ご当地キャラ

2018年3月19日 (月)

18きっぷで銚子へ

1803188028 昨日は銚子漁港で銚子電鉄も参加するイベントに18きっぷで行ってきました。
銚子電鉄では各駅のネーミングライツを行っており、銚子駅もこんな駅名票になっていました。
下には外川に留置されているデハ801修復のお知らせが貼られています。















1803188029 ホームで待っていたのはブルーのツートンカラーになったクハ2501。
実物を見てみると写真で見るよりも暗い色調でした。
一日乗車券の弧回手形を買って観音で下車、会場の魚市場へ向かいました。






1803186983 銚子電鉄は物販ブースの他、ミニ銚電乗車コーナーも出しており、模型ファンの協力で乗車会が行われました。
イベント開始前のデキ重連。










1803186992 JR東日本千葉支社のマスコット駅長犬も登場。
発車合図をやってほしかったのですが、着ぐるみの視界は良くないようで移動は支える人が二人ついてよちよち歩き、乗り場のこちら側まで来てもらうのは無理でした。







1803188045 イベントのお手伝いを終えて、観音から外川へ、きれいになったデハ801を見てきました。










1803188053 車内も現役時を思わせる仕上がり、大型モニターで銚電紹介ビデオが流れていました。
今後の車内公開予定は公式サイト、SNSなどでご確認ください。







Img_6995m 今回使った弧回手形、デハ501試運転の写真をいう渋い写真を使っています。

















1803186996 裏面の各駅案内は、観音駅から犬吠駅に移転した名物たいやき屋は直っていますが、銚子駅の風車、君ヶ浜駅のアーチなど撤去されたものがいまだに記載されています。
犬吠の水族館も閉館しましたが、それも残ったままです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月28日 (月)

都電7700形公開

1603281520 8900形へ置き換えが進む7000形ですが、財政難なのか9両が更新されることになり、7701号が本日荒川車庫で公開されました。
いつもの車庫イベントとは異なり車内公開もあるためか撮影場所を敷地内に設けてあります。
ただ側面はほとんど撮れず、反対側はこんな状況。
職員さんと横にいるおねーちゃんずっと動かないし・・・
別の方の画像みたらこの角度から人が入っていませんでした。20分ほどしかいなかったのですが、もうすこし粘っていればよかったのかな。

1603281541 奥には8900がヘッドマークをつけて並んでいました。

1603281553 車内には元番号車の写真も。

ベルも健在さすが、ぴかぴかだから流用品ではないでしょうね、旧7000からの部品はもはや無いでしょうね。

1603281556 都電思い出広場ではグッズの販売、トートバッグを購入、800円也。

1603281557 左は見学者に配布されたクリアファイル、路娘という車両擬人化だそうで。

1603281526 こんなポスターも掲示されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 6日 (金)

花サクっとラスク・交通局ラスク

ここのところ続けてラスクを買いました。
Dscf4212m 只見線の試運転を撮影に行った折、会津若松駅構内のお土産屋でみつけたのが会津鉄道沿線キャラをラッピングした「花咲くあいづ号」のパッケージの花サクっとラスク、650円也。
チョコレートをコーティングしたちょっと変わったラスクでした。





1511044677 鹿児島市電の花電車を撮影に行った折、交通局車庫の定期券売り場で購入したその名も交通局ラスク。
市電最古参の500形のパッケージの中に個包装の2枚入りラスクが5袋。
メーカーはラスクで有名なイケダパン。

500円也。




1511044678 花電車、観光レトロ電車、ユートラム、ユートラム2、500形のイラストの小袋、これも食べた後は保存ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月20日 (日)

ちょっと情けない話

1509204167 本日は昼抜けシフトだったので、これ幸いと厚木にある神奈川県消防学校のかながわ防災フェアに行って来ました。
ここには小田急クハ2657が訓練用として設置されており、今日は休憩所として室内も開放されていました。
場内アナウンスで時折イベント予定、会場案内などが行われていましたが「休憩所として訓練用の小田急車両も使えます。鉄道ファンの方も多くいらしていますが、車内の部品など外さないようお願いします。」なんて言われちゃったよ。
過去に悪さしたやついるんでしょうか、電車にカメラ向けるのもちょっと気恥ずかしくなってしまいました。
1509204166 会場にはこんなゆるキャラも登場。
名産?の豚と鮎をモチーフにしたのでしょうか。
前にいる子供さん、ちょっと引いていました。













1509204165 特殊車両の展示ではこんな車も。
平塚市消防の水害対策車両、運転席の脇には担架がセットされています。
こいつが運搬車両から出てくるところを見たかったなぁ。
もちろんBGMはバリー・グレイで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月23日 (日)

2015夏の18きっぷその3

1507292229 京丹後市から与謝野町に入ると看板には着物のお姉さんのキャラが登場、名前は無いみたいです。
かつての加悦鉄道乗換駅は今は野田川となりましたが、駅舎に設置された資料室は今でも旧駅名の丹後山田を名乗っています。




1507292258 西舞鶴まで乗りとおして、折り返しまでの小一時間の間に車両区を外から覗いてみました。
定期運用の無くなったタンゴエクスプローラーが2編成留置されていました。
車両区はずれの踏み切りから撮影していたら職員さんが来て左側の第2編成に乗り込んでエンジンを始動させました。
出庫すろのかな?と思ったらそのまま降りていってしまいました。
定期点検だったのかな?

1507292254 車両区にはこんなのも、救援車代用のワラ1?
レールに乗った今や貴重な2軸貨車です。







1507292281 西舞鶴から折り返して宮津で乗り換え福知山へ。
ここでも381系の並びが見られました。
園部、京都、米原と乗り換えて大垣へ。







1507292292 養老線ホームにこいつがいたので改札出て撮影。
走行をきちんと撮っておきたい車両です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月18日 (火)

2015夏の18きっぷその2

夏の18きっぷシーズンはムーンライトながらの運転日も多いので何度か利用しています。
大垣、米原、京都と乗り換えて山陰線へ。
1507292172 福知山からは2連のワンマン列車になり、江原で下車。車窓からも見える日高小学校のC58170を訪問。
学校に保存されている場合、事前に見学を申し込んだりもしているのですが、ここは校庭の端の公道に面したところでしたので、アポなしでもOKでした。
駅から徒歩5分もかからないところですが、次の列車までの時間は25分ほど、気ぜわしく撮影したのですが、そのときファインダー内の表示が妙だなと感じてはいたのですが・・・撮影モードダイヤルが動いていてマニュアルモードになっていました。結果は露出過多、かなり画像処理ソフトでごまかしたのですが周囲は飛んでしまっています。
1507292190 江原から豊岡までは特急券+乗車券を買って2駅だけ381系に乗車。この車に乗るのはいつ以来だろう、しなので乗ったのはいつだったか・・・その後やくもでも乗っていたか、ちょっと記憶があやふやです。
車内中央の1人掛けというのはオリジナルだったのでしょうか。













1507292193豊岡では今時貴重な国鉄特急色同士の交換が見られました。
これも露出が狂っていたので補正したのですが、色合いが少々きつくなってしまいました。






1507292211 今回の主な目的は今年4月に上下分離で経営主体が変わった北近畿タンゴ鉄道改め京都丹後鉄道の乗りつぶし。
経営が変わって乗りなおしとなると、営団→メトロもその対象になるのですが、さすがに地下鉄は面白味がないので乗りなおしはしていません。
ここは近年観光列車の「あおまつ」「あかまつ」「くろまつ」が登場して、ぜひ乗りたいと思ったものの、ながら往復の強行軍ではうまいことプランに組み込めませんでした。
1507292216 豊岡駅丹鉄ホーム待合室のゴミ箱、右の竹製のものは最近置かれたものでしょうか。








1507292226 京丹後市エリアに入ると各駅にこんなキャラクター勢ぞろいの看板が。
丹後七姫伝説とのことですが、ラインナップがすごい。
羽衣天女、乙姫の昔話キャラから静御前、小野小町、細川ガラシャという歴史上のビッグネーム、聖徳太子の母君間人
皇后、この人だけは知らなかったのですが、川上摩須郎女、この方の娘が垂仁天皇のお后になったそうです。

続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月28日 (火)

2015初夏の大人の休日倶楽部パス4日目

1507024038 この日も昼のやまびこに乗車、昼食には東京駅の旨い門で水戸の駅弁「磯べん」を購入。
水戸駅の駅弁は、印籠弁当、納豆弁当など販売していた地元業者が2010年に撤退、以後はNREのお弁当を扱っていましたが、2011年に新たな業者が登場、この磯べんの他牛べん、豚べんなどがラインナップしています。
さてこの磯べん、真ん中にタコに煮付けがゴロンと入っています。柔らかくおいしいのですが、もうすこし大きかったら、と思いました。下はタコの炊き込みご飯、おかずの揚げ物はあんこうの揚げもので、さっぱりとしてフワフワな食感を楽しめました。
1507031820 福島で阿武隈急行に乗り換え、保原で下車、公民館に保存され、今年修復工事が終わった福島軌道線1116号を訪問。
ちょうど「路面電車を偲ぶ会」の皆さんがホーンの調整をされていました。

1116号は以前は打ち捨てられてぼろぼろだったのですが、地元有志の手によって修復工事が始まりましたが東日本大震災により中断、2014年に地元ロータリークラブが創立50周年記念事業として修復に参加、福島市の協三工業で工事を行い、2015年4月にお披露目されました。
その後も5月に夜間照明の設置など、周辺含めた整備が続けられており、この日もホーン修復作業中でポワ~ンという音色が復活しました。

1507031799 車内も見せていただけました。(通常は非公開)
車幅が極端に狭いので千鳥式になったロングシートが一番の特徴です。
ポスターは電車が走っていた当時のものを地元金融機関が提供されたとか。






1507031821 保原駅前の自販機にはこんなイラストが。
歴女の方向けでしょうか。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月13日 (月)

2015初夏の大人の休日倶楽部パス一日目

Dscf4034m 例年のお楽しみ、大人甘やかしパスでふらふら出歩いてきました。
まずは5月末に開業した仙石東北ラインと復旧なった仙石線、石巻線へ。
大宮で深川めしを購入して午後のやまびこに乗車。






1506301570 仙台から仙石東北ライン用のハイブリッド新車HB-E210に乗車。
車内には動力源を表示するディスプレイが設置されています。
どうせならば電流が流れている状態を撮ればよかった。





1506301574 塩釜を出て、いくつかのトンネルを抜けて、海と仙石線が近づいて、やがて分岐点へ。
徐行で渡り線を通過。
駅間のなにもないところに渡り線、分岐があるのですが、信号所かと思ったら0.8kmほど先の松島駅の構内扱いでした。地図をみるとちょうど瑞巌寺の裏手です。












1506301579 バラストもまぶしい新線区間へ。交換するように仙石線上り列車が通過してゆきます。








1506301580 仙石線合流地点の手前で一旦停車。
ここから高城町駅構内となります。









1506301581 これで0.3kmの新線区間乗車完了。


















1506301583de103507 石巻にはDE15から編入したDE103507がいました。

1506301587 ホームには仙石東北ライン開業のフラッグ。

駅前の駅レンタカーで自転車を借りて駅裏手の北上公園へ。

C581506301613228を訪問、この機関車過去に何度か行こうとしたのですが、果たせませんでした。
一度は石巻駅構内の入換で踏切が開かず、列車の時間が迫ってしまいあきらめたこともありました。

震災以後は公園に仮設住宅が設置され、Googleの衛星写真をみると機関車の周りを囲んでおり、撮影できそうもない様子でした。

現地へ行ってみると以前衛星写真で見たよりも仮設は減っており、ご覧のような状態でした。仮設はグループホームになっていましたが、震災から4年以上経てもまだ仮設暮らしの方が大勢いらっしゃる現状は忘れていけないと思います。

1506301628 石巻駅に戻って女川行きに乗車、女川は国鉄完乗を果たした思い出の駅ですが津波で壊滅、200mほど短縮されて再開しました。

駅舎を出て正面を見るとまだ建物は少なく復興は道半ばであると痛感しました。


1506301641 帰路の石巻では乗り換え時間があったので、少々撮影。
石ノ森章太郎記念館のある町の駅の中にはあちこちに石ノ森キャラが描かれています。

石巻線ホームへの跨線橋階段には仮面ライダー。

1506301642 駅舎側の階段には自転車に乗ったセーラー服の石ノ森美女。


















1506301643 改札横には仮面ライダーと009、003の等身大?フィギュア。

1506301624 構内で一番大きい絵がこちら、ジョーが睨んでいますが、描かれているのはトイレの壁っぽい・・・

1506301650ed7912 仙台から新幹線で新青森へ、「はまなす」で札幌へ向かいました。

続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月17日 (水)

JR最南端の駅へ その6

やっと最終回です。
1504220441 翌日は朝方は鹿児島市電を撮影、4月30日で移転する高麗町の車庫にはこんな垂れ幕が。








1504220456 荒田八幡の電停から1kmほどのジャングルパーク跡に保存されていたD51714が3月末から解体されている、というので行って見ると・・・
すでに機関車は跡形もなく、乗っていたレールだけが残っていました。





1504220452 途中でお見かけした白猫さん。


















1504220506 市電車庫に戻って事務所で許可をいただいて見学。









1504220539 次ぎは市電に乗ってたばこ産業前で下車、鹿児島車両センターのC5185を訪問。全国でも4両しか保存されていないC51の一両です。
ご覧のように機関車の構造を示すため各部をカットしてあります。
この機関車が保存されたのは1958年、桜島の降灰もある地でよくぞ今まで残っているものと思いました。


1504220558 午後は串木野へ、駅前には68660の煙室扉と動輪が展示されています。

目的地は串木野金山を公開したゴールドパーク串木野が閉鎖後、地元酒造会社が再開した「金山蔵」、バスもあるのですが、金山蔵の見学トロッコの時間に合わないのでタクシーでと考えていたのですが、駅前に一台もいない・・・
電話番号が書かれた案内看板もなく、駅にあった観光パンフを見て電話をしたところ、携帯からでは繋がらないという応答メッセージ。
こんどは公衆電話を探してやっと一台呼んだもののなかなか来なくて、15分ほど待ってやっと到着。
運転手さんについ文句を言ったら。この時間はちょうどフェリーが着くので、みんな港に行ってしまっていたとのことでした。



1504220648 金山蔵に着いたものの、トロッコの発車時間は過ぎてしまって次ぎは一時間後、先に食事するかとあきらめかけていたら、受付の方が「まだ間に合います」と乗せてくれました。
トロッコの走る坑道は約700mとかなり乗りでがあります。
坑内展示も金山関係はだいぶ整理されたと聞いていましたが、バテロコなども残っており、想像していた以上に楽しいコースでした。

1504220637 ここのトロッコは機関車が中央で人車が2両づつ前後に連結されているので、機関車先頭の様子は見られません。
時間が押していたのでゆっくり観察できなかったのですが、機関車は外観はヨレヨレですが、運転台機器などは最新のもののようです。




1504220635 注目すべきは機関車次位に連結されているこの貨車。
金山蔵の名のとおり、温度変化の少ない坑道を利用して醸造施設、長期熟成貯蔵庫が設けられています。
そこへの原料と製品の輸送はこの貨車ですべて行っているとのこと。
つまり現役の産業軌道なのでした。



1504220676 串木野から川内で乗り換えて阿久根へ。
駅前に保存されている25系寝台車を訪問。
ここは列車ホテルとして利用されており、当初の予定では泊まるつもりだったのですが、昨年10月に営業を止めていました。




1504220680 帰りの肥薩おれんじ鉄道の駅で見かけた駅名票。
これ鶴見線だったら大変な話題になっているでしょうね。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月25日 (月)

耐震たい蔵・耐震たい子

JRK0050060m東日本系の擬人化は高崎のSLアニキもそうだが方向性が斬新すぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧