティへ。
ここの保存車群は以前は公開日が限定されていたようですが、昨年D51、新幹線E2が加わってからは常時公開となったようで、案内立て看板も出ていました。








1901054318D51とEF81には日章旗が掲げられ、キャブには「お召」の運行票。
旗の交差部には動輪があしらわれていました。










1901054370お昼は下館駅南口のサボなど店頭に掲げるお店で焼きそばをいただいてきました。
メニューは焼きそばのみ、量によって200円、300円があるだけのシンプルさ。
ちょうどお昼時とあって、地元の方がけっこう来ていて盛況でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 9日 (日)

大人の休日倶楽部パスでラッセル試運転撮影その2

弘前の駅近くのホテルに泊まって朝の天気予報を見ていたら、最高気温予想は18度、東京は20度と言っています。ニュースの今日の予定では弘南鉄道でラッセル試運転が行われますと流れたのには驚きました。

1812043224 黒石に着くとすでにラッセルとED333が側線で待機中、カメラを向けているのはTVクルーばかりで総勢15人ほど、一方鉄道ファンらしき人は5人ほどでした。
ラッセル試運転は通常のラッセル運転のスジと同様、弘前に向けて交換駅では下り線にも入線します。
そのため交換駅前後で撮影できるし、電車で追い抜きもできます。
1812043251まずは尾上高校前で電車を降りて津軽尾上方のコンクリート橋へ。
ここでカメラの設定をミスしてしまい、ピントをワンショットではなくコンティニアスにしていたのでシャッターが微妙にずれてしまいました。
さらに測光がスポットにずれていたにも気がつかず・・・
1812043255狙っていた真横のところでは露出過剰の使えないコマになってしまいました。
このコマもフォトショップでいじくってなんとか見られるレベルになりました。
やはり遅いとはいえ走行撮影では一世代前のミラーレスはデジ一眼にくらべ弱いと痛感しました。
1812043285後続の電車は平賀で試運転を抜きます。
ひとつ先の館田の手前で撮影のあと駅に急いで下り線を手旗信号で入線する様子を撮影。
1812043305最後は運動公園前へ。
ここのホームにはピッチャーマウンドとバッターボックスが設置?されていました。
1812043322ED先頭の黒石への回送は新里に保存されている48640との顔合わせで。
弘前に戻って駅近くの市場の惣菜屋さんの漬け魚丼でお昼、午後からJRで大鰐温泉へ。
1812043341大鰐側線ではED222がパンタを上げて準備中、職員さんがラッセルに乗り込みます。
大鰐線は日中1時間に1本とダイヤがスカスカなので弘南線のように電車で追い抜きはありません。
帰りの電車に間に合うように中央弘前周辺で試運転を撮ろうと大鰐線に乗車。
1812043363弘南鉄道の元東急7000系は東急時代の吊り手のままの車両もありますが、乗った車両はリンゴをイメージした赤い輪っかになっていました。
1812043375天気予報のとおり気温は17度まで上がりましたが、有人窓口、有人改札の中央弘前待合室にはストーブがついていました。
駅舎内には食堂が入っていたと記憶していますが、撤退してギャラリーになっており、地元の学生さんの作品展が行われていました。
1812043378車両は変わっても川沿いのこの雰囲気は昔のまま。
駅から少々歩いたところでラッセル試運転を待ったのですが予定時間になっても姿を見せません。
やがて次の電車が少し遅れて到着。
駅で聞いたら試運転は中止とのこと。
仕方ないので市場でリンゴを買って弘前駅に向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 8日 (土)

大人の休日倶楽部パスでラッセル試運転撮影その1

大人の休日倶楽部パスの時期となりさてどこへ行こうかと思案していたら、弘南鉄道ラッセル試運転の情報がありました。

12月4日午前中弘南線、午後大鰐線とのこと、無理すれば朝一番で出て日帰りもできますが、弘前に一泊することにしました。
前日どこ行こうかと思いついたのは青森港の八甲田丸、羊蹄丸から移設された青函ワールドを見ようと思ったら閉館日。
八戸市内のナロー保存機で未訪問があったので、そこに行こうとバスを調べたら1日4往復、昼過ぎの便に乗れば現地で一時間ほどとれるのでそれに合わせて新幹線の指定を取りました。
1812033149 八戸線に乗るのは昨年6月以来ですが、この間車両が置き換えられていて、こんなのがホームにいたのはちょっと驚きました。
1812033150八戸臨海鉄道に譲渡されたDD16がいました。
八戸市街の分かりにくいバス停を探し出して階上循環線で松館へ。
1812033191閉校になった小学校にプリムスが保存されています。
近年整備されたようです。











1812033194バスで中心街に戻って八戸駅行きのバス停へ移動、途中に味のある消防団詰所がありました。
1812033196丸に消の鬼瓦がイカしてます。
1812033199八戸市内に個人保存のサシ581を見て弘前に向かいました。
続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

炎天下の96サマーフェスティバル

1808260318 8月26日は真岡で開催されたイベントでぬれ煎餅販売を手伝ってきました。
とにかく暑かったです。
午後になると来場者もぽつりぽつりになりましたが、会場を回っているゆるキャラの着ぐるみの中の人や、ステージでヒーローショー、ダンスを披露していた皆さんは大丈夫だったのでしょうか・・・

1808260296 イベント始まる前に撮影したSLもうか号の下館への回送、この日撮影した唯一の走行写真。
この後でC11を移籍するというニュースが流れてきてびっくりしました。
まじめに撮影しないといかんなと今更ながら思いました。
1808260308 D51と9600が汽笛を響かせて行ったりきたり、かつての機関区を思わせる情景です。
1808260326 帰りがけに下館で見かけた関東鉄道のラッピング車。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木)

18きっぷ ムーンライトながらで敦賀へ

18きっぷのシーズンになり、特に行く先も決めないまま「ながら」の指定をとりました。
冬、春とけがで出歩けなかったので1年ぶりの「ながら」ですが西日本はどこも35度を超える真夏日予想。
海のそばならばすこしは凌ぎやすいだろうと、6月から公開された敦賀のキハ28保存車を見に行くことにしました。そのまま乗り継いでいっても時間が余るので朝のうちは養老鉄道を軽く撮影することにしました。

「ながら」が大垣に着いて以前とは到着番線が変わり、接続列車が8連になっていたのにはちょっと驚きました。
1808010087 養老鉄道は近鉄ラビットカー、初期高性能車色の編成がいてそれが目当てなのですが、前面行き先板を付けた編成、ラッピング車もいるのでなかなか楽しいです。
揖斐線室駅に停車中の大垣市制100周年ラッピング車、水都と名乗るだけあってさわやかな色合いですが、標識灯と屋根に地の色が残ってしまったのはご愛嬌。
マークのイラストは市長さんでしょうか。



1808010092 室駅からすぐの複合施設スイトピア館内にはC11155が保存されています。
屋内で定期的に手入れされているので大変きれいです、静態保存のC11では最も状態のよい機関車、いやC11に限らず国内屈指の保存状態と思います。
休館日なので外から眺めただけでした。






1808010101 朝とはいえもう炎天下、工場街の道を西大垣まで歩きました。
木製改札口に駅員さんが立つ風景がありました。



















1808010113 光線はいまひとつですが、これが撮れたので満足して敦賀へ向かいました。











1808010120 バスの時間まで20分ほどあったので駅から5分ほどの公園のC58212を訪問。
駅前にはこんなモニュメント。










1808010125 ここのC58も定期的に手を入れられているようで9年前に訪問してからも格段の劣化はざっと見た限り無いようでした。
この機関車を港に持ってゆくという話もあるとのことですが、塩害を考えるといかがなものでしょうか。

















1808010128 市内の観光スポットを回る循環バスで敦賀港へ、かつての敦賀港駅を復元した鉄道資料館へ。
コンパクトですが欧亜連絡の華やかな歴史をまとめた展示は良かったです。








1808010143 鉄道資料館の筋向いのレンガ倉庫横にキハ283019が保存されました。
白浜アドベンチャーワールドの屋内で保存されていため状態は良いのですが、目の前が海なので今後はいささか心配です。







1808010165 レンガ倉庫から徒歩数分の金崎宮バス停横には敦賀港駅のランプ小屋が残っており、往時の庫内の様子を展示しています。
明治期は列車種別によって標識灯の色を変えていたのですね、知りませんでした。
1808010169 新幹線乗り入れ工事が進む敦賀駅、駅前の9600動輪は今後どうなるのでしょうか。
ちょうどお昼時だったので駅前喫茶店に「冷やしカレー」なる看板があったので食べてみました。
レトルトカレーを冷蔵庫で冷やしたらこんな感じではないかな、というのが感想。
サラサラの辛口インド風カレーでやったら暑くて食欲のないときに良いかもしれません。


1808010173 保存車をもう一箇所、新疋田のト20000を訪問するつもりだったのですが、シートかかってるしなにより暑いので車窓から撮ったこれでよしとしました。
後は例によって東海道を乗り継いで帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

最初と最後はバテロコで、北海道保存車めぐり その1

大人の休日倶楽部パスで北海道へ行ってきました。今回は道東の簡易軌道保存車をメインに日程を組みました。
おと休パス期間は人気が集中する列車の指定券が取りにくくなるのですが、朝一番の「はやぶさ」は厳しいだろうと思い発売開始日の10時に指定券券売機を操作したのですが、券売機での発券は10時5分から、発券開始となったらすでに残席表示△、操作しているうちに売り切れになってしまいました。

その後駅にゆくたびキャンセルでていないかチェックしていましたが、何度か目に確保。
ところが当日朝目覚まし時計を仕掛け忘れて、6:32東京発なのに起きたのは5:50、東京から乗るのはどうやっても無理、でも大宮は間に合うかと駅に着いたのが6:08.次の東京行きは6:13、新宿発6:20の埼京線に乗れば大宮で捕まえられるけれど、新宿の乗り換え時間が微妙・・・
結果は1分で乗り換えて予定とおりの「はやぶさ」に乗り込めました。車内はおと休パス組のおじさんおばさんで満員。
1806259460 木古内で降りて松前行きバスに乗り換え。
知内営業所は松前線の渡島知内駅跡で記名票が残っていました。









1806259456 福島町には青函トンネルに関する施設が2箇所あります。
青函トンネル記念館と吉岡のトンネルメモリアルペーク、両方訪問しようかと思ったのですがけっこう離れておりバス利用では回るのは難しいので、記念館は車窓から眺めるだけとなりました。
1806259432 渡島半島南端の吉岡の丘の上のトンネルメモリアルパークには工事で使われたバッテリー機関車が展示されています。
公園内には記念碑が点在、天気が良く津軽半島がすぐそばに見えました。








1806259455 戻りのバスまで少々時間があったので車窓から見えた平面交差に行きました。








1806259454 レールに乗っているのはこんなのですが。
港の地下を青函トンネルが通っています。




















1806259464 木古内に戻っていさ鉄に乗車。













1806259462 木古内にはホーロー駅名票も健在。





















1806259497eh80014 七重浜で下車、上り貨物が通過してゆきました。
そういえばEH800撮影したのは始めてだったかも。








1806259507 函館駅前で市電をちょこっと見て札幌へ。
夜行バスで釧路へ。
夜行バスの札幌駅前乗り場はポールが一本だけ、上屋なし。冬は大丈夫なのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧