駅弁

2019年8月19日 (月)

18きっぷで秋田へ

秋田総合車両センター、というよりも土崎工場のほうがピンときますが、ここにはC5144が保存されています。
鹿児島工場同様、教材としてボイラーなどがカットされ、もう何十年も手入れされていない状態ですが、現存4両の貴重なC51、どういう形にしろ今日まで残っていることを喜びたいと思います。
工場の奥深い場所で敷地外からは見えず、年一回の公開日をねらうしかないのですが、例年日程が合わなかったり見逃したりでした。
今年は17日土曜日、9連休とか言われたお盆休みでUターンラッシュのピークになりそうで、JR東日本のフリーパスも使えない日です。
新幹線はいっぱいでも普通列車ならなんとかなるだろうと18きっぷで行ってきました、宿は鶴岡に取って帰路の秋田~盛岡だけ特定特急券でこまちを利用。
1908170105 C5144の場所を会場入口の職員さんに聞くと「近くまで行けないかもしれないなぁ」とのお言葉、ミニSLコーナーの奥で手前は立入禁止エリアでしたが、反対側からは入れて無事目的達成。
1908170141こんなのも展示されていて驚きました。
前日8時前に出て10時こと現地着、40分ほどで退出、11:07発のこまちに乗車。

1908170162 秋田駅で昼食に大館の鶏飯を購入、ひさしぶりにいただき  ましたが美味しいです。

1908170163 交換で運転停車した羽後四ツ屋では名物?がちょうど目の前に。

 

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

大阪メトロ車両公開

民営化1周年記念で大阪メトロの保存車が公開されました。緑木検車場の市電保存館は年1回程度で公開されており、以前訪問していますが、森之宮検車場の保存車は数年おきにしか公開されません。
事前応募の抽選で、以前落選していたので今回も期待していなかったのですが連休前に当選ハガキが来ました。
行きは夜行バスで、帰りはぷらっとこだまで安上がりにと考えたのですが、さすがに空席はほとんどなく新大阪発14:50がなんとか取れました。

 夜行バスで着いて開場10時までの時間をどうしようか考えて、阪堺にでも行くかと思ったのですが近鉄南大阪線はきちんと撮っていないなと気がつき、衛星写真で阿部野橋から3つ目の今川が待避線があって撮り易そうなので行ってみました。
19050379621時間ほど撮影するつもりでいたら運よくラビットカー復刻色がやってきました。

 この日公開されたのは中百舌鳥、緑木、森之宮、時間指定されていて中百舌と緑木が10~16時、森之宮が13~15:30、帰りの新幹線に乗るためには遅くとも森之宮を14時には出ないとならないので、かなりあわただしい訪問となりました。
中百舌駅に着いたのは9:30すぎ、この手の公開イベントでは駅に案内の職員さんがいたり、会場に向かう家族連れなどがいるものですが、それらしき人は見当たりません。少々不安を感じて地図を見ながら歩いてゆくと幟旗が出ていました。会場に着くと10分前で並んでいるのは10人程度、参加者数を絞っているのか、皆さん緑木を先にしているのか、拍子抜けでした。
1905038035中百舌の公開エリアはさほど広くなく10分ほどで退出、緑木の最寄り駅住之江公園に向かいました。
住之江公園でも駅に案内はなく、10分ほど競艇場の横を歩いて会場入口へ。
1905038058 市電保存館では30号が顔出していました。
保存館は前回訪問時は人いっぱいで撮影も苦労したのですが、今回は見学者は数人で、職員さんから興味深い説明もゆっくり聞けました。
1905038125 保管庫裏の留置線に並んでいる車両のナンバーを見ると、20・19・05・03と日付になっていました、さらに20編成の横には08編成が、レイワを引っ掛けていました。
1905038152 基地公開の人気イベント洗車線体験も余裕で乗れました。
折り返し点で、職員さんが横に見える撮影用に並べた編成の窓をご覧くださいとのアナウンス、見事に5編成がぴったり位置を合わせて向こうまで見通せました。
1905038162

1905038364 時間を気にしつつ森之宮へ、見るべき車両が多く気がつけば14時、そそくさと会場を後にして地下鉄で新大阪へ。
1905032809 遅い昼食に駅弁を購入、肉系の弁当が並ぶ中から関西ならではと思い「ビフカツ弁当」980円を選んだのですがこれは失敗。
肉の味がしなくて、やはりカツにするなら豚か鶏なのでしょうね。
こだまなので一駅おきくらいで退避で5~6分ほど停車します。買い物も余裕でできるので、この機会に在来線では買う機会のない新富士駅の「竹取物語」を食べてやろうと売店に向かいましたが、目の前で最後の1コが売れてしまいました。

| | コメント (0)

2019年4月27日 (土)

駅前の工マーク

1904272790 長年使っている地元駅前にこんなものが残っていたのを今日気がつきました。
1904272791
1904272793 215系もいつのまにかここでは古参になっていました。
1904272795 都区内パスを購入したら「ありがとう平成」の文字が、何にありがとうなんでしょうかね。
1904272796 久良岐公園の横浜市電1156公開日でした。
1904272799 お昼は崎陽軒で購入、崎陽軒はありがとう平成シウマイ弁当限定販売するというニュースがありましたが、購入した店では14時入荷とのことで初夏のかながわ味わい弁当を購入しました。

| | コメント (0)

2019年3月 9日 (土)

18きっぷ1日目

新津鉄道資料館で新規収蔵品展を11日まで開催しているので行って来ました。

1903082579 6時前に家を出て、新宿、池袋、赤羽と乗り換えて高崎へ、8時すぎに着いたので朝限定の駅弁「上州の朝かゆ」を購入。かゆの駅弁はここだけのもの、しかも朝の数時間しか販売しないというなかなかお目にかかれない駅弁です。
牛丼持ち帰り容器のような入れ物に栗と小エビが入った暖かいおかゆがたっぷり入っています。
納豆ケースのようなパックには練り梅と大根の漬物、塩の小袋、塩を練り梅で適宜味付けしていただきました。




1903082582朝早かったので上越線車内でとろとろ寝ていたら気がついたら水上、雪の中でした。













1903082586水上の駅名票は黒字の蒸機仕様になっていました。

清水峠を越える電車は18きっぷ利用者がちらほら乗っていて座席が3割埋まる程度。
ところがトンネル駅の土合に着いたらホームに大勢人がいてぞろぞろ乗り込んできました。
朝の下り列車になんでこんなに乗る人いるのか?冬山装備でもスキー、スノボを抱えているわけでもなく、手ぶらのおじさん、おばさんばかり。
どうやら団体旅行で数駅だけの乗車のようです、秘境駅を訪ねるツァーなのでしょうか。










1903082592越後中里のスキー場の旧型客車も営業中。














1903082596鉄道資料館の企画展は展示物が少なくていささか期待はずれ。
瀬古さんのアルバムがケースに収まっていましたが、これは全部見たいですね。












1903082604 目的地滞在10分ほどで帰路へ。
帰りも長岡、水上、高崎と乗り換えて帰京。
途中の上越国際スキー場前の駅名票、ローマ字表記ではないんですね。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月18日 (月)

スマイル鉄道フェスタ2019

三島駅前の三島市立楽寿園のイベントに行ってきました。
Img_2333m 予定していた電車に乗り遅れて小田原で接続待ちの間に駅弁屋さんを除いてみたら、ハムの押寿司なるものを発見。

定番の鯵の押し寿司とのセットもあったので購入。980円也。
小田原の東華軒ではなく、大船軒のお弁当で、しかも今年2月に発売になったばかりの新製品。
鯵4カンにサンドイッチでおなじみの鎌倉ハムが2カン、ハムだけでは味付けが足りないということで、スパイスの小袋とオリーブオイルがついています。
6カンなので量的には少々物足りないのですが、期待にそぐわぬお味でした。
Img_2344m楽寿園にはC58322が保存されています。
同機を長年お守りしてきた高校生の一杉君は念願叶って大井川鐵道に就職が決まり、今回のイベントで卒業となります。
機関車の周りには家族連れがひっきりなしに見学に来ていました。
煙突から煙が立ち上り、デフにはC5833風のJNRマーク、汽笛吹鳴も行われました。
Img_2361m園内にはもう一両C58322がいました。















Img_2357mイベントには伊豆箱根鉄道も参加、ミニ電車が登場しましたが、大雄山線のコデというマニアックなものでした。













Img_2363m静岡鉄道長沼のNゲージレイアウト、デワもいます。
並ぶ車両は自作車両もありますが、市販品も多く静鉄のNゲージ製品も増えたものです。











Img_2343m銚子電鉄ブースで物販のお手伝い。
鉄道イベントに比べてお客さんの層が違っていた印象でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月21日 (金)

18きっぷで那珂川へ

18きっぷのシーズンとなりました、ひたすら列車に乗って移動というのはもうしんどいので関東近郊日帰りがここ数年の主な使い方になっています。
1812213666 今回は那珂川清流鉄道保存会へ、何度か訪問していますがそのたびに車輌が増えているので油断ができません。

昼飯をとっている時間はなさそうなので、行きがけに宇都宮でとりめしを購入。
鶏そぼろのお弁当はよくありますが、煮たお肉がごろんと乗っているのがここのとりめしの特徴、付け合せもさっぱりしたものでした。




1812213672着いたときはちょうどねこさんたちのランチタイムだったようで、あちこちから集まってきました。












1812213749収納庫もまた屋根が延長されて、烏山線で使われていたキハ40が3両並んでいます。
中央に小さい屋根の下にいるのは、これも最近移動してきた芦別炭鉱のバッテリー機関車、その後ろには九大で保存されていた炭鉱用DLが並んでいました。







1812213879スタッフの方に対岸の馬頭運送も見せていただきました。
そこで見つけたやつ、なんだこりゃ??
キャブがありません、でもこの形は見覚えがある・・・
レールは右手に10mほど延びています。







1812213883機械室を覗くとモーターから駆動軸にチェーンが伸びています、しかも油光りしていています。





















1812213885台枠にはB658、これは見た記憶があります。
釜石鉱山から来たナッテリー機関車の下回りです。










1812213877すぐ近くにバッテリーケースが放置してありました。
とすると上回りは・・・









1812213868こいつのエンジンルームでした。
秋田の湯沢園から宮城県栗原市を経て那珂川にやってきた協三10t移動機。
エンジンは他の機関車に移設されています。

つまり釜石鉱山のバテロコと10t移動機を馬頭運輸の整備場でニコイチにした機関車でした。
後方に延びたレールを走り、夜間は車の進入を防ぐ門扉となる動態現役機という説明にはびっくりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

京急ファミリー鉄道フェスタ

1805208696 久しぶりに行ってきました、首都圏の鉄道基地公開でも2万人を超えるという屈指の集客力の人気イベント、今年は天気も上々で混んでいるだろうなと思っていたのですが・・・
行きの快特が久里浜工場脇を通過するときに会場を見たら、なんですかこの人出は・・・
色違い編成など並べた撮影コーナーは人がぎっしり、久里浜に着いてシャトルバス乗り場に向かうとここも長蛇の列、と思ったらまだ先に行列は続いていて、歩けば15分ほどなのでそのほうが早い、と案内されていたので皆さん歩く方向へついてゆきました。











1805208706 まずは保存車コーナーへ、車内公開はここ数年やっていないようです。












1805208749 今回の目的はこれ、都心乗り入れ50周年を記念して1968年相互乗り入れ開始時の花電車をデハ1000保管車で再現。
乗り入れに対する京急の力の入れようが伝わってくるではありませんか。
地下鉄乗り入れでは安全上ヘッドマークなどの装飾も貫通扉に干渉しないものという御触れがあったかと思いますが、当時は規制がまだゆるかったのかもしれません。
その後の新線開業でもここまで派手な装飾は無かったと思います。

1805208752 車両展示コーナーはこんな有様。
展示車両の幕などの変更はないので、撮ったら後ろの人と交代というのはこのような場のルールなのでしょうが・・・
ヒトコマ撮るごとにモニター確認を繰り返したり、カメラで撮り終わったらスマホで撮りなおしたり、やたら時間かけている人多かったです。
前も書いたけれど気に入ったのがなかなか撮れないのはヘタクソってことなんじゃないかな。


1805208787 もうひとつ見たかったもの、修復中のデハ230台車、川口に保存されていましたが、最後のころは手入れがされずいつ撤去されてもおかしくなかったのですが、無事里帰りしました。
案内パンフと違う場所で、看板も無かったので立ち止まる人は少なかったです。
座席も展示されていたのすが、こちらは撮影し忘れました。
物販コーナーも人だかりがすごく、結局会場内では何も買わず終いでした。
京成のブースで、鉄道コレクション200形とあって、こんなの出たの??と職員さんに聞いたら速攻で売り切れですとのお返事。200の原型をイベント限定で出したのかよ、聞いてないぞ~と思ったのですが、良く考えてみれば25弾の更新車でしょうね。
1805208820
久里浜駅に戻ってきたらコンコースでこんなもの売っていたので購入、海老太巻き780円也。
かつ巻きやカツサンドもありましたが、掛け紙はみな同じでした。京急フェスタ記念の文字がほしいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

京王百貨店駅弁大会

足の骨折は普通に歩ける程度まで回復しましたが、まだ痛み、違和感が残っているので出歩いていません。
金曜日は新宿まで行く用事があったので、恒例の駅弁大会を覗いてきましたが、足のこともあって人ごみが避けたいのでささっと3点購入して帰ってきました。
Img_6038m 今年はうに対決だそうで、実演で数店出ていたなかで、いわきのうにの貝焼き食べくらべ弁当を購入。
焼きうにも入っているのが特徴です。
量的には物足りませんが、おいしくいただきました。








Img_6042m 時間が夕方だったため、輸送駅弁は大半が売り切れ、北海道のものを2つ購入。
札幌のジンギスカン丼、レンジで温めて、とあるのでそうしましたが、駅弁本来の食べ方ではないですね。
肉は思いのほか柔らかく、見た目よりもボリュームもありお味も良かったのですが、これ冷たかったらどうだったのだろう?

Img_6040m うに、羊を食べない嫁さん用に買った旭川しょうゆ豚丼。
文句を言わず食べていたので及第点なのでしょう。
旭川の地場の醤油、キッコーニホンを使っているのが売りのようです。

時間のせいか、実演の各ブースもあまり行列はありませんでした。
数年前は大行列だった牛肉どまんなかも3種類そろっているのに並んでいる人もなく、今年は何が人気なのだろうと気になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

乗り放題きっぷで米子・広島へ その2

1710146403米子駅前のホテルに泊まって翌日はまずはバスでかつての日の丸交通法勝寺線の終点へ。廃止されてからすでに半世紀が経過しましたが、近年法勝寺の小学校で保存されていたデハ203がJR後藤車両所で修復、場所も少々移動して立派な上屋の下に展示されました。





1710146416
米子に戻って境港線に2駅乗って後藤工場へ。
開場と同時に勇壮な太鼓の演奏が始まりました。
入口にラッセル車キ182が保存されていますが前にワゴン車が・・・
太鼓を運んできた車だったので、演奏が終わって引き上げてから撮影しました。



1710146487 今回の展示の目玉は新旧ラッセル車、新鋭キヤ143と前シーズンで引退したDE15を並べて、運転台見学も行われました。








1710146544 明治期の松葉スポーク車輪もありました。










1710146541 工場公開では食堂も開放されることが多く、それも楽しみのひとつでもあるのですが、ここは場所は開放したものの、お弁当の販売だけでした。
おにぎり弁当を購入。

















1710146555 後藤工場から米子駅までは歩いてもたいしたことないので、帰路は途中のもう一両の日の丸交通保存車フ50を見に行きました。
近くまで行くとなにやら音楽が流れています。
保存されている広場ではイベント開催中、お姉さんデュオが熱唱していました。




1710145423 米子での目的を果たして、あとは広島へ移動、伯備線経由を考えていたのですが、後藤工場を予定より早く切り上げられたので、時刻表を見ると木次線を日のあるうちに乗っても広島到着はさほど変わらないので、この機会に30数年ぶりに全線乗りとおすことにしました。
途中で食事はありつけないと思い米子で駅弁を仕入れておきました。
大山どりの鶏三昧弁当を購入。

1710146574de152558 途中の出雲三成でトロッコ列車奥出雲おろち号と交換。
この列車トロッコ列車ゆえかあまり鉄道ファンの間で話題になりませんが、今や貴重な客車列車です。

続きます。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

乗り放題きっぷで米子・広島へ その1

引越しも一段落ついたので、18きっぷ秋版の鉄道の日乗り放題きっぷで米子の後藤工場公開と広電のカープ優勝花電車を見にゆきました。
1710136376 往きは東京を早朝出て、東海道・山陽を在来線乗り継ぎで。
大垣で30分ほど時間があったので、ホームにいた樽見鉄道を撮影。








1710135430 改札出て養老鉄道も見てきました。
窓口でオリジナルお菓子「薬膳列車パイ」を購入、今年発売されたものだそうで、薬膳列車のイメージで薬草を使った和風パイ、コーヒーよりも渋いお茶が合いそうなお菓子でした。







1710135420 姫路ではホームの「えきそば」で小腹をみたして夕食用にお弁当を購入。
ちょっと奮発して穴子かさね重、ご飯の間にも焼き穴子が隠れていて食べ応えありました。
伯備線の普通列車は新見での接続が悪く、新見~米子はやくもで移動、久しぶりに381系の振り子に揺られました。
続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧