都電

2019年6月16日 (日)

大田区萩中公園、市川市大和田公園の都電保存車再訪

都電保存車のレポを作成することになり、最近の様子をつかんでいなかったところに行ってきました。

1日乗車券都営まるごとパスを最寄のバス営業所で購入、都バスと地下鉄を乗り継いで京急線へ。
 

 

京急大鳥居駅から数分の萩中公園の7008号、2013年に設置された直後に訪問しましたが6年経って露天と言うこともあり塗装に疲れがでています。
1906148725_1フェンスで囲まれた解放時間限定エリアで監視員さんも常駐していますが、車内公開されているためか運転台機器などだいぶ欠損がありました。

 

1日乗車券の気楽さで寄り道して時間をつぶして日が落ちるころ本八幡に到着、15分ほど歩いて大和田公園に着きました。

7011号は以前は車内灯を点けていたのですが、車内は真っ暗でした。
車内点灯は防犯効果もあったかと思われますが残念です。

行きがけの駄賃で都庁前の電停看板も見てきました、案内所は移転して都電大型模型は無くなっており、電停看板も目立たないところに移動していました。
都庁前でもこんなものもありました、ホーム壁面の都電写真。

| | コメント (1)

2018年10月29日 (月)

新しき村の都電

1810292290 整備され車内公開も行われていると聞いていましたが、やっと本日行ってきました。
府中の都電6191を整備されている方を中心に作業が行われ、現役時のような姿になっていました。








1810292309帰りがけに若葉駅から徒歩20分ほどのKATO鶴ヶ島工場のEF65カットボディを見てきました。
公道から撮影、車止めることいくらでもあるのにここに止めるなよ。(苦笑


















1810292276越生線ではこんなのが走っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

路面電車の日荒川車庫公開

1806108388毎年恒例路面電車の日車庫公開、あいにくの天気で一部イベントは中止でした。
車両展示も検修庫内で、7701と9001が、擬人化キャラクター「三ノ輪橋ひな」さんと「飛鳥山さくら」さんのヘッドマーク、等身大パネルとともに並んで展示。









1806108394 部品販売コーナーでは、さくらトラムへの愛称変更で交換した電停表示などが並んでいました。(販売開始前に撮影)











1806108393 こんなところにもようこそ!のポスター、職員さんの歓迎の気持ちが伝わってきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月10日 (木)

都電バラ号

ちょいと買い物に都電沿線に、沿線はバラが盛り、9001が都電バラ号として車内装飾をしているというので、運行状況をチェック、副都心線から乗り換えて鬼子母神で待ち構えました。
1805107739 車内つり手周りにバラの造花が飾られ、天井にはイラストのラッピング、広告枠には沿線の花の見所などを掲示、つり手にはバラの品種の解説、運転台後ろのディスプレイにも沿線の見所、イベントの案内などが表示されていました。








1805107744 荒川遊園地前で下車、両側をバラに囲まれて走り去ってゆきました。












1805107745 近くの公園ではノラネコさんがひなたぼっこ。
手前の三毛さんは前足を怪我しているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

都電20系統新旧比較

昨日は都電ファンのお仲間と今月中旬に開催するイベント用の写真撮影で駒込から上野まで歩いてきました。
不忍通りを走っていた20系統を当時撮影されたTさん、Sさんの写真と現状を並べた様子を撮影、このコースには途中2箇所の都電保存車があり、ちょうど良い休憩スポットになりました。
1804307402 Hさんのご紹介で歩き始める前に立ち寄った駒込駅の北側の写真屋さんには電停看板が。

















1804307406 道路を挟んで向かい側には都電の敷石らしきもの。


















1804307436 神明町車庫の名を今に伝える都電神明車庫跡公園には6063と乙2が保存されています。











1804307442 久しぶりの訪問でしたが、乙2はこの有様・・・
戸の下部に水がたまって腐食、崩壊してしまったのでしょうか、このまま朽ちて消えてしまわないか心配です。









1804307483 根津のあたりにはこんなものを並べたお店も。












1804307470l ねこが日向ぼっこしていそうな路地の奥に気になる看板、「埴輪と土偶」専門店??


















1804307496 池之端二丁目電停跡に保存された7506の横で一休みの参加者の皆さん。

1804307510 こんなふうにプリントした写真と現在の様子を一緒に収めていったのですが、往々にして人や車が入ってしまって、けっこう大変でした。画像は失敗例。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

昨日の荒川線

王子でSNSの都電のお仲間の会合に参加、ちょっと早めに出て昼飯は熊野前の山惣のハンバーグと思っていたのですが、お店にいったらあいにくの貸切、仕方ないのでぶらぶら歩いていたら良い感じのとんかつ屋さんがありました。
単品で追加できるのでアジフライ定食にカキフライをつけて1000円也、また行きたくなる店が増えました。
1804217295 バラはまだ早かったですが、つつじが見ごろでした。




















1804217305 小台まで来たら9001さくらトラム記念号がやってきました。
気温が高く冷房が入って窓が閉まっていたので、前回きれいに撮れなかったサイドのラッピングもばっちりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

占領下のカラー写真展

K0050147m 九段の昭和館で開催されている特別企画展「希望を追いかけて」を見てきました。
1946年(昭和21年)から1950年(昭和25年)までGHQ天然資源局野生動物課課長として日本に滞在した鳥類学者、オリバー・L・オースティン氏が撮影したカラー写真展です。
戦後まもない東京や地方の町並みや人々が鮮やかなカラーで記録されています。

常設資料室(有料)でディスプレイでも見ることができますが、今回の企画展はデジタル処理をして撮影当時の色が再現された大きなサイズが魅力です。
図録700円も用意されていますが、こちらは原版のままなので退色しており写真展を見た後ではちょっとがっかりでした。
東京の町並みも多く記録されているので、都電など写っていないか期待していたのですが、はっきり車両が写っているのは銀座の1点のみ、東京駅前のループの単線とちらりと700形らしい電車が見える作品もありました。国鉄車両も地方(撮影場所不明、八戸線?)の木造客車くらいでした。プリントされたものの他には会場で当時と現在を見比べるスライドショーのディスプレイがあり、こちらにはプリントされていない都電が写っているものもありました。
鉄道目的で見ると物足りないですが、戦後すぐの時期の様子をいろいろな視点で見られるので興味は尽きません。
まだ騒然とした時代だったのでしょうが、裏町のような路地でも町の様子が清潔なことに気がつきました。
5月6日まで開催しており、写真展は無料ですので、お近くに行かれたときに立ち寄ることをお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月29日 (木)

東京さくらトラム記念号

東京の桜があっという間に満開になりました。
都電荒川線の新愛称として昨年付けられた9001号東京さくらトラムの一周年記念号と9002号都電さくら号というラッピング車が期間限定で走っているので、昨日買い物ついでにちょっと足を伸ばしてみてきました。
1803287108 地下鉄で雑司ヶ谷へ出て鬼子母神前電停へ、とりあえず飛鳥山に向かおうと三ノ輪行き電車に乗りました。
途中西ヶ原4丁目の手前に枝垂れ桜があるを車窓から見つけて下車。
手前に紅梅、昔ながらの鉄骨架線柱もあってよい雰囲気です。
しかし桜の木は花の時期でないとそこにあるのに気がつきませんね。




1803287111 飛鳥山で降りると折りよく9001号東京さくらトラム号がやってきました。
一日乗車券の気安さで乗り込んで今来た道を戻ることに。










1803287114 車内は窓、天井に桜のラッピングがされており華やかです。
が、満員で思うように車内の撮影はできません。










1803287115 広告枠には沿線の桜の名所を案内するポスター。
イラストは9001号のイメージキャラクター飛鳥山さくらさん、手に持っているのは桜餅でしょうか。









1803287118 反対側には7700イメージキャラの三ノ輪橋ひなさんと並んでいます。
車内奥には桜の名所を紹介するポスターが掲示されてるのですが、満員で身動きできず、確認できませんでした。









1803287121 降車客がけっこういたのでその流れで新庚申塚で下車、少々影がかかるもののよい光線ででした。










1803287123 戸袋の丸窓にはお二人のラッピング、車内も同様のラッピングがされています。












1803287124 窓のラッピング、閉まっていれば連続した桜のラッピングなのですが、満員で人いきれがすごく、窓が開いているのは仕方ないですね。
車内のラッピング桜もなかなか綺麗で、車窓越しのお花見もなかなか乙なものではないかと思いましたが、いかんせんこの混雑では・・・
数日前に小池知事が乗車してご満悦だったようですが、貸切だからなぁ。




1803287132 また飛鳥山へ戻って電停で撮影。電停脇が更地になっていて公園の桜が見渡せますが、今年だけの風景でしょう。
こちらは一年中桜ラッピングの城北信金広告車、今の時期はぴったりですね。

新愛称は鉄道ファンの間では不評ですが、今の時期はこれで良いではないかと思いました。
一年中さくらトラムと呼称するのはやはり無理があるので、そのつどローズトラムとか名乗ってしまって良いのではないかな。
電停番号に使われたSAはSAKURAではなくStreetcar Arakawa の略ということにして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月15日 (木)

都立多摩図書館で都電映画会

西国分寺駅そばの都立多摩図書館で都電映画6本が上映されるというので行って来ました。
1803156901 以前交通博物館の映画会で見たことのあるタイトルもありますが、初見が半分以上、期待していましたが、いや~面白かったです。
6本すべてが東京都製作のPRですが、赤字が酷くて廃止します、というスタンスのものはなく、どれもまだまだ多くの都民の足としてがんばって走っています、というメッセージが込められていました。

以下簡単に各作品について

『都電荒川線』  カラー 10分 (1983)

青帯7000、7500の時代、唯一の路線となった荒川線ですが、よくある郷愁をそそる乗り物的な視点でした。
利用者の「ナウなギャル」(本当にこうナレーションされています。)に「都電を好きなタレントや動物に例えると?」という無茶なインタビューは見ていて恥ずかしかったぞ。

『都電物語』  モノクロ 15分 (1965年)

本格的廃止が始まる前、三ノ輪車庫に唯一4人残っていた女性車掌が登場します。この時期まで女性車掌がいたとは全く知りませんでした。

『わが道をゆく-都電32系統ー』  モノクロ 15分 (1970年)

当時運行されていた「はとバス」のコースに組み込まれた貸切電車が紹介されています。
まだまだ各所に路線が残っていたころで、32系統も廃止計画に入っているころですが、そのあたりの描写はありません。
犬のケツの大写しがなんとも・・・

『都電22番線』  モノクロ 15分 (1960年)

交通博物館でも見た作品、当時の山谷の様子も収録されています。

『都電』  モノクロ 10分 (1967年)

全廃決定後の作品、1967年12月の銀座線廃止の様子も見られますが、まだまだ多くの人を運んでいるという視点で語られています。

『都電 その後』  モノクロ 15分 (1969年)

廃車後に各地に引き取られた車両たちの様子、1970年度までで函館、長崎を含め86両が譲渡されましたが、今でも残るのはヒトケタです。その内の2両、新しき村の7022と都下の5011が登場しました。

DVDに落としたものを上映するのかと思ったら16mmフィルムそのまま映写していたのには驚きました。機材のメンテも大変なようです。

多摩図書館では毎月2回の上映会を行っていますが、今回のような東京都製作映画はむしろ少ないようで、来月はエイゼンシュタイン監督の戦艦ポチョムキンだそうです。

1803156905 会場には路面電車関係のお仲間Sさんも見えていたので上映後はお茶して、その後隣接する武蔵国分寺跡公園の中央鉄道学園記念碑を見てきました。

1803156923 西国分寺まで行ったのだから、と一駅乗って工場内の保管車を見てきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月19日 (金)

発掘品

学生時代に名古屋で集めたチラシなど。
Img_6046m 先日ミスタードラゴンズ星野氏が他界されましたが、私の世代だとこの方もミスタードラゴンズでした。
名手高木守道、引退試合当日名鉄は臨時電車を運転しました。
撮影はしていませんが、特製ヘッドマークも用意されていたでしょう。













Img_6047m 間近の平昌冬季大会、2年後の東京大会とオリンピックが話題になるこのごろですが、こんなチラシもありました。
{幻の」名古屋大会招致運動、鉄道と関係ないものを取っておいたのは多分地下鉄駅で配布していたものだからでしょう。













Img_6049m Img_6048m_2美濃町線モ880投入と運転開始を伝える名鉄ニュース。
この後も新車入れたのにあっさり全廃になるとは当時は想像できませんでした。









Img_6045m  最後は都電です、荒川線ワンマン化前労働組合が配布したチラシです。
もしもワンマン化しなかったら今日まで生き残ることは難しかったでしょうね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧